離婚妻が悲惨な末路

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。





Hubby-dumpers'beds not made of roses

夫を捨てた女の生活は楽なものではない

離婚妻が悲惨な未路

*1 *2

1997,12,28
Shukan Taishu 1/5-12 By (RC)Ryann Connell
週刊大衆 1月5-12日号  By ライアン・コネル

"Look. I don't give a damn whether you cook for me, but at least make the kid's breakfast,"
Mutsumi Misawa's ex-husband said to her one day.
"I'd cook anytime, but whenever I go in the kitchen you come up behind me and start feeling me up, you dirty bastard," she snapped back.
「なあ。俺はお前が俺にメシを作ってくれようがくれまいが気にしねえけど、せめてガキの朝メシは作ってやれよ。」
ミサワムツミの前夫がある日彼女に言った。
「ご飯ぐらいいつでも作ってあげるけど、いつ台所に行ってもあんたが後ろから近づいてきて体をまさぐり始めるじゃない、この変態のろくでなし!」彼女は言い返した。

Trivial though the quarrel seemed, Shukan Taishu notes, it was the final straw for Misawa.
She promptly divorced her "dirty old man."
ささいなことではあるが、この言い争いがミサワにとって我慢の限界だったようだと週刊大衆は指摘する。
彼女は即座に「変態おやじ」と離婚した。

Misawa got a 1 million yen settlement and 40,000yen a month to pay for her 2-year-old son.
She got a part-time job and, with welfare payments, was managing to get by--at first.
ミサワは100万円の慰謝料と2歳の息子の月40,000円の養育費の支払いを獲得した。
彼女はパートの仕事を見つけ、福祉手当とで最初はなんとかやっていけたのだが…。

While married, Misawa and her son had been covered by her husband's health insurance.
That was gone, the boy got sick and money started to disappear.
Her ex-husband's family refused to help her financially and her former hubby refused to even acknowledge her existence.
結婚中は、ミサワと彼女の息子は夫の健康保険に加入していた。
それも使えなくなり、息子が病気になり蓄えがなくなり始めた。
前夫の家族は経済援助を断り、前夫は彼女の存在さえ無視した。

People would learn she was divorced and isolate her.
The bills mounted up, the kid kept screaming.
She waited till her son had gone to sleep, then had a sip of brandy.
Within week's the nightly sip had become a bottle.
彼女の方が離婚されたと知り、人々は彼女を孤立させようとした。
請求書は山積みとなり、子供は泣き叫んだ。
彼女は息子が寝付くまで待ち、ブランデーをちびちびと飲んだ。
1週間もたたないうちに、毎晩ちびちびだったのが一瓶空けるようになってしまった。

Out on the town one night, Misawa met a young man she liked and took him home for a little fun.
A couple of weeks later, she started an affair with a married man from work.
ある夜、繁華街へ繰り出し、ミサワは好みの若い男に出会い、ほんの軽い気持ちで男を家に連れて帰った。
2、3週間後には、彼女は職場の既婚者との不倫を始めた。

"It doesn't really matter who it is I sleep with. Anyone'll do.
I just need someone to rely on," she says, her loneliness evident.
Divorce counselor and writer Hiromi Ikeuchi says that women like Misawa are not alone.
"Some women think being divorced is kind of cool.
It isn't always that romantic." she says.
「誰と寝ようが全然かまわないわ。誰とでも寝るわ。
頼れる人が欲しいだけなの。」彼女は言う。彼女の孤独感は明らかである。
離婚カウンセラーでありライターの池内ひろ美はミサワのような女性は彼女だけではないと言う。
「離婚するのはちょっとかっこいいと考えている女性もいます。
離婚は常にそんなにロマンティックというわけではないのです。」と彼女は言う。

Divorce lawyer Yuko Taniguchi agrees.
"It seems most divorced women are having a tough time.
To combat frustration, some turn to alcohol, others beat their kids.
Just because the women get divorced doesn't necessarily mean they're going to be happy." she says.
離婚問題専門の弁護士である谷口優子も同意する。
「ほとんどの離婚した女性はつらい時期を過ごすようです。
絶望感に立ち向かうために、アルコールに頼る人もいますし、子供を折檻する人もいます。
女性が離婚をしたからといって必ずしも幸せになるというわけではないからです。」と彼女は言う。

Shukan Taishu gives some examples to support what Taniguchi says.
Yoko Takagi, 35, divorced her husband and took her two children to live with her mother.
「週刊大衆」は谷口の言うことを裏付ける例をいくつか紹介している。
35歳のタカギヨウコは夫と離婚し2人の子供を引き取り、自分の母親と同居した。

Burdened by the expenses of caring for the kids, Takagi says she had no choice but to sell her body in a seikan health, a kind of massage parlor, to pay her bills.
"On a good day, I can make as much as 50,000 yen, I only work from 11 a.m. to 4 p.m. so I can go and pick up my kids from the day-care center," she says.
子供の養育費用に負担がかかり、タカギはその費用を支払うために、売春の一種である性感ヘルスに身を売る以外方法がなかった。
「稼ぎのいい日には50,000円も稼げるし、午前11時から午後4時まで働くだけだから、託児所に子供を迎えに行けるのよ。」と彼女は言う。

Shukan Taishu notes, not without a hint of irony, that many divorced women now yearn for the men who once shared their lives.(RC)
「週刊大衆」は皮肉まじりで、多くの離婚した女性は今や一度は人生を共にした男性を懐かしく思っていないのだと言及している。

この記事に関する特記事項


検証ポイント

  • 母子父子家庭等福祉医療費助成制度について触れられておらず、日本の母子家庭について誤解を与える内容となっているため、元記事自体が福祉制度の実態を把握せずに書かれているのか、コネルが元記事を一部省略して訳しているのかを検証する必要あり。

元資料

19971228-1.jpeg 19971228-2.jpeg 19971228-3.jpeg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。