まだあった!!人身売買ルートヨーロッ発

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






【日本語概訳】まだあった!!人身売買ルートヨーロッ発


1999/09/26

大まかな内容:
ヨウコという女性がパリで2年間売春婦として働いていた。
ヨウコが日本でクレジットカードの借金を返済するのに困っていた時、売春ブローカーがパリでの仕事を紹介した。
世話役が中華街のアパートで彼女を厳しく管理した。客の多くは白人でフェラチオが人気だった。
Hanashi no Playによると、ヨウコのケースは特殊ではないという。
たいていはクレジットカードの借金返済のため、仕方なしに多くの日本人女性が海外、特にヨーロッパで売春をする。
ヨウコの生活は悲惨なものだった。ヨウコや他の日本人女性は売春での酷い経験を語る。
ヨウコのルームメイトは、ある時サドマゾの変態ドイツ人の相手をして、体中尿をかけられ傷だらけにされて、後に自殺した。
ロンドンでは日本人売春婦が熱で寝込んでいた時に、代わりに出勤したフィリピン人売春婦が客に絞め殺された。
ある日本人男性の海外売春ブローカーは1人紹介すると100万円稼げると言う。10年で50人紹介した。彼は以前は東京のカーディーラーだった。
しかし、Hanashi no Playというこの男性誌が、これらの女性の苦境について同情的な記事を書くのはおかしい。
この雑誌は他のページでは、日本のソープランドや性風俗について称賛するような記事をたくさん掲載している。
もしかするとここの記者や編集者は、女性が日本人以外に売春する時には、売春が衝撃的で残念なものであると思うのかもしれない。

Gals in the red take different type of working holidays

赤字のギャル、変わったワーキングホリデーをとる

まだあった!!人身売買ルートヨーロッ発

*1
まだあった!!人身売買ルートヨーロッ発 1999,09,26
Gals in the red take different type of working holidays
Hanashi no play 10/16 By Geoff Botting
赤字のギャル、変わったワーキングホリデーをとる
Hanashi no play 10/16 ジェフ・ボティング記

  "Yoko" twists her handkerchief and speaks slowly and deliberately when she recalls the two years she spent in Paris.
  パリで過ごした二年間を思い出しながら、「ヨーコ」はハンカチをひねりゆっくり言葉を選ぶように話をする。

  She worked as an indentured call girl in the City of Lights, where minders kept her under tight control in a Chinatown apartment.
  彼女は借金の証文で縛られたなコールガールとして光の都・パリで働いた。そこでは見張りが、彼女をチャイナタウンの共同住宅の中に住まわせ厳重な管理下においた。

  "A lot of the customers were white people," she says.
"It was standard to go all the way with them, but for some reason fellatio was popular and if I did it well, the customer would be satisfied with only that."
  「客の多くは白人でした。」と彼女はいった。
「彼らと最後までやるのが普通でしたが、なぜかフェラチオが好まれて、私がフェラをしっかりやった場合、客はそれだけで満足したものでした。」

  Yoko's case is not isolated, according to Hanashi no Play.
Many Japanese women are forced to work as prostitutes overseas, often in Europe.
Almost always, they are working to pay off debts resulting from overspending on credit cards in Japan.
  Hanashi no Playによると、ヨーコの事例だけが特殊なのではない。
多くの日本人女性が海外で、多くの場合ヨーロッパで、売春婦として働くことを強制されている。
大抵、彼女たちは日本でクレジットカードでお金を使いすぎた結果生まれた借金を清算するために働いている。

  Yoko,26,described as a well-built woman with an intelligent face, first went heavily into debt due to an obsession with expensive brandname fashion accessories.
Then a spell in an overseas hospital to treat dysentery left her utterly helpless, financially speaking.
  知的な顔でがっちりした体格の女性と描写されているヨーコ(26)は、まず高価な有名ブランドの流行のアクセサリーにとりつかれたせいで多額の借金をした。
そして赤痢を治療するため海外の病院に入院したことで、彼女は金銭的に自分ではどうすることもできない状態になった。

  Her credit card debt was handed over to an unscrupulous collection agency that tried its hardest to make her life miserable.
And her friends and work colleagues began to spread nasty rumors about her.
In the end, she couldn't take it any longer.
  彼女のクレジットカードによる負債はあくどい取立代行業者に引き渡され、その業者のせいで彼女の人生は大変惨めなものにされった。
そして彼女の友人や職場の同僚が彼女についてのたちのの悪いうわさを広め始めた。
ついに、彼女はもはや耐えられなくなった。

  So when a "broker" offered her the chance to work off her debt in Paris - where no one knew her, it seemed like a good idea.
  だから「ブローカー」が彼女にパリ - そこでは誰も彼女を知らない - で働いて借金を少しづつ返す機会を提示したとき、それはいい考えのように思えた。

  After arriving in Paris, the Japanese broker immediately handed her over to his local counterpart.
She was put in an apartment with three other prostitutes, all Japanese in their 20s.
  パリに到着した後、日本人ブローカーはすぐさま彼女をパリのブローカーに引き渡した。
彼女は他の三人の売春婦と一緒に共同住宅に住まわされた。全員20代の日本人である。

  It was not a happy existence.
Yoko remembers the time one of the roommates returned to the apartment early one morning smelling of urine and with wounds all over her body.
It turned out she had been forced to succumb to the sadomasochistic desires of a "perverted German."
  それは幸せな生活ではなかった。
ヨーコは、ルームメイトの一人が早朝小便の臭いをさせて体中傷だらけになって帰ってきた時のことを思い出す。
彼女は「性的に倒錯したドイツ人」のSMの欲望の思うがままにされることを余儀なくされたのだ。

  The woman became totally withdrawn, not speaking to anyone.
A week later she killed herself.
  彼女は誰とも話そうともせず、完全に自分の殻に閉じこもってしまった。
一週間後彼女は自殺した。

  "Hitomi" recalls similar experiences in London.
Starting in the summer of 1996, she was based in the city's Soho district where she earned about 100 pounds per customer, servicing two to four of them a day.
  「ヒトミ」はロンドンでの同様な体験を思い出す。
1996年の夏から、彼女はロンドンのソーホー地区を拠点にし、そこで彼女は1日あたり2人から4人の客を相手にし、客1人あたり約100ポンドを得た。

  Her three roommates were all Asian.
She remembers the time one, a Filipino, was strangled by a john.
It turned out that Hitomi was originally supposed to service that customer that day but the Filipina was sent in her place because Hitomi had been bedridden by a fever.
  彼女のルームメイト3人は全員アジア人だった。
彼女は、フィリピン人女性のルームメイトが客に絞め殺されたときのことを思い出す。
もともとその日にその客のところへ仕事に行くのはヒトミのはずだったが、彼女は発熱して寝たきりになっていたので、かわりにフィリピン人女性が送られたのだった。

  A Japanese "broker" who arranges for the woman to be sent overseas tells the magazine that he is normally paid around 1 million yen per introduction.
"Since I started doing this job about 10 years ago, I've handled about 50 people," says the man, a former car dealer from Tokyo.
  この女性たちを海外に送る手はずをした日本人「ブローカー」は、彼は1人紹介するごとに通常100万円を受け取るとHanashi no Playに語る。
「10年前にこの仕事をするようになってから、私は約50人を引き渡しました。」と、以前はカーディーラーをしていた東京出身のこのブローカーはいう。

  Still, the sympathetic coverage of the woman's plight seems an incongruous moral stance for Hanashi no Play.
The other pages of this pulpy mens's magazine are otherwise filled with reports extolling the delights of "soaplands" and other red-light establishments in Japan.
  これらの女性たちの窮状についての同情の念を催す取材内容はHanashi no Playにとって道徳的に理不尽なものと思われているらしいにもかかわらず、
この男性低級雑誌 *2 の他のページは、逆に、「ソープランド」や他の日本の買春設備の楽しさを激賞する記事で埋め尽くされている。

  Maybe its writers and editors believe prostitution is only "shocking" and "unfortunate" when it involves women selling themselves to men who are no Japanese.
  もしかしたら、この雑誌の執筆者や編集者は、自分を売る女性の相手の男が日本人以外の場合だけ、売春を「胸が悪くなるよう」で「不幸せな」ものだと思っているのかもしれない。

元資料

http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome?cmd=upload&act=open&pageid=1035&file=19990926.jpg

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。