増殖中のユルイ女大研究

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Look up your sons! Loose women are proliferating

自分の息子を外に出さないで!ユルイ女達が増殖中

増殖中のユルイ女大研究

*1

1995,09,17 
Hot Dog Press 9/25 By (TI) Takeshi Ito
ホットドッグプレス 9月25日号 By イトウタケシ

They are weird. Not only do they look loose, their minds are also loose.
Their ways of thinking and behavioral patterns are nothing short of radical by traditional standards.
Hot Dog Press takes a penetrating look at this incomprehensive new breed.
彼女達は不可解である。見かけがユルいだけでなく、心もユルいのだ。
考え方や行動パターンは従来の基準からすると過激と言わざるを得ない。
ホットドッグプレスはこの理解力のない新人類を鋭く見る。

To start with, the magazine, catering to libido-driven young men, gives a name to the group under focus -- yurui onna (loose women).
始めに、この性欲旺盛な若い男性向けの雑誌は、このグループに焦点を当てて呼び名をつけているーーユルイオンナ(緩い女)。

These women, reminds the magazine, are readily identifiable by their loose and suggestive uniforms consisting of cut-off T-shirts or tank tops, tight mini skirts, men's briefs partially exposed by intentional unzipping of the skirts' front buttons and "leg warmers," or loose-fit socks.
この女達は短く切ったTシャツやタントクトップに超ミニスカート、スカートの前ボタンをわざと開けて部分的にのぞかせている男性用下着、そして「レッグウォーマー」みたいなルーズソックス、で構成されるだらしがなく際どい制服で簡単に見分けがつく、とこの雑誌は指摘する。

Aged 14 to 18, these teen-agers have values that correspond with their looks.
According to Hot Dog Press, they have no qualms about making love with a new acquaintance, but abhor the idea of having a steady boyfriend.
They have a habit of breaking promises at the last minute but are perfectly guilt-free.
14歳から18歳までのこの10代の子達は外見と一致した価値観を持っている。
ホットドッグプレスによると、彼女達は新しく知り合った男とセックスをすることにためらいがないが、特定のボーイフレンドを持つのは嫌だという。
約束を土壇場で破るが全く悪いと思っていない。

The magazine adds that their economic sense is bizarre,thanks to "papas" or male patrons twice or three times their age who buy them expensive brand clothing and accessories in exchange for dating them or giving them sexual gratification.
There is even a sub group called "Chanelers" who won the monicker for co-ordinating Chanel bags and sunglasses with loose fashion, informs Hot Dog Press.
彼女達の経済感覚は、デートをしたり性的満足を与えることと交換に、ブランド物の服やアクセサリーを買ってくれる、彼女達よりも2倍も3倍も年上の男性のパトロン、「パパ」のおかげで異常だと雑誌は付け加えている。
シャネルのバッグやサングラスとユルイファッションをコーディネイトしていることで呼び名をつけられた「シャネラー」と呼ばれる少数のグループさえいるとホットドッグプレスは報告している。

In the feature, loose women are analyzed from many angles.
According to Hot Dog Press, a magazine that has always tried to analyze and pigeonhole women for male readers in need, loose women are the latest reincarnation of trend-conscious girls.
特集記事の中で、ユルイ女達は様々な角度から分析されている。
困っている男性読者のために常に女性を分析したり分類したりしているホットドッグプレスによれば、ユルい女達は流行に敏感な女の子の最新の生まれ変わりなのである。

Just a year ago, they took a different identity of kogyaru, known for carrying beepers and making profits by selling school uniforms and used underwear to fetishist shops.
丁度1年前、彼女らはポケベルを携帯し制服や下着を好きモノの店に売って金を稼ぐことで知られるコギャルという別のアイデンティティーを取り込んだ。

The same high-school girls became loose at the beginning of the year under the effect of increasingly popular reggae and house music, insists the magazine without explaining the relationship between music, fashion and behavior.
これと同一の女子校生達は人気急上昇中のレゲーやハウスミュージックの影響下で今年の始めにユルくなり始めた、と音楽やファッションと行動の関係性を説明せずにこの雑誌は主張している。

Known for its practical hints, Hot Dog Press offers many suggestions for young men hopelessly attracted to loose women by quoting the elusive girls.
実用的なアドバイスで知られるホットドッグプレスはどうしようもなくユルい女に惹かれる若い男達にとらえどころのない女の子達の発言を使って沢山の助言を与えている。

"I can't trust those guys who smoothly pick up room keys at the front desk of love hotels," reveals Reiko Katsumata, 15.
"They should act a little shy."
「ラブホテルのフロントデスクでスムーズに部屋のキーを受け取る男なんて信用できないわ。」 と15歳のカツマタレイコが打ち明ける。
「ちょっと恥ずかしがってるのを演じなきゃ。」

Seventeen-years-old Shinobu Nodera disagrees.
"Just tell me you want to sleep with me. I like the direct approach," she says.
"Or,I can call tere-kura (telephone clubs) and find a sex partner myself.
There are many ways for me to secure a man when I want one."
(TI)
17歳のノデラシノブは違う意見だ。
「私とエッチしたいってはっきり言ってほしい。はっきりアプローチされるのが好きなの。」と彼女は言う。
「それか、テレクラ(テレホンクラブ)に電話してエッチの相手を自分で見つけるの。
欲しい時に男を確保する方法はいくらでもあるわ。」
(イトウタケシ)

問題点

  • 「音楽やファッションと行動の関係性を説明せずにこの雑誌は主張している」とレゲエやハウスなど「外国文化の影響の可能性」を筆者自身が否定し、日本独特の現象だという印象を強めている。
  • 「どうしようもなくユルい女に惹かれる若い男達」という表現で、日本人の男性自身もユルいと揶揄している。

元資料

19950917.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。