※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「飴は甘いけど、私は甘くないんです!」



名前 エマ・ユージム(Ema Uzim)
性別
種族 人間
年齢 12
学年 中等部1年
身長/体重 144cm/33kg

容姿

白銀の長髪をお下げにしている。瞳の色は焦茶色。色白な肌。
白いシャツに黒いスカートの制服を着込む。絶壁。誰が何を言おうと絶壁。
ちなみに3サイズは上から70/54/71。

性格

自由人の3文字で大体説明がつくような性格。物事をあまり深く考えない。
自信家な一面があって、自分の信条を捻じ曲げることはあまりない。甘い物が大好き。

特殊能力

水飴を生成・自在に形を変形させ、凝固させることによって様々な物を作り出す能力を持つ。
水飴という名であるが現実のそれとは似て非なるもので、彼女の生み出す魔法物質のようなもの。
大抵は透明であるが色のついたものを作ることも可能。ただし、どんな色であろうと根本的な性質は変わらない。
凝固させた水飴は非常に硬く、熱気や冷気にも強い。ただし壊れる際は普通に砕け散る。さながら結晶のような性質。
当然水飴なので甘いのだが、下手に噛むと歯が折れかねない程の硬さなので食す時は注意が必要。

装備

今の所は特になし。強いて言えば甘いものを常に持ち歩いているぐらい。

概要

水飴で相手を拘束したり飴の盾で防御をしたりといったことが特技で、どちらかと言えば支援系の方が得意。
攻撃手段は極限まで鋭くした飴を突き刺したり飴を弾丸みたいに飛ばしたり。
趣味は能力を利用した飴細工であり、彼女の部屋は常に甘ったるい匂いで充満している。
誕生日は3/24。

Ema Uzimを逆から読むと……

「今までにこのページに来たのは - 人なんです」
「今日は - 人で、昨日は - 人来たんですけどね」