※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〈魔力〉
空気と同じく世界を満たしているもの。
この世界では主要なエネルギーとなっており、この世界の大半のものは魔力で動いているといっても過言ではない。
生物は自然とこれを生成し発散している。技術が無ければこれを身に留め操ることができないので魔法学校ではこれの操作も教えられる。
〈魔法〉
魔力をもちいて起される現象の総称。
鍛錬さえ詰めば誰でも取得できるモノを基礎魔法〈魔術、魔導とも〉と呼ばれ、先天性の才能に左右され個性が色濃くでるものを異能、能力、と呼ぶ傾向がある。
〈魔導機械〉
魔力を与えることで強化、自動化された者達の総称。
魔導人形(ゴーレム)や都市を守る結界発生装置(門的な物)から始まり冷却魔法を放つ装置、光魔法で周囲を照らす装置等、用途は多岐にわたる。
最大の特徴は魔力さえあれば魔法の使いないものでも似たような効果を得られること
〈魔術師〉
魔力をもつ人間の別称。大半の魔術師は物を少し浮かせる程度の魔法しか使うことができないが、魔力を操れるだけでも格段に便利な日常生活を送ることができる。
戦闘に特化したモノや専門分野に特化した者たちも当然存在する。
〈魔族〉
エルフ族、魔人族、龍族、獣人族等を総じてこう呼ぶ。
無論彼らも魔法は使えるしどうどうと街中を歩いている。
人間とは違い各々の種族個性を有した能力を持っていることが多い。
〈委員会〉
魔法都市の自治を行う者達の総称。
主に〈風紀委員会〉〈美化委員会〉〈選挙委員会〉が幅をきかせているが、創立、運営共に自由である。
同じ委員会が同時に複数あることも許されている。
〈サークル〉
徒党を組んだ学生達の総称。
権力等は特に持たずに自由気儘に善処や悪事を働く集団。
学校にはつきものか。
.〈決闘〉
決闘監理局が運営する魔法都市の遊戯
双方の同意を得ることで開始され、異界にて決闘を行う
現実世界にフィードバックがないので気軽な戦闘ができる 
〈十装具〉
十装具...とある魔人より学園内に撒かれた全十種からなる危険な魔道具群の名称
全てを集めれば願いが叶う...一つでも手にいれたものは争いに身を委ねる運命が待っている...
等々、怪しげな噂のたえない魔道具…半ば七不思議に近しい存在だが…?