大国日本のもう一つの“輸出”


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






A glimpse into the Sokka Gakkai's activities abroad

創価学会の海外活動を垣間見る

大国日本のもう一つの“輸出”

*1
1995,07,16
AERA 7/17 By Takeshi Ito
AERA 7月17日号     By イトウタケシ

With the sound of a gong,a congregation numbering more than 150 began to recite the mantra slowly in unison -- “Nam myo ho ren ge kyo.Niji seson.Ju sanmai...”
Most of them know the 30-minute-long invocation by heart.
銅鑼の音と共に、150人以上に達する集会の参加者はゆっくりと声を揃えてお経を唱え始めた。「ナンミョーホーレンゲーキョー。ニージーセーソン。ジューサンマイ...」
ほとんどの参加者が30分ものお題目を暗記している。

This is Santa Monica,U.S.A.,and the congregation is almost entirely non-Japanese.
In one of the five reports comprising an 11-page feature on Japanese religious groups' evangelistic efforts overseas, AERA offers a rare glimpse into the Sokka Gakkai's activities in the United States.
ここはアメリカはサンタモニカ、集会の参加者はほとんど全て日本人ではない。
日本の宗教団体の海外での布教活動についての11ページの特集からなる5つのレポートの1つで、AERAはアメリカにおける創価学会の活動を垣間見るまれな機会を提供している。

The report, complete with an eye-grabbing picture of Caucasians and Hispanics joining hands in prayer,first presents data.
A quarter of a century after kicking off its evangelistic mission in the United States, Sokka Gakkai today claims some 300,000 adherents.
More than 80 percent of this total are U.S.citizens,including a rising number of second- and third-generation believers raised by parents who follow Sokka Gakkai's teachings.
この目を奪う白人とヒスパニックが合掌している写真が載っているレポートはまずデータを提示している。
アメリカでの布教活動を開始して四半世紀、現在創価学会は約300,000人の信者を獲得している。
この全体のうち80パーセント以上がアメリカ国民であり、創価学会の教えを拠り所とする両親によって育てられた、数多く増加している2世や3世信者も含まれている。

AERA introduces one Los Angeles family to demonstrate that the lay Buddhist organization is there to stay.
The family is headed by a 48-year-old Caucasian,a former YMCA employee who in the early 1970s tried sutra chanting for an entire week and found his wish had come true -- an end to the military draft.
Now,he and his equally devout Caucasian wife are parents of five children,all Sokka Gakkai believers.
AERAはこの単なる任意団体である仏教団体が定着しているのを説明するためにロスアンジェルスのとある家族を紹介している。
この家族は48歳の白人を家長としており、1970年代初めにまる1週間お経を唱えてみたこのYMCAの元従業員は、徴兵を回避するという自分の願いがかなったことに気がついた。
今では、彼と彼と同様に信心深い白人の妻は5人の子供の親であり、全員が創価学会の信者である。

The magazine quotes their oldest son,21,as saying,
“I've never been to a Christian church, but my Christian friends are all living gloomy lives because of their sense of sin.”
This family celebrates Christmas as a secular year-end get-together.
この雑誌は21歳の長男の言葉を紹介している。
「僕はキリスト教会に行ったことがありませんが、僕のキリスト教徒の友人達は全員罪悪感のために悲観的な人生を送っています。」
この家族はクリスマスを宗教と関係ない年末の家族の集まりとして祝っている。

AERA informs that Sokka Gakkai's American devotees are no longer engaged in aggressive street-corner canvassing as they did in the 1970s and the early 1980s, when the religious group's canvassers frequently approached total strangers in supermarkets and coin laundries and passionately urged them to come to a “discussion meeting."
AERAは創価学会のアメリカ人信者はもはや、信心深いグループの運動員が頻繁にスーパーマーケットやコインランドリーで全くの他人に近づき熱心に「座談会」に行かせていたような、1970年代や1980年代初めの強引な町角に立つ運動員ではないと報告している。

This controversial method of initiation,known as shakufuku,met its share of criticism in the United States.
In the early 1980s, many American parents asked the Cult Awareness Network (CAN),a Chicago-based counseling organization,for advice on how to rescue children allegedly coerced into Sokka Gakkai.
この祈伏で知られる物議をかもす勧誘方法はアメリカでそれ相応の非難にあった。
1980年代始め、多くのアメリカ人の親達がシカゴを拠点とする相談団体のカルト監視団体(CAN)に、創価学会への入会を強要されたと言われる子供を救い出す方法に関するアドバイスを求めたのだ。

CAN representative tells AERA that Sokka Gakkai seems intent on improving its public image in the 1990s, but adds that her group is continuing to keep a watch on the lay Buddhist organization's questionable activities.
CANの代表は、創価学会は1990年代にパブリックイメージを改善することに専念していたようだとAERAに語るが、彼女の団体はただの任意団体である仏教組織の疑わしい活動を見張り続けると付け加える。

AERA reminds its readers that a number of U.S.researchers regard Sokka gakkai as a “cult,” an extremely negative label the organization is working hard to discredit.
A spokesman for Sokka Gakkai's U.S.branch informs the magazine that his office is suing U.S media which call the group by that name.
AERA avoids the delicate question and closes the nonjudgmental article with this disclosure -- the Sokka Gakkai is planning to establish its own university in California to educate young American believers.(TI)
AERAは多くの米国の研究者が創価学会を「カルト」とみなし、組織はその極めて悪いレッテルを剥がそうと必死になっていると読者に指摘する。
創価学会アメリカ支部の広報担当は支部が学会をカルトと呼んだアメリカのメディアを訴えていると報告する。
AERAは扱いにくい問題を敬遠し中立的な記事をこの暴露話で締めくくる。ーー創価学会は若いアメリカ人の信者を教育するためカリフォルニアに自身の経営する大学を創立する予定である、と。(イトウタケシ)

元資料

19950716-1.jpg 19950716-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。