ゲンダイネット携帯版 2008年7月1日付記事より


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年7月1日、タブロイド夕刊紙「日刊ゲンダイ」のウェブサイト、ゲンダイネットに以下の記事が掲載されました。

最初は携帯版の記事でしたが、後(7/3)に普通のPCからでも閲覧できるようになっています。




意図的か、それともただの不勉強な記者が書いたものかは分かりません。

が、間違いなくこれは毎日側の意見のみの一方的な内容であり、これを読んだ読者に「毎日新聞問題」を誤解されてしまいます。

原文


以下、原文まま。

【話題の焦点】

2008年7月1日 掲載
今さらなんで!?昔から猥雑だった毎日新聞の英字コラム

そんなに目クジラ立てるなよ

 編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃった毎日新聞の英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネル氏だ。同氏が別のネットに書いていた自己紹介文には「職業=低俗なジャーナリスト、好きな食べ物=クリトリス」なんてくだりが出てくる。だもんで、すっかり、「変態コラムニスト」が日本に関する悪趣味な捏造(ねつぞう)をしたようにみられているのだが、それは違う。
「WAIWAIはもともと、毎日新聞の英語版のコラムで、歴史は古い。かつては10人くらいのメンバーが書いていて、中にはドクターもいました。新聞や通信社が報じない雑誌ネタを紹介することで、低俗な情報も含めて日本を伝えようとしたのです。だから、昔からセックスの話はいっぱい出ていましたよ。埼京線の痴漢リポートとか、全部、雑誌からの引用で出典も書いている。コネル氏が書いた記事もそうで、獣姦の話は実話誌、母親のフェラチオはアサヒ芸能からの引用です。アサ芸は97年の記事なのに、今回、クローズアップされた。ただ、毎日の英語版は2001年3月に廃刊になった。WAIWAIはウェブ上だけのコラムになり、以後、出典記事の信憑(しんぴょう)性などのチェックが甘くなった部分はありますけどね」(関係者)
 コネル氏は憎めないキャラだ。来日約10年の50代。結婚して家族もいるが毎晩のように歌舞伎町で飲み、語る日々。身長は170センチくらいだが、体重が小錦くらいあり、強制的な治療で半分くらいまで落としたという。
「日本語力にはビックリした。外国人のなまりがまったくなく、デーブ・スペクターくらいうまい。今回のことでめげずにもっと活躍して欲しい」(友人のジャーナリスト、マーク・シュライバー氏)
 読者だって、マユツバで読んでいたろうに……。


問題点


以下、問題点整理。



編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃった

ネット上だけの騒動であり、テレビなどが報道しないため、ネット非利用者には全く周知されていません。

また、その処分されたはずの責任者は、つい先ごろ昇進をしています。

ネット上に残された虚偽報道の数々は放置されています。毎日新聞はその責任を取っていません。



「変態コラムニスト」が日本に関する悪趣味な捏造(ねつぞう)をしたようにみられているのだが、それは違う。

まるで日本に関する悪趣味な捏造をしていないかのように書かれているが、真実は全く逆。自衛隊のことを「パールハーバーと南京大虐殺の後継」であると捏造しています。他にも「日本では看護婦になると一般的にバイブレーターを挿入して仕事をし日常的にアナル研修に興じている」「日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る」なんて捏造や虚偽のオンパレード。
その後の文脈を読みとれば、これが「ライアン・コネルさんは変態なんかじゃない! 日本語力の高い立派な人だ!」と言ってるだけの記事だというのが分かります。しかしいかに日本語力が優れてても、こういう嘘を新聞に書いている時点で、普通その人は「変態」と呼ばれる人種ではないでしょうか。

(注:自衛隊は戦後に大日本帝国軍が解体され、その後に新設された「警察予備隊」という組織が変化していったもの。帝国陸軍や海軍の後継として設けられたものではない)



全部、雑誌からの引用で出典も書いている。

出典があればいい、というものではありません。信憑性も不確かな出典をよりによって新聞社が引用していること、そして出典元の記事すら改悪していることが問題なのです。
また、記事の問題だけでなく、毎日新聞社が記事に「HENTAI」といったタグを埋め込んだり、「小学生新聞」のページからセックス関連の記事へリンクしたりするなど他の多くの問題があるのに、この記事ではそれに最後まで触れていません。



「日本語力にはビックリした。外国人のなまりがまったくなく、デーブ・スペクターくらいうまい。
今回のことでめげずにもっと活躍して欲しい」(友人のジャーナリスト、マーク・シュライバー氏) 

コネル氏の友人として名前の出るマーク・シュライバー氏。毎日と無関係の普通のジャーナリストならば中立な発言として価値がありますが。
「欲求不満の紳士を狙うセクシーな詐欺」 (1999年10月31日配信)
"Sexy scams taking horny gents for a ride " マーク・シュライバー
こんな記事をWaiWaiで書いてる人です。タブロイド・トーキョーをコネルと一緒に出してます。

過去にはWaiWaiに寄稿していたこともあります。

まったくの身内による擁護ですね。いや、マーク・シュライバーは人事だと思ってるのか?



読者だって、マユツバで読んでいたろうに……。

マユツバで読んでいる読者もいるかもしれませんが、本気にしている読者は多いです

そもそも、「低俗な情報も含めて日本を伝えようとした」はずの記事が、「マユツバで読まれる」という事態を、この記事は全く憂慮していない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。