名物館長が語る名簿業界のアブナイ裏側

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。





Personal data lists available to anyone - for a price

誰でも金儲けに利用できる個人情報名簿

名物館長が語る名簿業界のアブナイ裏側

*1
1995,9,3
Personal data lists available to anyone - for a price
Shukan Asahi 9/8

Tokyo is home to many small,specialist libraries.
One of the most peculiar among them is the Meibo Toshokan(List Library) in Shinbashi.
The facility,the only one of its kind in Japan,is stocked with internal-use-only lists of personal data obtained from anonymous sources.
東京は、多くの小さな、専門的な図書館の土壌です。
その中でも一風変わっているのが、新橋にある名簿図書館(リスト・ライブラリ)です。
この施設は、匿名の情報筋から調達された、大っぴらには使われないことを前提とした個人情報の名簿を貯め込んでいる、
この手のものとしては日本で唯一の施設です。

Operated on a commercial basis,the library avails otherwise *2 confidential data for a fee to members and outside users who wish to photocopy the lists.
Shukan Asahi introduces this unknown data house popular among the desperate.
商売目的で経営されているので、この図書館は言い換えれば、機密の情報を複写したいと願っている会員や外部利用者へ
有料であてがっているのです。
この未知の情報屋は、個人情報が欲しくて堪らない人間の間ではよく知られているのだと、週刊朝日は紹介します。

Those in dire need of information include parties on both sides of the law.
これらの情報に向けられる恐ろしい需要は、法の両極にある組織の両方から発せられているのです。

According to the magazine's article,which quotes Meibo Toshokan's founder and director Takeo Tamura,both the AUM Shinrikyo and police have been users.
この雑誌の記事によると、名簿図書館の設立者であり館長でもあるタケオ タムラの言葉を借りれば、オウム真理教と警察の両方が、
名簿図書館の顧客だそうです。

The cult once bought a list containing names and personal data of 30,000 university students majoring in natural sciences from Tamura's facility while investigators from the Metropolitan Police Department frequently visit in search of personal data that can help them in criminal investigations.
この狂信的教団は、以前、自然科学を専攻している3万人の大学生の名前と個人情報を含む名簿を、タムラの施設から買いました。
その一方で、警視庁の捜査員は、彼らの犯罪捜査の助けとなる個人情報を探し求めて、足しげく訪ねてくるのだそうです。

According to Tamura,exposure of many criminal activities by AUM during the past six months have resulted in a sharp rise in the number of visitors from the mass media.
They come to his library looking for telephone numbers and addresses of people who used to study or work with AUM executives.
タムラによると、過去六ヶ月間にオウム心理教による犯罪活動が数多く摘発されたことが、マスメディアから来た外部利用者数を急激に増やす結果を
生んだそうです。
マスコミは彼の図書館に、かつてオウム真理教で学んでいたり、働いていたことのある幹部クラスの人々の電話番号と住所を探し求めに来るのです。

Other leading clients,notes Tamura,are real estate agents and university seniors desperately looking for a job.
Tamura informs Shukan Asahi that securities companies used to be major clients,but they stopped visiting for information in the wake of the burst of the economic bubble.
タムラによると、他の主だった顧客は、不動産業者や、喉から手が出るほど仕事を欲して探している大学四年生です。
タムラは週刊朝日に、証券会社はかつて主要な顧客だったが、バブル崩壊を受けた後は、彼らが情報のために来店することがなくなったのだとも
知らせます。

According to the magazine,Tamura's facility presently owns about 10,000 lists which contain names and personal data of about 150 million people.
この雑誌によると、タムラの施設は目下、約一億五千万人の人々の名前や個人情報を含んだ情報を連ねた、約一万件の名簿を所有しているそうです。

Naturally,some of the lists are more unusual than others.
More peculiar ones list such unusual groups as housewives who shop at smaller department stores,karaoke lovers,women managers of hostess bars in Ginza,participants in matchmaking parties and those who refused to pay NTT.
勿論、その中には、より珍しい名簿もいくつかあります。
特に特殊な名簿は、より小さい百貨店を好んで買い物する主婦、カラオケ愛好者、銀座のホステスバーの女性経営者、お見合いパーティーの参加者、
そしてNTTへの受信料の支払いを拒否した人々、などの珍しいグループの情報を記しています。

Tamura tells Shukan Asahi that he often has little idea what his needy customers buy the data for.
As examples of some of the odd ones,Tamura cites the acquisition of a list of female company presidents by a leading
construction company and procurement of a roster of salaried workers planning to purchase a house by a men's clothing manufacturer.
タムラは週刊朝日に、名簿を病的に欲している顧客たちが、何のためにデータを買うのかということは、大抵の場合ほとんど知らないよ、と語ります。
タムラは、奇妙な例の内のいくつかだとして、主要建設会社が女性社長の名簿を入手したいと依頼してきた件、紳士服メーカーが、自宅を購入しようと
しているサラリーマンの勤務日程表を欲しがっていた件などを挙げます。

What Tamura does know from experience is that lists of women are more valuable than those of men--at least among those who pay him to see and copy lists.
Tamura reasons that women's tendency to keep their personal information secret contributes to higher value of lists supplying such data.
タムラが経験上、知っていることは、女性の名簿には男性よりも高い値が付くということです。
少なくとも、タムラに名簿を見て複写することni対価を支払う人たちの間では。
タムラは、女性は自らの個人情報を護ろうとする傾向にあることが、それらの秘された情報を提供する名簿に高値がつくことの一因となっているのだろうと推察します。

Tamura will upgrade his data service this month with the commercial launch of a composite list of 3.3 million Tokyo residents complete with their address,phone number,data of birth and place of work.
タムラは、東京居住者330万人の住所・電話番号・生年月日や勤務地などの情報を載せた情報複合名簿を完成させて商売を広げることで、彼の情報提供業務を今月からアップグレードさせるつもりです。

This original list,which Tamura compiled from hundreds of source lists,is intended to help mail order companies reduce mailing expenses.
タムラが何百もの情報源から創り上げたこの独自の名簿は、通信販売会社の支払うメール送信代金を削減するために使われます。

The list business pioneer says he will limit users to library members and visitors with respectable backgrounds such as schools and listed companies.
Tamura is glad to explain the intended use when a listed person visits(TI)
この図書館の会員と外部利用者を、教育関係者や一部上場企業の会社関係者のような社会的地位のある経歴の持ち主に限定していくつもりだと、この名簿ビジネスの開発者は語ります。
名簿に記載されてしまっている人が訪れた時に、名簿のそういった使われ方を説明することがタムラにとってなによりの悦びなのです。 (タケシ イトウ)

元資料

19950903.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。