英文の事件記事について

通常、英訳された記事には英訳記事へのリンクがあります。英訳された記事には原文(日本語)記事へのリンクがあります。
なお、日本語サイト、英語サイト共に、通常の記事の保存期間は1ヶ月です。8月10日に書かれた記事は9月10日に削除されます。
紙面で「特集」と呼ばれるテーマを決めて記事を書いたもの、婚外子の戸籍問題や戦争と平和を語り継ぐ記事はアーカイブとして長期間掲載されます。
WaiWaiもアーカイブとして長期間掲載されていました。


こちらの記事は英語の記事しかありません。


原文と思われる記事は関西地域の社会面記事だったようで、既に削除されていましたが、グーグルにキャッシュが残っていました。


これは関西地域の社会面記事でした。これらの記事は どないなっとんねん!アーカイブに収録されているのですが
他に、英訳された記事はありませんでした。
http://mainichi.jp/kansai/donai/archive/

女子高生が出会い系サイトを使って事件に遭うというのは、毎日新聞としては海外に発信する意義があったのかもしれません。

こちらはサンケイ新聞から
ノーリツ部長逮捕 女子高生に覚醒剤使用 兵庫県警
(2008年8月 2日 07:49)
http://www.sankei-kansai.com/2008/08/02/20080802-001405.html

毎日の英語サイトでの事件報道の傾向を、朝日や読売など英語サイトがある新聞のサイトで比較しようと思っていたのですが、
日本の新聞サイトは一定期間後、記事を消してしまう(有料のデータベースからの検索になる)ので、比較できませんでした。

都市部とかの大きい図書館だとデータベースがただで使える所があります。

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。