SEXの暴行殴る蹴るの暴力で日本人妻は泣いている


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Japanese wives in the US endure physical abuse for a green card

アメリカの日本人妻はグリーンカードのため虐待に耐える

SEXの暴行殴る蹴るの暴力で日本人妻は泣いている

*1
SEXの暴行殴る蹴るの暴力で日本人妻は泣いている 1994,10,9
Japanese wives in the US endure physical abuse for a green card
Shukan Jitsuwa 10/13 By MARK SCHREIBER
アメリカの日本人妻はグリーンカードのため虐待に耐える
週刊実話 10月13日号  By マーク・シュライバー

Although wife battering is a serious issue in Japan, the problem may be even more severe for the Japanese women who marry Americans and take up residence in the United States.
妻に暴力を振るうのは日本で深刻な問題ではあるが、この問題はアメリカ人と結婚しアメリカに暮らす日本人女性にとって、さらにもっと深刻な問題なのかもしれない。

According to Shukan Jitsuwa, the telephone hotline run by the "California Women's Legal Center" has been flooded with calls from Japanese women claiming to be victims of physical abuse by their husbands.
Roberta Ikemi, a lawyer who works at the center, tells the magazine that "Since the arrest of O. J. Simpson, the mass media has raised the public's awareness over the issue of domestic violence.
However, there's still a lot of impertinent information being disseminated, such as the idea that men are also the victims of domestic violence."
週刊実話によると、「カリフォルニア女性法律センター」に運営されている電話ホットラインが自分は夫からの暴行の被害者だと訴える日本人女性からの電話で溢れかえっているらしい。
センターに勤める弁護士、ロベルタ・イケミは雑誌に語る。
「O. J. シンプソンの逮捕以来、マスコミが家庭内暴力の問題に対する一般の認識を高めているのです。
しかし、男性もまた家庭内暴力の犠牲者であるという考えのような多くの不適切な情報も未だ広まっています。」

Shukan Jitsuwa cites statistics from the U.S.Department of Justice that show that males instigate 93 percent of the cases of violence against a partner.
About 4,000 women a year are killed by husbands or boyfriends.
Women killing their spouse is about one tenth of that figure.
週刊実話は男性がパートナーに対する暴力事件の93パーセントを引き起こしていると示している米国司法省の統計を引き合いに出している。
1年に約4,000人の女性が夫や恋人によって殺されているのだ。
自分の配偶者を殺した女性はその数字の約10分の1である。

Ms.Ikemi notes that the problem is particularly severe for Hispanic and Asian women due to the immigration law granting permanent residence, since many of these women fear that leaving their husbands will result in their loss of U.S.visa status.
イケミ女史はこの問題は永住権を与える移民法が原因で、ヒスパニック系やアジア系の女性にとって特に過酷だと指摘する。
多くのこれらの女性は彼女らの夫と別れるのは米国における在留資格の喪失になるということを恐れるからだ。

At the Asia-Pacific Family Center in Los Angeles, the number of cases of Japanese women seeking consultation due to household violence passed 40 in August.
One 27-years old woman, who became engaged to a 32-year old American while studying in the U.S., soon discovered that her new husband was a mama's boy who demanded she do everything just like his mother.
Discord ensued and the husband demanded she sell the condominium her parents had purchased for the couple as a wedding gift.
"Give me the money from the sale," he threatened. "or I won't sign your permanent residence application.
And if I don't sign, you'll either have to leave the country or face arrest."
ロスアンジェルスのアジア太平洋家族センターでは、家庭内暴力による相談を求める日本人女性の事例の件数が8月に40件を超えた。
アメリカに留学中に32歳のアメリカ人と婚約したある27歳の女性はすぐに彼女の新しい夫が自分の母親と同じようにすることを要求するマザコンだったと発見した。
不仲は続き、夫は彼女の両親が結婚祝いに2人のために購入してくれたコンドミニアムを売却するよう要求した。
「売って金をくれよ。」彼は脅迫した。「さもないと永住資格の申請用紙にサインをしないぞ。
それで、俺がサインをしなければ、お前はこの国を去らないといけないか、逮捕されるかだ。」

Other Japanese women, their faces still bearing the marks of severe beatings, have come to the center claiming they are being held as "sex slaves" and pleading for advice on how to secure a green card entitling them to permanent residence.
The source of the problem, Shukan Jitsuwa points out, is that since November 1986 a new provision in the immigration law requires that the foreign spouse remain married to a U. S.citizen for at least two years before application can be made for permanent status.
The card must then be renewed after 10 years.
This, the magazine claims, gave individuals so inclined a "license to make out abuse" and led to a special provision, enacted in 1990, allowing for green cards to be renewed when evidence, in the form of a police report, is submitted, even when the husband refuses to sign the application.
But some battered Japanese wives have not been married long enough to come under the provisions of the law.
激しく殴られた跡がまだ顔に残る他の日本女性達は「性奴隷」として扱われていると訴え、彼女らに永住権を与えるグリーンカードをどうやって獲得できるかのアドバイスを嘆願してセンターにやって来ている。
この問題の原因は1986年11月以来の移民法の新条項が、永住ビザを申請できるようになる前に外国人配偶者は最低2年間アメリカ市民との結婚を維持することを義務づけているからだ、と週刊実話は指摘する。
このカードはそれから10年後には更新されなければならない。
このことは切望する個人に「虐待を申し立てる自由」を与え、夫が申請書のサインを拒む時でさえ、警察証書という形で証拠が提出されるとグリーンカードの更新が出来る、1990年に制定された特別規定の結果となった、とこの雑誌は主張する。
しかし、虐待された日本人の妻の一部は法律の規定の元に達する結婚年数となっていない。

"Moves are now under way to persuade congress to revise the law to enable people to apply for green card status on their own behalf," says a representative of the Asia-Pacific Center.
"The situation regarding family abuse has become especially severe for Asian women.
The sentiment that a wife is nothing more than her husband's property is just as strong in America as it is in Japan." (MS)
「自分自身でグリーンカードの資格を申請できるような法律の改訂を議会に説得する動きが現在進行中です。
アジア太平洋センターの代表は言う。
「家庭内暴力に関する状況はアジア系女性にとって特に深刻になってきています。
妻は夫の所有物でしかないという感情は日本と同じくアメリカで強いのです。」(マーク・シュライバー)

備考

永住権申請の際に虐待のため夫のサインなしで申請を進められる制度は「女性に対する暴力法」(Violence Against Women Act)略してVAWAと呼ばれる物だと思われるが、制定は1994年制定。
1990年の改正でDivercity Immigrants Visa Program、DVプログラムというのが施行されたのと混同されているのか、VAWAが1990年から議会にあげられたのか等の推測ができるが不明。
「女性に対する暴力法」(Violence Against Women Act)略してVAWA
http://www.yurikondo.com/10-98.html

元資料

19941009 .jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。