フーゾクで働く男たち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。





A look at the guys behind the scenes in the sex industry

セックス産業の裏舞台の男達の調査

フーゾクで働く男たち

*1

spa! 8/2   By MH(Michael Hoffman)
Spa!  8月2日号 By マイケル・ホフマン

They are the footsoldiers in the sex game,or sex industry,or entertainment world:
the unsung openers of doors,tenders of bars,gofers,comforters,appointment-takers,managers - the lubricant in the machinery.
彼らはセックス戦略、セックス産業、または風俗業界を支える重要な奉公人である。
すなわち無名の、ドアボーイ、バーの用心棒、使い走りの従業員、ホスト、予約係、マネージャー、ー 組織の潤滑油である。

After-hours, Spa! is somewhat surprised to discover, most of them are just ordinary guy-next-door types.
But,after-hours are few and far between.
Sure,you make pots of money and rack up all kinds of Experience-with-a-capital-E, but be forewarned:
the average working day is 17 hours long, and as for days off,one a month if you're lucky.
閉店後、Spa!は彼らのほとんどが本当に普通のどこにでもいそうなタイプだと分かって少々驚いた。
しかし、営業時間後なんてものは彼らにはほとんどない。
確かに、しこたま金を稼ぎ、あらゆる正真正銘の経験を得ることができるが、あらかじめ承知してほしい。
一日の平均勤務時間は17時間にも及び、そして休日と言えば、運が良くて1ヶ月に1日だけなのだ。

So why do they do it?
That varies,from the 21-year-old “image-club” employee who enjoys having naked girls for co-workers, to the 25-year-old “health”-club manager who was smart enough to recognize opportunity when it tapped him on the shoulder.
He started small,worked hard,aimed to please,and before too long was taking home 15.6 million yen a year.
Not bad for a guy who never got past junior high school.
ではなぜ彼らは風俗で働くのか?
それは裸の女の子と一緒に働くのを楽しんでいる21歳の「イメージクラブ」の従業員から、金稼ぎが出来る機会を目敏く察知した25歳の「ヘルス」クラブのマネージャーまで様々である。
彼は下働きから始め、一所懸命に働き、客に満足してもらうよう努力し、瞬く間に手取りで年1,560万円を稼ぐようになったのだ。
中学もまともに卒業していない男にしては悪くない。

Polling 84 male sex-industry attaches, Spa! finds 49 percent of them are in it for the money (average starting salary:431,000yen a month).
That,of course,doesn't mean there's no room in the field for philosophers both budding and jaded.
“It teaches you a lot about life,” muses a 23-year-old steward in a kyabakura - presumably a cross between a cabaret and a nightclub.
Adds a 32-year-old masseur.“In this job,you really get to understand the ways of women.”
Spa!による84人の風俗従事者の調査で、49%が金のために風俗業界にいると判明した。(平均初任給は月431,000円)
それはもちろん、新人も疲れ切ったベテランも何も哲学を持っていないと意味ではない。
「人生のことを沢山教えてくれるんです。」とキャバクラ ーどうやらキャバレーとナイトクラブを足して割ったようなものらしいー の従業員は思いにふけりながら言う。
32歳のマッサージ師が付け加える。「この仕事をしていると、本当に女性の気持ちを理解できるようになるんですよ。」

Still,no philosophy nowadays is so abstract that it doesn't rest on a solidunderpinning of economics, and if there's an exception to that rule,the sex-play trade doesn't provide it.
Not that the economic laws governing the “floating world”are necessarily identical to those prevailing elsewhere - in the midst of across-the-board economic stagnation,for instance,the sex industry and its offshoots are brimming with health.
それでも、最近の哲学は現実的すぎて経済の堅い土台の基礎を築いておらず、そしてこのルールに例外があるとしたら、セックス商売には例外などないのだ。
「浮き世」に影響する経済の法則は、至る所で普及しているものと同じである必要はない。
ー 例えば、全体的な経済の停滞のさ中にセックス産業やそこから派生したものは健全経営なのである。

Every day,says Spa!,a new club,parlor,salon,soapland or what have you opens in “entertainment mecca,” Tokyo's Kabukicho.
This proliferation follows hard on the heels of the police's abruptly aborted “purify Kabukicho”campaign.
What caused the raids to stop so suddenly?
Spa! suggests AUM and the Hanshin earthquake,which gave the police other things to think about,may have had something to do with it.
毎日、新規のクラブ、売春宿、サロン、ソープランド、その他が「風俗のメッカ」東京の歌舞伎町でオープンしているとSpa!は言う。
この増殖は警察による突然中止になった「歌舞伎町浄化」キャンペーンの直後のことである。
何が原因で摘発がそんなに急に中止になったのだろうか?
Spa!はオウム真理教や阪神大震災で警察が他のことを考慮しないといけなくなったことが関係していると示唆している。

Be that as it may,here's Koichi Yamamoto,27,waking up circa 9 a.m.to the ring of the phone.
Can the night really have fled so quickly?
Understandable after all -there was so little of it.
Four hours' sleep - on the premises - is the lot of an image-club manager,and Yamamoto,used to it by now, stifles a yawn,gamely picks up the receiver and takes the day's first appointment
(“I'll drop by around 1:30,be sure to set me up with A-ko-san.”)
The establishment opens for buisiness at 10 a.m.and keeps humming deep into the small hours.
それはさておき、27歳のヤマモトコウイチは朝9時頃電話の音で目が覚める。

あっという間に朝になってしまったのか?
何しろ無理からぬことだ ー寝る時間なんてほとんどなかったのだから。
4時間の睡眠ー店内でーはイメージクラブのマネージャーには十分であり、ヤマモトはもう慣れたもので、あくびをかみ殺し、勢いよく受話器を取りその日の最初の予約を取る。
(「1時半頃に行くから、アコさんを必ずオレにつけてよ。」)
店は午前10時に開店し、深夜遅くまで営業する。

How does Yamamoto feel about working 105-hour weeks?
The intensity of the competition thrills him,he tells Spa!,as does his 500,000-yen monthly paycheck.
One day he hopes to be managing his own establishment.
“My wife? With all the money I'm making,she doesn't mind if I don't come home,” Yamamoto says.
“For now,work is my wife.”(MH)
ヤマモトは週105時間も働くことについてどう感じているのだろうか?
競争の激しさが快感だ、500,000円の月給も然り、と彼はSpa!に語る。
いつか彼は自分の店を経営したいと思っている。
「俺の嫁?あいつは俺が稼いでいる限り、家に帰らなくても気にしないよ。」ヤマモトは言う。
「今は仕事が俺の嫁さんだな。」(マイケル・ホフマン)

翻訳者の感想

翻訳がおかしい部分は、ホフマンの原文自体がおかしいからということを承知していただきたい。
英語ネイティブですら下手すぎると評す文章から、
  • マイケル・ホフマンはWaiwai記者の中でポジションが上だったので、誰も彼の文章を直せなかった、もしくは
  • この頃からすでに記事をチェックするシステムが働いていなかった。
の、どちらかが推測される。
この推測が違うのであれば、Waiwai記事の水準が低いだけということになる。

元資料

19950806.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。