※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 2.1 OUIの機能
Oracle Universal Installer(OUI)には、以下の3つの機能がある。

  1. 新規ソフトウェアのインストール
  2. インストール済製品の確認
  3. 製品のアンインストール


  • 2.3 OUIの非対話形式での使用
OUIを用いて日対話形式でOracleソフトウェアをインストールする際は、レスポンスファイルを使用する。
【レスポンスファイルの使用について】
・OracleソフトウェアのCD-ROMに収録されているサンプルファイルを編集する。
・インストール時に入力が必要なパラメータを前もって記述する。


  • 2.4 Oracleインストールのシステム用件

【システム用件(Windows)】
要件 最小値
物理メモリー(RAM) 256MB(最小)、512MB(推奨)
仮装メモリー RAM容量の2倍
一時ディスク領域 100MB
ハードディスク領域 1.5GB

【システム要件(Linux)】
要件 最小値
物理メモリー(RAM) 512MB
スワップ領域 1GBまたはRAM容量の2倍
/tmp内のディスク領域 400MB
ソフトウェアファイル用のディスク領域 2.5GB


  • 2.5 Oracleソフトウェアが使用する環境変数
環境変数 内容
ORACLE_BASE Optimal Flexible Architecture(OFA)に基づいた
Oracleディレクトリ構造のベースディレクトリを指定する
ORACLE_HOME Oracleソフトウェアを含むディレクトリを指定する
ORACLE_SID インスタンス名を指定する
LD_LIBRARY_PATH 共有オブジェクトライブラリの位置を指定する


  • 2.7 Linux環境でのOracleインストール(ローカルグループとユーザー)
Linux環境においてOracleソフトウェアをインストールするには、次のローカルグループおよびユーザーが存在している必要がある。

  1. oinstallグループ・・・Oracleインベントリグループ
  2. dbaグループ・・・OSDBAグループ
  3. oracleユーザー・・・Oracleソフトウェアの所有者

Windows環境では管理者権限をもったユーザーで
インストールする必要がある(administratorなど)


  • 2.8 Linux環境でのOracleインストール(スクリプト)
Linux環境でOracleソフトウェアをインストールする場合、rootユーザーでOSプロンプトから以下のスクリプトを実行する必要がある。

  1. root.sh
  2. orainstRoot.sh

Windows環境ではこれらのスクリプトは実行する必要はない


  • 2.10 Database Configuration Assistant(DBCA)
Database Configuration Assistant(DBCA)では以下の機能を行うことができる。

  1. データベースの作成
  2. データベース・オプションの構成
  3. データベースの削除
  4. テンプレートの管理

データベース名の変更はできない
→データベースの再作成または制御ファイルの再結成が必要


  • 2.11 DBCAの使用テンプレート
DBCAが使用するテンプレートには以下の2つのタイプがある

シードテンプレート
①ソースとなる既存のデータベース構造情報と物理データファイルの両方を持つ
②物理データファイルやユーザー定義のスキーマなどが含まれている
→短時間でのデータベース作成が可能!

非シードテンプレート
①ソースデータベースで指定されているデータベースオプション、表領域、
データファイル、初期化パラメータファイルなどの構造的な情報が含まれている
②ユーザー定義のスキーマデータは含まれていない
→必要に応じて属性を変更できるため、柔軟データベース作成が可能!


  • 2.12 DBCA「データベースオプションの構成」
DBCAの「データベースオプションの構成」では、以下の構成ができる。
  1. Oracle TextやOracle OLAPなどのオプションのデータベースコンポーネントに関する構成
  2. デフォルトのデータベース稼動モードの切り替え(専用サーバーモード/共有サーバーモード)


  • 2.13 Database Upgrade Assistant(DBUA)のサイレントモードでの使用
Database Upgrade Assistant(DBUA)は、対話形式でOracleソフトウェアをアップグレード処理する場合に使用する。
また、DBUAをユーザーインターフェースを表示せずに実行する場合、サイレントモードを使用する。
例)ORCLというデータベースをサイレンとモードでアップグレードする場合
dbua -silent -dbName ORCL


  • 2.15 DBCAを使用時のブロックサイズの指定
DBCAを使用したデータベース作成時、ブロックサイズを指定するためにはカスタムテンプレートを使用する必要がある。
カスタムテンプレートを使用するには、データベース作成時にオプションとして「カスタムデータベース」を指定する。


  • 2.16 専用サーバーモードと共有サーバーモード
専用サーバーモード
・1つのユーザープロセスに対して、1つのサーバープロセスが稼動するモード
→ユーザーが少数の場合に有効

共有サーバーモード
・複数のユーザープロセスがサーバープロセスを共有するモード
→サーバープロセスの数を最低限に抑え、使用可能な&
システムリソースの使用効率を最大化


  • 2.17 DBCAのテンプレート
  1. DBCAのテンプレートには、データベースの作成に必要な情報がXML形式で記述されている。
  2. 非シードテンプレートは物理データファイルやユーザー定義のスキーマなどを持っていないため、シードテンプレートと比較してデータベース作成に時間がかかる。


  • 2.18ディクショナリ管理の表領域

【ディクショナリ管理のパラメータ】
項目 説明
初期サイズ セグメントに割り当てられる最初のエクステントのサイズを指定
(サイズを指定しなかった場合のデフォルト値)
次のサイズ 2番目以降のエクステントのサイズを指定
最小サイズ エクステントのサイズが、指定サイズまたはその倍数に設定される
(サイズを指定しなかった場合のデフォルト値)
増分サイズ 第2(次のサイズ)エクステントより後に割り当てられるエクステントの
サイズが拡張される割合を指定する
最小値 セグメント作成時に割り当てられるエクステント数を指定する
最大値 セグメントが保持できるエクステント数の最大値を指定

エクステント情報はデータディクショナリで管理される。データディクショナリは
SYSTEM表領域に格納されているため、新たなオブジェクトを作成しエクステントを
獲得した時点でSYSTEM表領域にI/Oが発生する。