タイ人ホスト買い漁る日本人オンナどもーッ

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Thai males, and other 'Golden Week' happenings

タイの男、そしてその他の「ゴールデンウィーク」の出来事

タイ人ホスト買い漁る日本人オンナどもーッ

*1

Shukan Taishu 5/29
週刊大衆 5/29日号

Buoyed by the surging value of the yen against other currencies, Japanese travelers stampeded overseas in record-breaking numbers during this year's "Golden Week."
Between April 28 and May 7, some 184,400 Japanese left the country for vacations abroad.
And, remarks Shukan Taishu cynically, once again they showed the world that the term "Ugly Japanese" is no exaggeration.
外国通貨に対する円高の急騰に浮かれて、今年のゴールデンウィークは記録的な数の日本人観光客が海外に殺到した。
4月28日から5月7日の間に、約184,400人の日本人が海外での休暇のために国を離れたのだ。
そして、またしても日本人観光客が世界に「みっともない日本人」という言葉は大袈裟ではなかったのだと示してみせたと週刊大衆がちくりと言及した。

"I don't tell Japanese OLs (female office workers) not to go to the beachesat Phuket or Pattaya," grumbles a Japanese journalist who is based in Bangkok.
"But what I do tell them is to change planes right at the airport and go tothose places directly on their own.
Instead, they go into Bangkok and hunt down some good-looking Thai male, who will take them there and give them the royal treatment."
「僕は日本のOL(女性の事務員)にプーケットやパタヤのビーチに行くなとは言いません。」バンコク在住の日本人ジャーナリストが不満を漏らす。
「だけど、僕が彼女達にすごく言いたいのは空港で飛行機を乗り換えて自分たちで直接その場所へ行けということなんです。
代わりに彼女達はバンコク入りして、ビーチに連れて行って至れり尽くせりしてくれるルックスのいいタイ人の男を捜し出すんです。」

The source of these available males are host clubs in Bangkok, establishments that post photos of their employees and let the female clientele pick the one they like.
The OLs pay a per diem fee of 500 baht (about 1'750 yen) to the club.
Including transport, hotel fees and meals, it costs a customer about 10,500 yen a day to secure such services.
このような男が買える場所はバンコクのホストクラブで、そこでは従業員の写真が張り出されており、女性客は自分達のお気に入りを選べるのだ。
OL達は1日につき500バーツ(約1,750円)をクラブに払う。
客が交通費、ホテル、食事込みのサービスを得るのに1日約10,500円がかかる。

In exchange for "satisfying" service in bed, Shukan Taishu reports, these grateful Japanese women reward the gigolos with articles of expensive clothing or accessories.
ベッドでの「満足のいく」サービスと引き換えに、ご満悦な日本女性はご褒美としてジゴロに高価な服やアクセサリーを買い与えるのだと週刊大衆は伝えている。

Meanwhile at the same beach resorts, middle-aged Japanese men can be seen in large numbers enjoying the affections of young Thai women.
一方同じビーチリゾートでは、中年の日本人男性が大量に若いタイ人女性の献身を楽しんでいるのが見られるだろう。

According to an employee of a Japanese trading firm based in Bangkok, a customer who showed up at a hostess bar on May 1 seeking female company found that virtually the entire stook of women had been bought out by four groups of Japanese males who preceded him, and that none of the employees were expected back until May 5. 
バンコクを拠点とする貿易会社の従業員によると、とある客が5月1日にお相手を探しにホステスバーに行ったが、彼より先にほとんど全ての女の子達が日本人男性の4つのグループに買い取られて5月5日まで誰も戻ってこないと分かったそうだ。

Many of the Thai women, however, profess to dislike Japanese customers, not only because of their vulgar behavior, but because, increasingly, they refuse to use condoms.
しかしながら、多くのタイ人女性は下品な態度だけでなく、次第にコンドームを使うのを拒否するので、日本人客が嫌いだとはっきり言っている。

But the eccentric behavior of Japanese travelers is not limiled to their sexual appetites.
Shukan Taishu reports they display an astonishing lack of common sense in other matters as well.
だが、常軌を逸した日本人旅行者は性的欲求だけにとどまるわけではない。
週刊大衆は彼らは他の事についても同様に驚くほど常識に欠けていると報じている。

Two female college students attempting to leave Narita Airport on a flight to Guam were halted by immigration when they realized they had forgotten their passports.
"Well shucks," they exclaimed. "We didn't have to carry a passport when we flew down to Yoron Island (in Japan's Kagoshima Prefecture)!"
成田空港からグアム行きの飛行機に搭乗しようとした2人の女子大生がパスポートを忘れているのが判明したため、出入国管理で足止めされた。
「あー、まいっちゃった。」と彼女達は興奮して言った。「与論島(日本の鹿児島県)に行った時はパスポート持っていかなくてもよかったのよ!」

More light comedy:
軽い笑い話をもっと:

  • On a flight to Australia, just after takeoff the head of a contingent of Japanese agricultural experts was asked in English by the flight attendant if he preferred tea or coffee.
His reaction was to reach into his pocket and offer her his passport.
When the other members of the group saw what he did, they all followed suit - while the embarrassed stewardess stood in the aisle with two pots of steaming liquid.
オーストラリア行きの飛行機の中で、離陸後すぐ日本の農業派遣団の団長がフライトアテンダントに紅茶かコーヒーかを英語で聞かれた。
彼の反応とはポケットに手を入れてパスポートを見せたのであった。
それを見た他のメンバーもこれに続いた。 ー 困惑したスチュワーデスは湯気の立つポットを二つ持って通路に突っ立っていたのであった。

  • When an elevator operator at a Paris hotel greeted his female Japanese guests, they burst into a torrent of giggles, saying, "Look, he's actually speaking in French!"
パリのホテルのエレベーター係員が日本人の女性客数人に挨拶した所、全員突然くすくすと笑い始めて言った。「見て、本当にフランス語喋ってるわよ!!」

  • In an attempt at humor that fell flat, a Japanese-speaking guide at the Museum of Antiquities in Cairo jokingly told a group of Japanese that the sarcophagus of one particular pharaoh had been discovered by Aiko Gibo, a Japanese clairvoyant.
They reacted as if his pronouncement was true.
カイロの古代博物館の日本語ガイドが日本人の団体に、とあるファラオの石棺は日本の透視能力者、宜保愛子によって発見されたと教えた。ジョークは全然受けなかった。
ツアー客は彼の言うことが本当であるかのように反応したであった。

  • During a visit to a chamber vault within one of the pyramids at Giza, a mixed tour was interrupted by a burst of Osaka-accented Japanese exclaiming.
"This is nothing but a bunch of rocks. All we do is walk. I'm pooped out!"
He was soundly hushed by the Americans and Europeans on the tour.
"I was never so ashamed of being Japanese in my whole life," remarked another person on the tour.
ギザのピラミッドの1つの玄室への見学中に、多国籍ツアーが日本人の突然の大阪弁のわめき声によって妨害された。
「岩の固まり以外何もあらへんがな。わしら歩いとるだけやんか。もう疲れたわ!」
彼はツアーに参加しているアメリカ人やヨーロッパ人からシーッとたしなめられてしまった。
「人生の中で日本人であることがあれほど恥ずかしかったことがありません。」と、他のツアー参加者は言った。

  • A group of middle-aged Japanese women sat about in a Taiwan restaurant and exchanged negative remarks about the ill manners of the Taiwanese - in the presence of many Taiwannatives who appeared to understand every word being said, and who responded with angry glares.
日本の中年女性グループが台湾のレストランで何もせずに居座り、台湾人のひどいマナーについて悪口を言い合っていた。
ー日本語が一言一句理解できるらしい大勢の台湾人がいる前でーそして台湾人は怒りに満ちたまなざしを向けていた。

If Japanese are going to act like such fools when they go abroad, Shukan Taishu suggests, perhaps the name "Golden Week" should be changed to "Week of National Shame." (MS)
もし日本人が海外旅行をする時にこのような失態を演じようとするなら、週刊大衆は「ゴールデンウィーク」という名称を「国民の恥さらしウィーク」と変えるべきであると提案している。(マークシュライバー)

風評被害

267 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/08/14(木) 00:14:55 ID:cht8AuqL0
古い話ですが独女時代、出張先の外国人に
「今度バリ行くんですよー、プライベートで」
言ったら、ニヤニヤされた。
問いつめたら、日本女子が現地の男性を買い漁ってると・・。
「まさか**さんも〜?」みたいに言われてキレたことがある。今はそういう事もあるらしいけど
当時の現地情報では白人マダムが若い男の子を買い漁ってたとのこと。
12〜3年前の事なのでwaiwaiには無関係と思ってたけど
紙媒体の件が出てきてまさかと思った。
明日はチラシ増量だ。 

元資料

19950521.jpg

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。