外人多数の「乱交カップル喫茶」潜入ッ

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Int'l crowd getting off on Hiroo's 'Dolce Vita' orgies

インターナショナルな連中が「甘い生活」 *1 乱交パーティーに熱狂

外人多数の「乱交カップル喫茶」潜入ッ

*2
1998,12,13
Shukan Gendai 12/9 By Mark Schreiber
週刊現代 12月9日号   By マーク・シュライバー

You wouldn't believe what goes on some weekend nights in Hiroo.
Neither did a reporter for Shukan Gendai, until he saw it with his own baby browns.
It seems that swank residential neighborhood in Tokyo offers Japanese and expatriates prurient recreational delights that would be home on the set of an X-rated film.
広尾で週末夜な夜な何が起きているかなんて信じてもらえないだろう。
週刊現代の記者も信じていなかった。自分の目でそれを見るまでは。
東京の高級住宅地で成人映画のセットの場となりそうな淫らな気晴らしの快楽が日本人と在日外国人に提供されているらしいのだ。

To give readers a peek into the goings-on at the establishment reputed to be the “best of its kind in Tokyo” Shukan Gendai secured the services of a reporter from a magazine covering the “pink” trade.
He made the scene on a Saturday night in late November accompanied by Keiko, his 25-year-old girlfriend.
読者が「東京でこのジャンル一番」と評される店での出来事を垣間見られるように、週刊現代は「ピンク」業界を扱う雑誌の記者の協力を得た。
記者は彼の25歳の恋人のケイコを同伴して11月下旬の土曜の夜に醜態を演じたのである。

Phoning the establishment after arriving at Hiroo subway station, he was directed to an apartment building a short distance away.
At the door, a hulking employee gave him a careful once-over before permitting him and his companion to enter.
広尾の地下鉄駅に着いた後に店に電話をすると、少し離れたマンションに向かうように言われた。
入り口で、記者とその同伴者の入店を許可する前に図体の大きな従業員が注意深く一通り彼をチェックをした。

“It costs 5,000 yen to join,” the doorman explains.
“The charges are 4,000 yen for the first hour, and 1,000 yen for each hour after that.”
The couple was admitted to a dimly illuminated room measuring about 33 square meters.
After finding a seat on one of six white sofas in the room and ordering drinks, they awaited the arrival of other couples, which included both Japanese and foreigners.
「入会金は5,000円となっております。」ドアマンは説明した。
「ご利用料金は最初の1時間は4,000円、その後1時間につき1,000円です。」
カップルは約33平方メートルほどの広さの薄暗く照らされた部屋に入った。
部屋の中の6つの白いソファのうちの1つに座り、飲み物をオーダーした後、2人は他のカップルの到着を待った。
日本人も外国人もどちらもいた。

Just after midnight, a Japanese male clad in the black garments that identified him as a denizen of the Roppongi district remarked,
“It looks like a lot of the people here tonight are first-timers. Actually, it's the first time for me too.”
丁度真夜中過ぎに、六本木方面の住人だと識別出来る黒の服をまとった日本人の男が言った。
「今晩初めて来た人が沢山いるみたいだね。実は、俺も初めてなんだけどさ。」

His date, a curvaceous gal bearing a marked resemblance to “Race Queen” model Reiko Takashima then smiled, stood up, thrust her hands up under her skirt and yanked down her panty hose.
She quickly proceeded to peel off her G-string and remove her bra, revealing a spectacular body.
She then sat on the floor facing the rest of the customers, legs bent at the knees to form a letter “M,” in a position that left nothing to the imagination.
その男の相手の、「レースクイーン」モデルの高島礼子にそっくりの曲線美の美しい女の子がその時微笑んで立ち上がり、スカートの下に手を突っ込んで、ストッキングを引っ張り下ろした。
彼女は素早くTバックを引き剥がし、ブラジャーを取り、目を見張るようなボディーをあらわにした。
そして残りの客に向いて床に座り、足を膝のところで曲げ、何もかもが丸見えの「M」字開脚ポーズをとった。

“You. Come join us,”the man formerly in black(but now stripped to his boxer shorts) gestured to another male customer, who, shedding his garments, eagerly abandoned his own date for a chance to apply fingers and tongue to the body of the Takashima look-alike.
The threesome were soon intertwined in a rapturous embrace.
「君。こっちへ来て一緒にやろう。」さっきまで黒い服を来ていた男が(今はボクサーパンツだけだが)服を脱いでいた他の男性客に手招きし、その客は高島似の女の体に指と舌を這わせるチャンスに躍起になって自分の相手を置き去りにした。
3人はすぐに激しい行為へともつれこんだ。

Watching the Japanese inspired the foreign couple to begin some heavy necking of their own, and soon the male's organ -- by this time engorged to dimensions that Shukan Gendai describes as analogous to a half-liter PET bottle -- had gained the admiring glances from the other participants.
Partners repeatedly changed,and between moans of ecstasy, the sound of condoms being ripped from their packets could be heard.
その日本人を見てその気になった外国人カップルが濃厚な前儀を始め、そしてすぐに男の股間 ーーこの時までに週刊現代が500mlペットボトルそっくりと描写する大きさまで充血していたーー は他の参加者から羨望のまなざしを集めた。
相手は繰り返し代わり、恍惚としたうめき声の中、コンドームがパッケージから取り出されている音が聞こえた。

Fully impressed,the reporter and his companion departed after 3 a.m., leaving behind the man in black, his lady friend, and their newfound pals still going at it.
“Tonight it really went well,”say the unnamed business's manager.
“ Tokyo has about 10 places like this for couples, but a lot of them are cheap and sleazy.
I think their owners just started the businesses because they were getting bored.
So the closing times also vary.”
すっかり感銘を受け、記者とその同伴者は午前3時過ぎに後をした。まだ励んでいる黒服の男と彼の女友達、そして彼らの新しく出来た仲間を後にして。
「今夜は本当に上手くいきましたね。」と、匿名の店のマネージャーが言う。
「東京にはカップルのためのこのような店が10軒ほどありますが、安くて品がありません。
経営者は(今までのセックス?商売?に)飽きて来ているのでこの商売をただ始めたんだと思います。
だから閉店時間は様々なんですよ。」

If you're feeling adventurous and can find a partner who's willing to go along, writes Shukan Gendai, then you too,can see how the other half plays in one of Tokyo's ritziest neighborhoods. (MS)
もし、冒険心を味わってみたく、一緒に行ってくれる相手が見つかるなら、あなたも東京の超高級住宅街の1つで自分と違う他人のセックスが見られるのだ、と週刊現代は書いている。(マーク・シュライバー)

元資料

19981213-1.jpg 19981213-2.jpg 19981213-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。