宅配業者を困らせる人妻、OL「昼下がり」迷惑

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。





Truckers deliver the goods to seductive ladies of the house

宅配業者たちは誘惑する人妻にお荷物をお届け

宅配業者を困らせる人妻、OL「昼下がり」迷惑

*1
Shukan Taishu (3/26)
By Mark Schreiber
Sunday March 11, 2001
週刊大衆(3/26)
マーク・シュライバー
2001年3月11日日曜日発行

From June through October last year, Wada-san, 24, worked part time driving a parcel delivery van to save enough funds to let him perform with a theater troupe.
During his five-month stint behind the wheel, the lanky and handsome youth was twice targeted for seduction by lusty female customers.
去年の6月から10月まで、和田さん *2 (24歳)は、劇団で活動するための資金稼ぎに小包配達用バンの運転手としてパートタイムで働いていた。
彼が運転手として *3 仕事をした *4 5ヶ月間に、痩身でハンサムな若者(である彼)は2度、強壮な(欲求の旺盛な)女性客の誘惑の対象にされた。

"The first time was about two months after I started," he relates to Shukan Taishu (3/26).
"I had to drop something off at a condo, but nobody was home.
I was writing a nondelivery notice to drop in the mailbox downstairs when the lady of the house, who was around 30 and quite a looker, pulled up on her bicycle with a basket full of groceries."
「最初は私が(仕事を)始めてからおよそ2ヶ月後でした」 と、彼は週刊大衆(3/26)に語る。 
「私はあるマンション *5 に配達しなくてはならなかったのですが、誰もいませんでした。
その家の女性(年の頃は30前後でかなりの美人)が籠いっぱいの食料品を載せた自転車を停めた時、私は階下の郵便受けに入れるための不在通知を書いているところでした。」

"When I asked her to sign the receipt voucher, I made the mistake of remarking that the apples she was carrying looked tasty, and she urged me to go upstairs to try one."
「受領書にサインを求めた時、私は彼女の荷物の中のりんごがおいしそうですねと話しかけるという間違いをしてしまいまいした。
そして彼女はおひとついかがと私に階上へ行くように(部屋に上がるように)促したのです。」

Other customers had presented him with cans of juice before, but never invited him to sit at their kitchen table while they peeled and sliced fresh fruit.
以前他の客から缶ジュースをもらったことはあった、しかし生の果物をご馳走になるために台所に招き入れられたことなどなかった。(しかし生の果物の皮を剥き切り分ける間台所のテーブルに座るようにと招かれたことは決してなかった。)

"She slid up right beside me in another chair and while talking, put her hand on my thigh," Wada recalls.
"I knew right then what was coming next."
「彼女は私の間近に椅子を寄せてきました。そして話しながら私の腿に手を乗せてきたのです。」和田は回想する。
「その時私は彼女が次に何をするかをわかっていました。」

He was right.
Remarking how hot the day was, the customer stood up, pulled off her top garment and went to lock the front door from the inside.
"Fortunately or unfortunately, I'd locked the van and taken the keys with me," Wada says.
"So I wound up reciprocating her gift of an apple with my 'banana.' "
彼は正しかった。
その客はなんて暑い日なのと言いながら立ち上がり、上着を脱いだ。そして玄関の内鍵を閉めに行った。
「運良くか悪くか、私はバンをロックしており、鍵も持ってきていました。」 和田は言う。
「そこで私は結局自分の ’バナナ’で彼女の贈り物のリンゴへのお返しをする事になった。」 *6

Their friendship was consummated with him seated at the kitchen table and her on his lap, her back turned toward him.
彼らの親交はキッチンテーブルに座った彼と、彼に背を向けて膝に乗った彼女とで達せられた。

"Let's keep it our little secret," she winked to him in parting.
「このことは私たちの小さな秘密にしましょう。」 彼女は別れ際に彼にウィンクした。

"Wives these days are something else," a 42-year-old veteran driver relates with a chuckle.
"I bet they come on to the younger guys all the time.
But of course they don't pay any attention to middle-aged men like me."
「近頃の女房族てのは何か別物だね」 42歳のベテランドライバーはほくそ笑みながら語る。
「賭けたっていいが、連中はいつだって自分より若い男に言い寄るんだ。
だけどもちろん、俺みたいな中年男には目もくれないのさ。」

Such juicy tales apparently abound.
Another driver named Kato, 28, was making a delivery to a residential area of Kawasaki when he inadvertently interrupted what was apparently a noontime tryst between a housewife and her paramour.
When he returned for another delivery two weeks later, the wife recognized him.
そのような興味深い話は一見してごろごろしている。
別のドライバー(28歳で名前は加藤)は、川崎の住宅地で配達をしていた。
彼が偶然にも邪魔をしてしまったのは、ある主婦とその(不倫相手としての)恋人の真昼の逢瀬であった。
その2週間後、彼が別の配達で(その家に)戻った(再び行った)際に、その主婦には彼が誰だか分かった。

"Wait a minnit willya," she said.
"I wanna make sure that they got the order right."
And she popped open the mailing envelope.
「ちょっとまってくれる?」 彼女は言った。
「私、彼らが正しく注文を受けたかどうか(注文通りか)確かめたいの。」 
そして彼女は届いた包みを引き裂いて開いた。

"It was a two-piece negligee she'd ordered through the mail," Kato recalls.
"She murmured, as if thinking out loud, 'Such a delicate item, yet so expensive.' "
「それは彼女がメールオーダーしたツーピースのネグリジェだった。」 加藤は回想する。 
「『こういうデリケートなものって、すごく高いのよね』 彼女は声に出して考えているように、ぶつぶつ言った。

The next thing he knew, Kato was sipping tea at the table.
Soon thereafter, she had literally bowled him over into a horizontal position.
加藤はテーブルでお茶をすすっていた。その次(に起こる事)を彼は分かっていた。
そのすぐ後に、彼女は彼を文字通り平らにのした。(押し倒した)

"The whole thing was straight out of a B-grade porno film," Kato grins.
「すべてはまるきりB級ポルノ映画だった。」 加藤はニヤリとする。

Those entrusted with picking up shipments are also targeted by these female predators.
One driver, who regularly loaded shipments from a small native handicrafts workshop, found himself alone with the patron's wife when he suddenly felt her arms wrapped around his torso.
それらの集荷を任された者たちもまた、これらの女(雌)プレデターの標的にされる。 *7
小さな天然手工芸工房から定期的に荷物を積み出していたあるドライバーは、彼の胴に回された上得意客の妻の手を突然感じて、彼女と二人きりであることに気づいた。

"Then I heard this hoarse whisper, 'I really like you,' beside my ear," he says incredulously.
"And her husband was there working in the shopout front; how brazen can you get?"
「その時私は耳元のかすれたささやきを聞いたんです、’あなたがほんとに好き’と。」 彼は信じられないとでもいうように言った。
「そして彼女の夫は目の前の店で仕事をしていたんですよ。どうして厚かましくなれますか?」

Parcel delivery services have become increasingly user friendly and convenient.
But in the present dog-eat-dog business climate, Shukan Taishu concludes, it would seem some drivers can be really hard-pressed to provide that "extra something" to keep their customers satisfied.
宅配便はますますユーザーフレンドリーで便利になった。
しかし現在の熾烈な競争傾向においては、顧客の満足を維持するための「おまけ」を提供するよう、ドライバー達は強いられているのではないだろうかと、週刊大衆は結論付けている。

元資料

20010318-1.jpg 20010318-2.jpg 20010318-3.jpg 20010318-4.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。