※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】紅翅アゲハ (あかばね あげは)
【性別】女
【種族】人間
【年齢】17
【学年or教師】高校二年生
【身長/体重】167/54
【容姿】金髪の長い髪を後ろで括っている紅い眼をした美少女。制服はキチンと着ているのだが、
制服に収まらないほど胸が大きいので自然とだらしなくなってしまう。(B97W58H90)
【性格】真っ直ぐな性格で一度こうと決めたら絶対に曲げない。
財閥後継者に相応しい器とカリスマを持っている。
【特殊能力】『七色の揚羽蝶』(バタフライズ・ズィーベン)
七色のエネルギー体の蝶を召喚する能力。それらの鱗粉には色ごとに違った効能がある。
赤:体温に反応して爆発する。
橙:生物のアドレナリンを刺激する。
青:睡眠薬。
藍:脳に作用し幻覚を見せる。
黄:麻痺。
緑:体力回復。
紫:毒。
蝶は召喚後3分で消滅する。
【装備】戦闘用ブーツ:爪先に鉄板が仕込んである。
指輪:左手の薬指にはめている。
【概要】本土の財閥、紅翅財閥の後継者にして鉄十字の身元引受人。
彼を用心棒として雇うも、社会性が余りにも欠けているので彼を魔法学校へと入学させた。
が、心配すぎて自分も魔法学校へ編入学してしまった。
何故二人とも左手の薬指に指輪をはめているのかと言うと、用心棒として雇った彼だったが長く付き合って行くうちに情が湧き、そのうち憎からず思う様に。
……まあなんやかんやあって彼女らは将来を誓い合う仲になったのだった。