「オウム報道の6割はガセだ!」

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






60% of what's reported about AUM is crap

オウムについて報道されたことの60%とはガセ *1

「オウム報道の6割はガセだ!」

*2
1995,08,06
Weekly Playboy8/15 By Nathan Westby
週刊プレイボーイ8/15号 ネイサン・ウェストビー記

 How much of what we read in newspapers and see on television about AUM Shinrikyo can be trusted?
According to a Weekly Playboy interview with an anonymous public security official, 65 percent of reports are based on lies.
 オウム真理教について私たちが新聞で読んだりテレビでみたりするもののうち、どれくらいが信用できるのだろうか?
週刊プレイボーイの匿名の公安当局者へのインタビューによれば、報道の65%は嘘にもとづいている。

 He should know, as a reporter's biggest source of information concerning the cult is the police, in particular the highly secretive public security arm where he works.
このカルト教団に関する報道者の情報ソースの最大のものは警察、とりわけ彼がつとめている極めて秘密主義の公安機関だから、彼が知っていて当然だろう。

 The reason papers report false information, he says, is that reporters aren't doing their jobs properly.
As a result, much of the information leaked by police for strategic purposes is printed without being followed up on or questioned.
The newspapers and TV networks appear to be satisfied with placing the blame for everything on AUM without digging any deeper.
 彼がいうには、新聞各社がデマ情報を報道した理由は、報道者が自分の仕事をきちんとしていないからである。
結果として、戦略的目的のために警察がもらした情報の多くが、調査や疑問をもたれることなしに出版された。
新聞各社とテレビネットワークは、たいして詳しく調べることなく、すべての責任をオウムに負わせることに満足しているように見える。

 This is not to say that Shoko Asahara and other cult members are being wrongly accused, but rather, maybe the "evidence" and"confessions" so far revealed in stories scooped from police sources are not as solid as they appear, the interviewee says.
 これは麻原彰晃や教団の他のメンバーが無実の罪を受けているというのではなく、どちらかといえばむしろ、警察の情報筋からスクープされた報道でこれまであきらかにされた「証拠」や「自白」が、思ったより信頼できないということかもしれない。

 He claims that many of the AUM followers quoted as giving confessions in news reports are in fact still holding their silence under police questioning.
 供述したと報道で引き合いに出されるオウム信奉者の多くは、実際には警察の取調べに沈黙を保っていると、彼は述べる。

 The official hints that there may be non-AUM followers involved in the deadly sarin gas attack on the Tokyo subway system in April this year, in the 1989 disappearance of an anti-AUM lawyer and his family, and in the stabbing of AUM's top scientist earlier this year, but the press is not pursuing these avenues.
 この当局者は以下のようにほのめかす。今年四月の東京地下鉄網の死亡者の出たサリンガス攻撃と、1989年のオウムに対抗した弁護士とその家族の失踪事件と、今年のオウムのトップ科学者の刺殺事件に、オウム信者でないものが関わっているかもしれないが、報道陣はそちらの方向は追求しない、と。

 Hideo Murai was "assassinated" he tells Weekly Playboy, by an outfit that may have wanted to prevent police from finding out who helped the cult in its effort to produce sarin.
"Investigators believe a sample of sarin was delivered to (the cult's commune in) Kamikuishiki from someone on the outside, and that the cult was able to develop its own sarin based on the analysis of this sample," He says.
 サリンを製造する試みでオウム *3 を助けたのは誰かを、警察が見つけ出すのを妨げようと欲したと思われる一団によって、村井秀夫は「暗殺された」と、この当局者は週刊プレイボーイにかたる。
「サリンのサンプルが外部の誰かから上九一色(にあるオウムの生活共同体)に運ばれ、オウムはそのサンプルの分析にもとづいて自分たち自身のサリンを作れるようになったと、調査官は思っている」と彼はいう。

 The reason Asahara is not being transferred to the Tokyo Detention House in Kosuge like other AUM suspects is because public security authorities fear he is being marked by an outside organization, the official says.
 他のオウムの容疑者と違って麻原が小菅の東京拘置所に移されていない理由は、麻原が外部の組織にマークされていることを公安委員会がおそれているからであると、この当局者はいう。

 He also tells Weekly Playboy that reporters should use more common sense with respect to the missing Sakamoto family and the shooting of National Police Agency chief Takaji Kunimasu, ridiculing the Fourth Estate for its gullibility.
"Would Sakamoto open the door if he heard bunch of thugs come.
...They could have tranquilized him with a powerful chemical, but it would have been risky."(NW)
 坂本一家の失踪事件と警察庁長官の國松孝次の狙撃事件について、報道者はもっと常識をつかったほうがいいと、ジャーナリストのだまされやすさをあざわらいながら、彼は週刊プレイボーイに語る。
「大勢の悪党が来るのを聞いたのなら坂本はドアを開いただろうか…
彼らは強力な化学薬品で彼を静かにさせることができたろうけど、それはリスキーだっただろう」(ネイサン・ウェストビー)

元資料

19950806.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。