※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-5.1 グループ関数の概要
  1. グループ関数は第2レベルまでネストさせることができる。
  2. SELECT句、ORDER BY句、HAVING句で指定できる。
WHERE句、GROUP BY句では使用できない


  • 5.4 COUNT関数
◆COUNT(JOB) はJOB列のNULL以外の全ての行数を戻す。
◆COUNT(*)はJOB列のNULLを含む全ての行数を戻す。


  • 5.18 グループ関数の引数の数
グループ関数で指定できる引数(列名、式、値など)は1つのみ。複数を指定するとエラーになる。
【エラーにならない例】
SELECT AVG(col1), AVG(col2), AVG(col3) FROM ...
SELECT AVG(col1 + col2 + col3) FROM ...
SELECT AVG(col1) + AVG(col2) + AVG(col3) FROM ...

【エラーになる例】
SELECT AVG(col1, col2, col3) FROM ...