最近、女性たちの性的ボルテージが上がり過ぎている

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Nowadays, Japanese women are over-charged with 'sexual voltage'

最近、女性たちの性的ボルテージが上がり過ぎている

最近、女性たちの性的ボルテージが上がり過ぎている

*1
1994,3,13
Shukan Bunshun,3/10 By Mark Schreiber
週刊文春 3月10日号   By マーク・シュライバー

"Squat down lower, daddy-o, Give me a better look!"
「もっと低くしゃがんで、おじさん、もっとよく見せてよ!」

The scene is at "J.men's Tokyo," a small theater in the Nishi-Azabu section of Tokyo, where a standing-room-only house of young women pay 4,000 yen to see an hour-long show featuring foreign male strippers, wearing only the briefest of G-strings, undulate on stage.
According to a spokesman, the theater is so popular its bookings are sold out through the following week.
この光景は東京は西麻布の小さな劇場「J. men's Tokyo」でのことで、立ち見席のみの小屋は外国人の男性ストリッパー達がきわどいTバックのみでステージの上で体をくねらせる1時間のショーを見るために4,000円を払う若い女性で一杯である。
広報担当によると、劇場は非常に人気なので予約は次の週まで完売だそうだ。

Sexual activity by Japanese women is becoming absolutely frenetic, suggests Shukan Bunshun.
They read erotic comics, go to strip shows and rent pornographic videos.
Will this rejection of chastity lead to Japan's undoing?
日本人女性による性的行動は完全に狂乱状態となっていると週刊文春は示唆する。
彼女達はエロ漫画を読み、ストリップショーへ行き、アダルトビデオをレンタルする。
この貞節の拒絶は日本の破滅へと導くのか?

Take "Curious," the women-only boutique selling sexual aids located in a Shibuya "manshion."
Its business has been booming, with 60 to 80 customers a day.
Women seldom buy anything on their first visit, returning two or three times before making a purchase.
After 8 p.m., the store allows women to shop together with their boyfriends; but interestingly, says proprietor Masaaki Tanaka, sales at this time tend to be much lower.
"When they shop together, they tend to buy a small vibrator.
But often afterward, the same woman comes back by herself and gets a much bigger one."(He giggles.)
渋谷の「マンション」にある女性専用アダルトグッズ専門店の「キュリオス」を例にあげよう。
このビジネスは人気急上昇中で、1日60人から80人の客が来る。
女性は初めて来店する時はほとんど何も買わず、購入するまでに2回か3回は店にやってくる。
午後8時以降は、女性は彼氏と一緒に店で商品を見て回ることが出来る。しかし面白い事にこの時間帯の売り上げはどちらかと言えばかなり悪いと経営者のタナカマサアキは言う。
「カップルが一緒に買い物をする時は、小さなバイブを買う傾向にありますね。
でもたいてい後日、同じ女性が1人で戻ってきてもっと大きな物を購入するんですよ。」(彼はクスクス笑う)

Bunshun's reporter questioned a 27-year-old woman who was on her fourth visit to the store, and who admits having utilized some of the, er, merchandise.
Did it feel good?
"Well,it's hard to put into words.It's a kind of complex feeling," she replies.
文春の記者は4回目の来店中で、そのお、商品を使ったことがあると認めている27歳の女性に質問をした。
気持ちよかったの?
「うーん、言葉にするのが難しいなあ。ちょっと複雑な感覚よ。」との返事。

Noriko Yamashita,former wife of screenwriter James Miki, sees nothing strange about this trend.
"In olden times," she says, "women were brought up to feel ashamed of even taking a meal in the presence of strangers; the notion of discussing sex was unthinkable.
Up to now sex has been an instrument for men.
I think it's good that women can advocate making it something they can enjoy for themselves
I certainly look forward to a situation where male-female equality also includes sexual matters."
脚本家のジェームス三木の前妻である山下典子はこの傾向は何ら不思議ではないと見ている。
「昔では、」彼女は言う。「女性は他人の前で食事を取ることさえ恥じるようにと育てられていました。セックスを話題にしようだなんて、考えられないことです。
今まではセックスとは男性の物でした。
女性達がセックスを自分たちで楽しめるようにすると主張できるのはいいことだと思います。
性的な問題も男女平等に付け加えられる状況を心から楽しみにしています。」

"Women these days seem to get physically turned on merely by being with a member of the opposite sex," says Ryoichi Taka, who attends to female customers at "Ai," a host club in Shinjuku's Kabuki-cho.
"Before, this only happened when they were really infatuated with someone.
"Some of those high school girls who sell their panties to 'burusera'shops come to our club," Taka continues.
"I heard they even went so far as to grab a host's crotch.
The idea of sex with that kind of girl really scares me, because I have no idea of what sort of demands she would make."
「最近の女性は男性といるだけで肉体的に興奮するみたいですね。」新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛」で女性客を接客するタカリョウイチは言う。
「以前は、誰かを本当にすごく好きな時だけのことだったんですが。」
「自分たちのパンティーを「ブルセラ」ショップに売っている女子校生も何人かうちのクラブに来ますよ。」とタカは続ける。
「彼女達はホストのイチモツを握ろうとさえしようとすると聞きました。
そういう女の子達のセックスの考えは本当に怖いですね、彼女達がどんな要求をしてくるのか分かりませんから。」

The sexual voltage of us guys, Bunshun concludes,has nowhere to go but down.(MS)
我らオトコの性的ボルテージは行き場もなく萎むのみだ、と文春は結論づけている。(マーク・シュライバー)

検証ポイント

元記事の論調が日本女性が性にオープンになってきているのがいいとなっているのか嘆かわしいとなっているのか、確認が必要。

元資料

19940313.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。