毎日新聞の不買運動


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



毎日新聞の購読を解除する

今現在、自宅や実家などで毎日新聞をとっている場合、これを機に解約してしまうのも一つの有効な手段です。
毎日小学生新聞と毎日中学生新聞も忘れずにお願いします。 

そしてせっかく解約するのなら、より効果的な方法で行いましょう。

760 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/23(月) 05:40:47 ID:7mGjDJ6W0
ガイシュツだったらごめん。

万が一毎日新聞を購読中で、
講読休止or他紙に切り替えをしても大丈夫なら
一時的にでもかまわないから、毎日新聞の購読をやめたり
周囲に不買運動を広めてみたらどうかな。
とりあえず実家が毎日なので、今日地元紙へ3ヶ月切り替えてみないかと打診するつもり。
(3ヶ月試して地方紙で問題ないようならそのまま地方紙を講読してもらう)

あとコールセンターで以前働いてた経験があるけど、
販売店ではなくて、本社のお客様センターみたいなところへ
直接講読停止の電話を理由つきで添えたほうが上に声が届きやすい。
そのときに、ぜひ上に伝えてくれ、というように強く言わないと
オペレーターの残すメモにちゃんと残らない可能性がある。

(以下略)

777 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/06/23(月) 07:38:45 ID:GcUfgAsk0
毎日を解約する場合のポイント
必ず新聞社の読者サービス課で解約を伝えることというのもつけてくれ
新聞社としたら客の取引のあるのは新聞社と取引のある販売店という感覚なんだよ
新聞社は販売店に紙を卸せば、後は新聞販売店が売ってるだけという感覚
販売店の購読者が100減っても紙を100切らしてくれるわけじゃない
だから必ず契約している販売店に連絡してくださいといわれますが
お前らが原因なんだからそちらで連絡しろと言う事
こういった契約解除はいやがるんだよ

時間帯によっては電話代行業者がうけてるだけだったはず

契約期間残っていてもあきらめない

965 :可愛い奥様 :2008/06/29(日) 13:32:41 ID:svumApuF0
>>509
契約期間残ってるのがネック・・・と思いながら、販売店に解約を申し出た。
かくかくしかじか・・・解約したい理由を説明しても、販売店のおっちゃんは何のことだかわからなくて、
解約を聞き入れてくれない。
記事についての苦情だったら支社の編集部に問い合わせてくれという始末。
おっちゃんの理解の足しになるのだったらと支社にTELして、「契約途中であっても、
私の示す理由が解約するための正当な理由になり得るか?」
と尋ねたら、それでも購読契約は紙面についてのことだから、ネット記事とは関係ないの一点張り。
どうしても解約したいから、ここからはゴリ押し。
日本新聞協会の新聞倫理綱領の中に、「編集、制作、広告、販売などすべての新聞人は、その責務をまっとうするため、
また読者との信頼関係をゆるぎないものにするため、言論・表現の自由を守り抜くと同時に、自らを厳しく律し、
品格を重んじなければならない。」
とあるが、要するに今回、「言論・表現の自由」を貴社が履き違え、品位のかけらもない記事を垂れ流したことについて、
一読者である私が不快感を持った。
つまり、相互の「信頼関係」が失われたのだからご破算にするしかないでしょjと。
何も知らない販売店のおっちゃんは私からの折り返し電話で納得したらしく、解約に応じてくれた。

その後、販売店の方でも本社に確認したらしい。
ご丁寧にも翌日やってきて、何のためにそんな記事を書いたのか本当に解せないと、延々本社批判をして帰っていった('A`)
販売店もとんだとばっちりを食ったものだ。

「○○毎日新聞」は系列会社か?

756 :可愛い奥様 :2008/06/29(日) 12:22:00 ID:buzRtbg90
混乱を避けるために一応メモ

毎日新聞系列:
 福島民報
 下野新聞
 宮古毎日新聞
 八重山毎日新聞

毎日新聞と直接関係なし:
 信濃毎日新聞
 十勝毎日新聞

毎日新聞のシェア、奈良、山口は、なんと20%以上

朝毎読日経 VS 地方紙のシェア争い[独占入手 都道府県別発行部数一覧](FACTA 2007年7月号)
http://facta.co.jp/article/200707008.html

無料な代替サービス

リクルートがお届けする無料宅配サービス
http://townmarket.jp/MP/touroku/

リクルートがエリア拡大する番組表無料宅配に新聞業界激震 (週刊ダイヤモンド編集部 2009年04月22日)
http://diamond.jp/series/inside_e/09_04_25_003/
リクルートが地域限定で行なっている新事業「タウンマーケット無料宅配サービス」に新聞業界が神経をとがらせている。これは週刊テレビ情報紙と地域のチラシを1週間分まとめて、毎週金曜日に無料で宅配するというサービスで、エリアを急速に拡大しているのだ。
すでに2008年3月、東京都町田市、神奈川県相模原市で先行実施しており、09年1月には横浜市、川崎市に拡大、5月からは東京都世田谷区、中野区、杉並区、目黒区、品川区、大田区でサービスを開始する予定だ。

新聞関連の資料集


データが増えたため、ページ分割しました。
新聞関連の資料集」へどうぞ。


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。