戦後世界史最大のタブー『ナチ 「ガス室」はなかった』

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Rewriting history

An article claiming the Holocaust was a fabrication causes an uproar abroad and leads to the shut down of Marco Polo. Michael Hoffman reports.

タイトル:「歴史の修正」
サブタイトル:ホロコーストは捏造であると主張した記事が原因で騒動となり、「マルコポーロ」誌が廃刊となった。マイケル・ホフマンのレポート。

戦後世界史最大のタブー『ナチ 「ガス室」はなかった』 *2

0
Rewriting history
An article claiming the Holocaust was a fabrication causes an uproar abroad and leads to the shut down of Marco Polo.
Michael Hoffman reports.
タイトル:「歴史の修正」
サブタイトル:ホロコーストは捏造であると主張した記事が原因で騒動となり、「マルコポーロ」誌が廃刊となった。
マイケル・ホフマンのレポート。
邦題:戦後世界史最大のタブー『ナチ 「ガス室」はなかった』
1995年2月5日掲載
1
"'The Holocaust' was a fabricated story.
The gas chambers and so on at Auschwitz and the other concentration camps didn't exist.
The 'gas chambers' currently open to the public at the remains of the Auschwitz concentration camp in Poland were built either by the postwar Polish Communist government, or else by its patron, the Soviet Union.
Neither at Auschwitz nor anywhere else in territory occupied by Germany during World War II, did even one 'mass extermination of Jews' occur in 'gas chambers.'" -- Masanori Nishioka, Marco Polo (February).
「ホロコーストは捏造された話である。アウシュビッツのガス室などや強制収容所は存在しなかった。
「ガス室」は現在ではポーランドのアウシュビッツ強制収容所の跡地で公開されているが、この施設は戦後のポーランドの共産主義政府か後ろ盾のソビエト連邦が建設したものである。
第二次世界大戦中にドイツが支配したアウシュビッツや他の領土でも、ガス室での『ユダヤ人の大量虐殺』はなかったのだ」−西岡昌紀、「マルコポーロ」2月号。
2
"Mr. Ambassador, this article is more than a cruel joke.
It is a monstrous attack on history and the innocent victims of Nazism that slanders an entire people.
It was timed to appear at the very moment that world leaders gather at Auschwitz (Jan 25 27 1995) to commemorate the 30th anniversary of the liberation of that death factory and the innocent who were systematically murdered there." -- Rabbi Abraham Cooper, associate dean of the Los Angeles-based Simon Wiesenthal Center, a holocaust research organization, in a letter to Takakazu Kuriyama, Japanese ambassador to the U.S.
「大使、この記事は残酷な冗談どころのものではありません。
歴史とナチズムの罪なき犠牲者に対する恐るべき攻撃で、すべての民族に対する冒涜です。
死の工場からの解放とそこで殺害された無実の人々に対する30周年記念で、世界の指導者がアウシュビッツに集まるタイミングにあわせて、記事は発表されたに違いありません」−ホロコースト研究機関、サイモン・ウィーゼルタール・センター副学部長エイブラハム・クーパー師。駐米日本大使クリヤマ・タカカズ(栗山尚一?)に宛てた手紙から。
3
"We have apologized to the Wisenthal Center for the article.
On reflection, we decided to discontinue the publication (of Marco Polo).
After rereading the article, we found it had a superficial understanding of Jewish issues and lacked fairness." -- Tadashi Saito of Bungei Shunju, which published Marco Polo.
「この記事について、ウィーゼンタール・センターに謝罪をいたしました。
熟慮の結果、(「マルコポーロ」の)廃刊を決定しました。
記事をもう一度読んでみて、記事がユダヤ人問題に対する理解が浅薄であり、公正でないとわかりました」。−(「マルコポーロ」発行元の)文芸春秋 斉藤禎。
4
Holocaust denial is as old as the Holocaust, and the first deniers were the Jews, Elie Wiesel, writer, Nobel Peace Prize laureate, survivor of Auschwitz and Buchenwald, told the story in Night, his camp memoir.
One day in 1943 all the foreign-born Jews of his hometown in Hungary were rounded up and "crammed into cattle trains."
They disappeared from view and vanished from memory.
Months later, one returned.
He had escaped.
He told how the Jews were taken into a forest and make to dig graves.
"And when they had finished their work," Wiesel writes, "the Gestapo began theirs.
Without passion, without haste, they slaughtered their prisoners."
The lone survivor went from house to house to sound a warning.
No one believed him.
They thought him mad.
ホロコースト否定説はホロコーストと同じくらい以前からあり、最初の否定者はユダヤ人である。ノーベル平和賞受賞者の作家エリ・ウィーゼルはアウシュビッツとブーヘンヴァルトからの生存者で、彼は『夜』の中で収容所の記憶を語った。
1943年のある日、ハンガリーの彼の故郷では、外国生まれのユダヤ人全員が検挙され、「家畜列車に詰め込まれた」。
彼らは消え去り、記憶からも抹消された。
数ヵ月後に、一人が戻ってきた。
彼は逃亡してきたのだ。
彼の話では、ユダヤ人が森に連れて行かれ、墓を掘らされた。
「ついに作業が終わったとき」ウィーゼルは書いた。「ゲシュタポは自分たちの仕事を始めた。
冷酷に急ぐことなく、彼らは囚人たちを虐殺した」。
一人の生き残った男は家々を訪問して危険を伝えた。
誰も彼のことを信じなかった。
人々は彼が狂ったと考えた。
5
Not long afterward, the cattle trains came for the native-born Jews.
家畜列車が地元生まれのユダヤ人を迎えに来たのは、それほど後のことではない。
6
More recent exercises in Holocaust denial, less respectable and far more sinister, are generally linked in the public mind to Nazi revival movements in Germany and elsewhere.
Nishioka, however, is at pains to dissociate himself and his ideas from the lunatic-fringe right.
"I have absolutely no intention of defending wartime German policy towards Jews," he writes in Marco Polo.
"Although the mass extermination of Jews in concentration camps never took place, it is a clear historical fact that innocent Jews were made to suffer by Germany."
He proceeds to name "Jewish scholars" and a French resistance fighter who, though far from being neo-Nazis, are confirmed Holocaust deniers.
Put aside your prejudices, he urges, as he himself did -- for, he says, he only arrived at his conclusions after years of research.
"Forget Schindler's List -- a movie is not history."
汚らわしく不吉なホロコースト否定論者の最近の活動は一般にドイツや他の地域でのナチ復権運動につながる。
だが、西岡は苦心して少数過激派から彼自身の立場と彼の主張を切り離そうとしている。
「私には戦時下のユダヤ人に対するドイツの政策を擁護する考えはまったくない」と彼は「マルコポーロ」誌で書いた。
「強制収容所でのユダヤ人の大量虐殺は行われなかったが、無実のユダヤ人がドイツによって苦しめられたのは明白な歴史的事実だ」。
彼は続けて「ユダヤ人学者」と、フランスのレジスタンスの闘士の名前を挙げる。
かれらは到底ネオナチではありえないが、ホロコースト否定論者に同調した。
自分自身がそうしたように、先入観は脇においておくことを、西岡は強く説得する。というのも、彼がいうには、彼は何年もの調査の後で彼の結論にとうとう辿り着いたのだから。
「『シンドラーのリスト』は忘れることにしよう。映画は歴史ではない」
7
Nishioka himself is not a historian; he is a doctor.
Be that as it may, his reading led him to several conclusions, which he summarizes early in his article.
Certainly the Nazis were nati-Semitic -- but, he argues, they wanted the Jews alive and working as slaves for the Third Reich, not dead.
It was no part of Nazi policy to slaughter Jews en masse.
The much-touted Final Solution was not the extermination of the Jewish race, but the forced resettlement of Jews in the conquered territory of Eastern Europe.
The piles of corpses that so appalled the Allied liberators as they closed in on Hitler's "thousand-year Reich" were victims not of gas chambers but of typhus and other diseases which raged as the war turned against Germany and sanitation deteriorated.
西岡自身は歴史家ではなく、医者にすぎない。
それはともかく、彼の解釈は、彼をいくつかの結論へと導いて、それらは自分の記事の冒頭に要約されている。
確かにナチスは反ユダヤだった -- しかし、西岡の議論によると、彼らはユダヤ人を生かしたまま第三帝国の奴隷として働かせたがっていて、死なせるつもりではなかった。
ユダヤ人大虐殺は、ナチの政策のどの部分にもなかった。
喧伝される最終的解決はユダヤ人種の根絶ではなく、東ヨーロッパの占領地域へのユダヤ人強制再定住であった。
ヒトラーの「千年帝国」を包囲したときに連合国の解放者をあまりにも驚愕させた死体の積み重なりは、ガス室の犠牲者ではなく、戦局がドイツにとって不利になり公衆衛生が悪化しため猛威をふるった、チフスやそのほかの疾病によるものだった。
8
"For example, there was a concentration camp in the suburbs of Munich called Dachau."
Here, writes Nishioka, the U. S. Army released photographic "proof" of the existence of a "gas chamber."
The photo shows a door, and above the door a white death's head and sign in German reading.
"Attention! Gas! Lethal! Don't Open!"
「例えば、ダッハウと呼ばれるミュンヘン郊外の強制収容所は存在していた」。
西岡は書くのだが、現にこのように、アメリカ陸軍が公開した「ガス室」の「証拠」写真がある。
この写真にドアが写っており、ドアの上にあるのは白いしゃれこうべと、ドイツ語の「注意!ガス!致死性!開くな!」と読める文句である。
9
In fact, Nishioka argues, this was no gas chamber, it was a delousing chamber.
With typhus breaking out all over the place, disinfection was an urgent concern.
DDT was scarce, and so a disinfectant called Zyklon B was used as a substitute.
Readers steeped in standard Holocaust literature will recognize Zyklon B as the hydrogen cyanide gas which purportedly had a less innocent application -- but that's the "official explanation."
Nishioka quotes a scientist to the effect that Zyklon B was insufficiently lethal to kill large numbers of people, and in any case, he says, Zyklon B, being highly explosive, would have incinerated the incinerators that were supposedly located near the so-called gas chambers.
実際に、西岡はこれがガス室ではなくシラミ駆除室だったと論じた。
発疹チフスが蔓延していたため、消毒処置が急がれていた。
DDTが不足していたため、ツィクロンBという消毒剤が代用品として使用された。
標準的なホロコースト文学を読みなれた人ならば、ツィクロンBはシアン化水素であり、その称するところによれば無邪気とはいえない効能を持っていると認識するだろう -- しかしこれは「表向きの説明」である。
西岡は、ツィクロンBは大人数の人々を殺すには致死性は不十分だという、ある科学者の見解を引用し、いずれにせよ、非常に爆発しやすいツィクロンBは、いわゆるガス室の近くに位置するとされる、焼却炉で焼却されたのだろう、と彼はいう。
10
Here we must pause for a moment to introduce a measure of perspective.
There is certainly nothing wrong with a doctor talking up history as a hobby, questioning accepted dogma, and courting controversy.
But Nishioka's investigation is, to say the least, incomplete.
Nazism, apart from having wreaked its havoc within living memory, is one of the most thoroughly documented phenomena in history.
The Nazis were bureaucrats first, demons second -- they were compulsive record-keeners.
William L. Shirer, author of The Rise and Fall of the Third Reich, refers to "485 tons of records of the German Foreign Office, captured by the U.S. First Army in various castles and mines in the Harz Mountains just as they were about to be burned on orders from Berlin" -- to say nothing of "a vast bulk of (Nazi) secret papers (and) other priceless material such as private diaries, highly secret speeches, conference reports and correspondence, and even transcripts of telephone conversations..."
There is nothing in the Marco Polo article to suggest Nishioka ever tested his theories either on survivors or against this mountain of primary documents; instead he relies mainly on such tendentious sources as The Hoax of the Twentieth Century by Arthur Butz, whose title seems to promise precisely what Nishioka would want to hear.
ここで私たちはしばらく立ち止まって、ある程度の大局観を取り入れよう。
たしかに、一人の医者が歴史を娯楽のようにおしゃべりし、確立された定説に協議を呈し、論争を求めることに、まったく悪いことはない。
しかし西岡の調査は、控えめにいっても、不完全である。
ナチズムは、生々しい記憶の中に大惨事を与えただけでなく、歴史上最も徹底的に文書化された現象であった。
ナチスは悪魔である以前に官僚であった -- 彼らは強迫観念に取り付かれた熱心な記録者だった。
「第三帝国の興亡」の著者・ウィリアム・L・シャイラーは、「ベルリンからの命令でまさに焼却されようとしたまさにその時に、ハルツ山地のさまざまな城や坑道からアメリカ第1軍によって確保された、ドイツ外務省の485トンの記録」に言及する -- 「途方もない量の(ナチの)機密文書(と)、その他、私的な日記、極秘スピーチ、会議の報告書と往復書簡、さらには電話の会話を清書したもの…といった、金では買えないもの」についてはいうまでもない。
マルコポーロの記事には、西岡が自説を生存者や一次文書にあたって検証した形跡はまったく見られない。そのかわりに彼は、アーサー・バッツの"The Hoax of the Twentieth Century"(20世紀のいかさま) -- まさに西岡が知りたいと思っていることを与えそうなタイトルだ -- のようなとても偏向した情報源に、主に頼っている。
11
The "Final Solution" didn't mean extermination?
An Auschwitz commander by the name of Rudolf hoess, whose testimony at the Nuremberg International Military Tribunal Shirer quotes, apparently thought otherwise, for he said baldly enough, "The 'Final Solution' of the Jewish question meant the complete extermination of all Jews in Europe."
No gas chambers?
This same Hoess tells of being "ordered to establish extermination facilities at Auschwitz in June 1941."
「最終的解決」が絶滅を意味しなかった?
ルドルフ・ホスという名のアウシュビッツ長官は -- 彼のニュルンベルク国際軍事法廷での証言をシャイラーは引用するのだが -- 明らかに反対のことを考えている。というのもホスは「ユダヤ人の『最終的解決』の問題は、ヨーロッパの全てのユダヤ人の完全な絶滅を意味した」とあまりにも率直にいったのだから。
ガス室がなかった?
まさにこのホスが「1941年6月アウシュビッツに絶滅施設を建設するよう命令された」ことを語っている。
12
It was Hoess who claimed credit for discovering the lethal potentials of Zyklon B -- which had indeed been originally developed as a powerful disinfectant.
Again, as quoted by Shirer, he mentions another camp commandant who used monoxide gas, and continues, "I did not think that his methods were very efficient.
So when I set up the extermination building at Auschwitz, I used Zyklon B ... which we dropped into the death chamber from a small opening.
It took from three to 15 minutes to kill the people in the death chamber, depending upon climatic conditions ...
ツィクロンBの致死の可能性を発見した功績を主張するのはホスである -- 確かに、ツィクロンBは当初は強力な消毒剤として開発された。
シャイラーが引用したように、またしても、ホスが一酸化ガスを使った別の収容所所長について言及し、こう続けた:「私は彼の方法がとても効率的だとは考えなかった。
そこで、私がアウシュビッツに絶滅施設を建設するとき、私はツィクロンBを使った…これを、我々は小さい開口部から死の部屋に落下させた。
天候の状況にも依るが、死の部屋の人々を殺すには、3〜15分かかった…
13
"Another improvement we made over Treblinka was that we built our gas chambers to accommodate 2,000 people at one time, whereas at Treblinka their 10 gas chambers only accommodated 200 people each ...
「我々がトレブリンカを上回って行った別の改良は、我々が一度に2000人収容できるガス室を建設したことで、一方トレブリンカでは10ヶのガス室がそれぞれ200人ずつしか収容できない…
14
"We knew when the people were dead because their screaming stopped."
「叫び声がやんだので、人々が死んだことがわかった」。

この記事の翻訳について

次のスレッドの468-470に第一段落の翻訳と原文があり、参考にしました。
【Daily】毎日新聞英語版がひどすぎる 11【WaiWai】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1218065453/

現在、マルコポーロの記事を引用した最初の部分を翻訳しました。
また、記事の一部が画像では切れてしまっているようです。

作業中のため、協力をお願いします。

この記事の主題

  • 前年にマルコポーロ誌が廃刊になった原因の記事を紹介する。
  • 西岡医師の説はガス室ではなくシラミ駆除室だったというもの。

拡散情報

英語サイト
部分転載:http://www.discussanything.com/forums/showthread.php?t=1043

元資料

17061.jpg 17062.jpg 17063.jpg 17064.jpg 17065.jpg
  • 左から二番目の画像と三番目の画像の間には、撮影されていない部分があるため、画像の再度の提供が必要。


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。