“男らしさ”が激変した!?

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Where have all the macho Japanese men disappeared to?

強く猛々しい日本男児は全員、どこに消えているのか?

”男らしさ”が激変した!?

*1
”男らしさ”が激変した!? 1995,11,26
Where have all the macho Japanese men disappeared to?
強く猛々しい日本男児は全員、どこに消えているのか?
Spa! 11/22         タケシ イトウ

It all started about five years ago when the growing number of young men who didn't mind serving as chauffeurs for women they admired but couldn't attract gave birth to a new word,asshii(driving only).
それはすべて、およそ五年前・彼らが賞賛し、けれど引き付けることのできない女性に お抱え運転手として仕えることを嫌がらない若い男性の人数が増えて、新しい言葉、アッシー(運転するだけ)を生み出した時に始まりました。

Now there are mitsugu-kun.femio and tsukibito-kun,referring to men who offer financial contributions to women they worship,put on unisex clothes and carry their girlfriends'hand-bags,respectively.
今そこには、ミツグ君、フェミオ、そして付き人君がいます。言及すると、それぞれ、彼らが崇拝する女性に金銭上の貢献を申し出る男性、中性的な服を着る男性、そして彼らのガールフレンドのハンドバッグを運ぶ男性のことです。

These are all different manifestations of the same trend--Japanese men are increasingly drifting away from the traditional ideal of masculinity.
Spa! believes that Japanese men have contracted an illness called yasashii-byo(gentleness disease).
ここに、日本男児が次第に伝統的な理想の男らしさから乖離していっているという同じ傾向を表す、全く違う兆候たちがあります。
SPA!は、日本男児はヤサシイ病(優しさ病)と呼ばれる病気に罹っていると信じます。

The magazine bases the 10-page report on an original survey on an unspecified number of men in their 20s and 30s.
According to Spa!,most guys suffering from yasashii-byo show one of the two major symptoms--narcissism and perseverance.
The first type agree to everything domineering women demand.
この雑誌は、10ページのレポートの基礎を、20歳代から30歳代の不特定多数の男性の独自の調査に置きます。
SPA!によると、ヤサシイ病に罹っている男性のほとんどは、2つの主症状…ナルシシズムと忍耐、の内の1つを見せます。
第一のタイプは、傲慢な女性が要求する全ての事柄に賛同します。

They do so because self-sacrifice gives them pleasure and satisfaction.
彼らは、自己犠牲が彼らに喜びと満足をもたらすから、そうします。

Mr.A is a good example.
According to Spa!, the 30-year-old company employee feels the happiest when he is with a woman who has continuously treated him coldly,but comes to him whenever her relationship with another man sours,"For her,I'm someone who is always there to take her out for a drive when she feels terrible because of her problems with her boyfriend." explains Mr.A.
"I spent 3 million yen on a new car just for that purpose.
I thoroughly research our destination before going anywhere with her.
When we arrive,we check into separate hotel rooms.
But it's OK,sex is a hassle."
A氏はいい例です。
SPA!によると、この30歳の会社員は、彼を絶え間なく冷たく扱い、けれど他の男性との関係がこじれた時にはすぐに彼の元にやって来る女性といる時に最も幸福を感じます。「私は彼女のために、彼女が自身のボーイフレンドとの問題のせいでとても不快だと感じた時に彼女をドライブに連れ出すために常にそこにいる者なのです」A氏は説明します。
「私は、その目的のためだけに使う新しい車に300万円を費やしました。
彼女とどこかへ行く前に、私は私たちの旅行先を徹底的に調べます。
私たちが着いた時には、私たちはホテルの別々の部屋にチェックインします。
けれど、いいんです。セックスは煩わしいことですから」

Narcissists are obsessed with broad-mindedness.
Mr.B,a 32-year-old thinktank worker tells Spa! he took seven days off from work to serve as a voluntary mediator for his former girlfriend and her allegedly unfaithful husband.
ナルシストは、寛容さ、に取り付かれています。
32歳の、古いシンクタンクの従業員であるB氏は、彼は、彼の元ガールフレンドとその不義の夫だということになっている人物のために、無償の仲裁者として仕えるために7日間仕事を休んだのだと、SPA!に語ります。

"My reputation at work suffered."says Mr.B,"but I freed myself from a lingering sense of guilt for not accepting her self-indulgence."
「私の仕事上の評判は被害を被りました」B氏は言います。
「けれど私は、彼女のワガママを受け入れないことに対して延々と続く罪の意識から、自身を解放しました」

The second type cling to the notion of doing something beneficial for women they love and idolize.
Mr.C,29,is hopelessly crazy about Miss K.a woman he met 16 years ago.
第二のタイプは、彼らが愛し、そして偶像崇拝する女性のために有益な何かをしようとする考えに固執します。
29歳のC氏は、救いようが無いほどに、16年前に出会った未婚女性のKさんに恋焦がれています。

Spa! says he never tried to approach her and ignores her loose reputation.
Mr.C believes that she must be grateful for his willingness to lend an ear to her problems around the clock.
SPA!は、彼は決して彼女にアプローチしようとせず、そして彼女の だらしのないうわさを無視するのだと言います。
C氏は、彼女は、彼女の問題に昼夜を問わずに耳を傾ける彼の善意に感謝しているに違いない、と信じています。

Mr.D may be even harder to understand.
Spa! says the 32-year-old is waiting for Miss R,a woman who walked out on him 18 months ago,to come back,like she did three times in the last six years.
"Well,it makes me angry."
D氏はたぶん、さらに理解しがたいでしょう。
SPA!は、この32歳の男性は、18ヶ月前に彼を見捨てた未婚女性のRさんが戻ってくることを待ち続けているのだと言います。ここ六年のあいだに、彼女が3回そうしたように。
「ええ、それは私を怒らせます。」

Mr.D admits,"but when she falls in love with somebody else,she can't listen to me.
After all,it might be my fault."
Mr.D always allowed Miss R to pursue new romance,but was always there to pick up the pieces when the relationship broke up.
Mr.D relates to Spa! his belief in "unconditional love."
D氏は認めます。「けれど、彼女が他の誰かと恋に落ちたら、彼女は私の話を聞けないでしょう。
結局のところ、それは多分、私の過失なのかもしれません」
D氏は常に、Rさんが新しいロマンスを追い求めることを許しましたが、その関係が破綻した時に事態の収集をして後始末をするためにいつもそこにいました。
D氏は、彼の”無条件の愛”という信念をSPA!に述べます。

In concluding,Spa! likens these men,who are extremely convenient for egotistic,manipulative women, to teen-age girls who are in love with the concept of romantic love--they are expecting too much and doing too little.(TI)
文尾にて、SPA!は、自己中心的で 人を思い通りに操るのが上手い女性たちにとって極めて都合が良いこれらの男性たちと、ロマンチックな愛という概念で恋をしている10代の少女たちを比べています……彼女らはあまりにも多くを期待し、ごく僅かを行うと。

元資料

19951126.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。