北京の日本人留学生の驚くべき麻薬汚染

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






The shocking drug scene among Japanese students Beijing

北京の日本人学生の間での、衝撃的なドラッグの実情

北京の日本人留学生の驚くべき麻薬汚染

*1

Shukan Hoseki 8/10 By Mark Schreiber
週刊宝石8/10号 By マーク・シュライバー


  "I've been using a straw to snort heroin. It's easy really to got in Beijing..
The price is about 300 yuan (3,000 yen) for 100 grams."
 「私はストローを使ってヘロインを吸っています。
北京では入手がとても簡単です。価格は100グラムあたり300元(3000円)です」

  So says a 23-year-old Japanese exchange student at the Beijing Language Institute.
His campus is located 12 kilometers out of the city and there is little shopping to be had nearby.
Recreation for students is limited to getting drunk, playing computer games, sex or shooting drugs, the latter of which can supposedly be obtained in a village to the west of Beijing largely populated by minority tribes, such as Uigurs.
The student tells Shukan Hoseki at least half of his Japanese classmates are also indulging in the drug..
 北京語言学院の23才の日本人交換留学生はこのようにいう。
彼のキャンパスは市から12キロ離れたところに位置しており、近所には買い物をするところもほとんどない。
学生の娯楽は、酔っ払うこと、コンピュータゲームで遊ぶこと、セックス、ドラッグをうつことに制限される。
これらのうち最後のものは、たとえばウイグル族といった少数民族が主として居住している北京の西の村で入手できるとといわれている。
この学生は週刊宝石に、少なくとも彼の日本人クラスメートのうち半分がドラッグにふけっていると語る。

 It sounds impossible to believe, but there are plenty of facts to support these claims.
On Feb.19, a 21-year old Japanese coed from Osaka went into shock from the effects of drugs and was taken by ambulance to the Sino-Japan Friendship Hospital, where she was pronounced dead.
The autopsy determined her windpipe had gone into convulsions that caused internal bleeding.
The incident was hushed up, and the media reported it as a death from illness.
 これは信じがたいがたいように思われるが、これらの犯罪を裏付ける多数の事実がある。
2月19日に、大阪出身の21才の日本人女子学生がドラッグの効果によるショック状態に陥り、救急車で中日友好医院に運ばれ、そこで彼女は死を宣告された。
検死解剖により、彼女の気管は痙攣し内出血を起こしたと究明された。
この事件はもみ消され、メディアはこれが病気による死と報じた。

 A male student at the school tells Hoseki,
"On the night she died, I was one of two one's who broke into her room after I heard she was acting strangely.
She was lying unconscious and wasn't moving.
 この学校の男子学生は宝石に語る。
「彼女が死んだ夜、彼女が奇妙に振舞っているのを聞いた後、彼女の部屋に入っていった二人のうちの一人が私です。
彼女は無意識で横たわっており動いていませんでした」

 "A few days later, her father came from Japan.
I heard that when thefather reprimanded the African coed student his daughter had been rooming with, she broke down in tears".
 「2・3日後、彼女の父親が日本から来ました。
その父親が彼の娘と同室のアフリカ人女子学生を叱責したとき彼女が泣き崩れるのを、私は聞きました。」

 A month later, two Japanese coeds and one male student at the same institute were arrested for permission of drugs and deported.
A stuff member at the Japanese Embassy in Beijing says police made the arrest while the girls were pressured by aggressive Uigur merchants at the market place.
The girls said the Uigurs tried to force the drugs on them.
Their fathers flew to Beijing to protest their subsequent expulsion, but the school stood by its decision.
 一ヵ月後、同じ学院の二人の日本人女子学生と一人の男子学生がドラッグの逮捕状でつかまり国外退去された。
北京の日本大使館の職員は、その若い女性たちが市場で攻撃的なウイグル族商人に圧力をかけられている間に、警察は彼女たちを逮捕したという。
その若い女性たちは、そのウイグル人が彼女たちにドラッグを無理強いしようとしたという。
彼女たちの父親たちは北京へ飛行機で行き、結果として起こった退学処分に抗議したが、学院は決定を変えなかった。

 China is in the throes of a serious drug epidemic, notes Hoseki.
In Yunnan Province, bordering on the notorious "Golden triangle", 466 drug dealers were executed during 1994, and 2.8 tons of drugs seized.
The problem has also spread to other provinces, including Guangdong and Fujian.
 中国は深刻なドラッグの蔓延と必死に取り組んでいると、宝石は言及する。
悪名高い「黄金の三角地帯」に隣接する雲南省では、1994年の間に466人のドラッグの売人が処刑され、2.8トンのドラッグが押収された。
この問題は、広東省や福建省を含む他の省にも広がっている。

 Although seemingly aware of the draconian punishments that may await drug violators in China, many Japanese students find the easy availability and price of the drugs, which go for as low as one-fourth the price of those sold in Japan, to be irresistible.
 中国で薬物違反者を待ち受けているであろう過酷な処罰に見たところ気がついているにもかかわらず、ドラッグのたやすい入手の可能性と価格に抵抗できないと、多くの日本人学生は思う。
ドラッグは日本で売られている価格の四分の一という安さで売られている。

 According to Yoshiro Hata, author of a guidebook for students in China, there were about 11,000 Japanese studying in China as of 1994.
As China's economy liberalizes, the country find tuition paid by foreign students a good source of hard currency.
The mass media reports of the "rush" by Japanese companies to invest in China has also mesmerized young Japanese into visualizing opportunities for future careers.
 学生の中国でのガイドブックの著者であるハタ・ヨシロウによると、1994年現在で中国で学習をしている日本人は約11000人いるそうだ。
中国の経済自由化につれて、中国は外国人学生が払う授業料が硬貨のよい収入源と気づいた。
マスメディアはこう報じる。
日本企業による中国への投資の「殺到」もまた、若い日本人を幻惑して将来の仕事のためのチャンスを思い描かせるという。

 The majority of these students, however, find their ability in the Chinese language to be insufficient to advance to full-fledged university-level studies.
Often, they have problems in communication and turn to recreational drugs out of loneliness and boredom.
As if their drug problems weren't enough, reports have also surfaced that Japanese students are being deported from China at the rate of two or three per year after testing positive for HIV.
 しかしながらこれらの学生の大部分は、かれらの中国語の語学力能力が本格的な大学レベルの学習に進むには不足しているあることに気づく。
しばしば、かれらはコミュニケーションに問題を抱え、孤独と退屈から娯楽的なドラッグに手を出す。
あたかも彼らのドラッグ問題がまだ不十分であるかのように、日本人学生は一年当たり二人か三人の割合で、HIVの検査で陽性反応が出た後に中国から国外退去させられていると、報告は明るみに出す。

 Shukan Hoseki soberly concludes that while fellow Japanese might be willing to tolerate the students' misbehavior as "the indulgence of youth," it's more than likely that people in the host countries are being served up reminders that, half a century after the end of the war, there are still plenty of Japanese who engage in brutish and barbaric behavior when away from home.(M.S)
 週刊宝石はまじめに結論づける。
同胞の日本人は学生たちの非行を「若者の放埓」として大目に見たがっているかもしれない一方で、第二次世界大戦の終わりから半世紀後、国を離れているときは野卑で残酷な振る舞いに従事する日本人がたくさんいることを思い出させる人々を、受入れ国の人々は相手にさせられているということのほうがずっとありそうだ。(マーク・シュライバー)

元資料

19950806.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。