Japan goes Love Child crazy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




この記事はwaiwaiではなく、Featuresというコーナーの記事です。

Features
MDN文化・生活面の特集記事。通常の新聞記事であるが、性犯罪や日本の異常性を紹介したようなニュースが多く、コネル記者も多く執筆している。現在確認できる記事は2001年4月19日が一番古い。この4月19日付けで17もの記事が配信されているので、オープンまたはリニューアルオープンの時期と思われる。


題材:愛子内親王 命名の儀

記事対訳

Japan goes "Love Child" crazy
日本は私生児に熱狂している

Mainichi Shimbun
毎日新聞

Dec. 8, 2001
2001年12月8日

Princess Aiko, pictured in her mother's arms, has already roused a royal rush
[写真キャプション]母親に抱かれる愛子さま。すでにブームの元となっている。

Princess Aiko, the newest member of the Imperial Family, has already given birth to a couple of booms though being born herself barely a week ago.The princess, whose name, given to her Friday, is made up of the characters for "love" and "child," has sparked unprecedented popularity of products and places that share the same characters.
愛子さまは皇室の最も新しい一員であり、かろうじて人の手をほとんど借りずに生まれてきましたが、すでにいくつかのブームを生みだしていました。
金曜に殿下は「愛子」という名前を授かりましたが、それにより同じ字を持つ商品や地名が未曾有の大人気となりました。

They're the latest beneficiaries in a wave of products or services that have popped up with unexpected success since the princess made her long-awaited appearance into the world on Dec. 1.
12月1日に愛子さまが長らく待ち望まれて生まれてきたことで、思いがけない成功を収めて瞬く間に有名になった商品の波の中でも一番新しく利益をうけた商品やサービスでしょう。

With Princess Aiko making her public debut Saturday afternoon as she left the Imperial Household Hospital together with her parents, Crown Prince Naruhito and Crown Princess Masako, "Princess Aiko Fever" is expected to heat up even further.
愛子さまは土曜日の午後にご両親の徳仁さま、雅子さまと共に宮内庁病院を退院し、公的デビューを果たしましたが、「愛子さまフィーバー」はさらに高まると予想されます。

Early Saturday morning, crowds started flocking to Ayashi Station in Sendai to buy tickets.The station uses the same characters as Princess Aiko's name.Tickets bought there can also be read as "Aiko Station."
土曜日の早朝、仙台の愛子(あやし)駅には切符を買い求める人々が殺到しました。この駅名には愛子内親王と同じ字が使われています。ここで買った切符は「愛子(あいこ)駅」とも読めます。

Though the station would normally sell only about two tickets a day that allow access to the platform only, it sold 6,500 on Friday alone. "We're delighted to share the same name as the new princess," stationmaster Yoshihiro Sumida says.
普段、この駅の入場券は1日にだいたい2枚くらいしか売れないのですが、金曜日だけで6500枚が売れました。
「新しい内親王殿下と同じ名前で喜んでいます」と、墨田善祐駅長は語りました *1

Those searching for tickets Saturday started lining up at about 5 a.m. Some came from faraway prefectures such as Toyama, Tochigi, Fukushima and Yamagata. By 9 a.m., the station was packed.To avoid becoming overcrowded, station officials would allow ticket buyers to buy four tickets at a time.Many people would buy the tickets then head to the rear of the line again to queue for more tickets.
土曜日に切符を求める人の列は午前5時ごろから増え始めました。富山・栃木・福島・山形などの遠方からやってきた人もいました。
午前9時までには駅は人でいっぱいになりました。混雑をを避けるために、駅の職員は1度買える切符は4枚までとしました。
多くの人が切符を購入しては、さらに買うためにもう一度列の後ろに並んだことでしょう。

"I want to buy 12 tickets, including some for my friends," says Kayoko Aizawa, 53, a public servant from Mikawa, Tochigi Prefecture."I really wanted to buy even more, though."
栃木県三川町の公務員、相沢カヨ子さん(53)は「私の友人たちの分も合わせて12枚買いたいと思います」と話しました。
「もっとも、本当にもっともっと買いたかったですけどね」

Yakushima island in Kagoshima Prefecture has gotten into the Aiko spirit more than most.Aiko is the name of the island's locally produced and nationally renowned potato-based vodka.
鹿児島県の屋久島では愛子さま熱に他よりも興味を持っていました。
「愛子」とは屋久島の一部で作られていて全国的に有名な芋焼酎です。

Employees at Terada Shoten, a liquor seller with a monopoly of sales of Aiko on the island, have been swamped with orders since the announcement of the new princess' name. "When I saw the new princess' name come up on the television I didn't know whether to be surprised or delighted," Rinko Terada, the store's proprietor, says."Since then, people living around the store have been coming in buying five or 10 bottles, saying they've been asked to get it for relatives."
新内親王の名前が発表されてから、島で「愛子」を独占販売する寺田商店の従業員は注文に追われています。
「新しい内親王殿下の名前がテレビで話題になっていたのを見たとき、自分でも驚いたのか喜んだのかよくわかりませんでした」と、
店を経営する寺田りん子さんは言います。
「それ以来、店の周りに住んでいる人々が親戚に頼まれたと言って、5本、10本と買いに来ています」

Terada Shoten worked with a local sake brewer to develop the spirit as a way to combat sales from larger liquor firms. Aiko vodka is named after Mount Aiko, a mountain on Yakushima.
寺田商店は大型酒店への対抗手段として地元の酒造家と手を組んで開発を行っていました。芋焼酎「愛子」は屋久島の山の一つである愛子岳から名付けられました。

Others have found Princess Aiko's birth a boon.
他のことでも愛子さまの誕生が恩恵であるとわかります。

To commemorate Princess Aiko, a Tokyo department store gave away free oak tree seeds for the first 500 shoppers to arrive."There's a tradition to plant a tree to celebrate the birth of a child," a store employee says."We would like to see Princess Aiko grow up to be strong and healthy."
愛子内親王御誕生を記念して、東京のある百貨店は買い物客先着500人に無料でドングリの木の種を配りました。
「子の誕生を祝うために木を植えるという、伝統があります。」と、店員は言います。
「愛子内親王が強く、健康に育ってほしいと思っています」

Since the princess' birth last week, Hotel Tokyo in the capital's Minato-ku has been offering couples that hold their wedding reception there a free banquet using a menu that would normally be served to the Imperial Family.Dishes are based on materials ordered by the Imperial Household Agency.Five couples have feasted on the meals so far. "From now on, we want to take extra special care preparing foods we offer to celebrate a joyous occasion for the Imperial Family," a hotel spokesman says.
先週の愛子さまの出生以来、東京都港区のホテル東京では、披露宴を行うカップルに対して、普段は皇室にお出しするような晩餐を無料でサービスしています。
料理は宮内庁御用達の材料を用いているとのこと。
今までのところ、5組のカップルがこのごちそうを食べました。
「これからも特別に心を込めた料理で皇室の慶事をお祝いしたい」と、ホテルのスポークスマンは言います。

Of far more common fare, but still maintaining the festive mode, are boxed lunches being sold at stations along the JR Tokaido Shinkansen Line for bullet trains.
もっと一般的な料金では、いまだにお祭りモードを維持していますが、JR東海道新幹線本線の各駅で売られる駅弁です。

Although JR Diner Tokai, the company making the boxed lunches, called them "Celebratory Lunches" to commemorate the completion of construction on the factory where they are produced, that hasn't stopped people in their droves from buying them.
ジェイダイナー東海 *2 は弁当を作る会社です。弁当の工場の竣工を祝って「お祝い弁当」と呼んだのですが、そんなことは人々が群集となって弁当を買いにくるのを止める理由にはなりません。

Although originally meant to go on sale next week, the company decided to market them earlier to meet the naming Friday of Princess Aiko.It sold a whopping 400 lunches Friday alone. "Many people bought them thinking we were celebrating the new princess," a JR Diner Tokai spokesman says.
元々、次の週に販売することが予定されていましたが、同社は金曜日の愛子さまの命名の儀に間に合わせるために、より早く売り出すと決めました。
弁当は金曜日だけでなんと400食も売れました。
「多くの人々は私たちが新しい内親王殿下を祝っていたと思って買ったんでしょうね」と、ジェイダイナー東海のスポークスマンは言います。

記事の問題点:愛子様を私生児呼ばわり

514 名前: 可愛い奥様 Mail: 投稿日: 2008/08/24(日) 09:25:36 ID: 0WdKQebJ0
>>507
最初、Japan goes "Love Child" crazyという見出しが目に入って
えええええっ!?となりました。
そうです、危惧されている通り、完全にミスリード狙っています。
love childは今でも私生児という意味で使われています。
もしかすると、愛子ってlove childじゃん、よおしこのネタ使っちゃえ、かも知れませんが、
全く言い訳になりません。

愛子様のお名前というか、存在すら知らなかった旦那にタイトル見せてみました。
「日本では不倫の末に私生児を産むのが大ブームになっている」
と解釈してくれました!
欧米では結婚しないカップルが増えていますので、love child=不倫の末に、というイメージになっちゃいます。

もし愛子様や雅子様のことを既に知っている外国人があの記事を見たら、
写真と見出しを合わせて見て、「どっちかの愛人の子!?」と一瞬でも思ってしまう可能性はありえますね。

go crazyには悪い意味はありませんが、熱狂する対象が悪いイメージのものだったら、ね?

記事をザッと読みましたが、内容自体は問題はないと思いますが、見出しが見出しなので、
この記事を書いた人は愛子様ブームに熱狂する日本人を馬鹿にしているように見えます。

見出しの訳は、私生児という言葉を入れてください。だって、そういうつもりでつけていますから。 

66 :名無しさん@一本勝ち:2008/08/26(火) 13:40:15 ID:/zPkxUq00
>>1 
愛子様を私生児呼ばわりする毎日新聞

390 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/08/26(火) 11:58:19 ID:aGM/zY5j0 
元記事発掘人さんの活躍で元記事が次々発見されています。 
その中でも元記事発掘人さんや私たちを怒らせたのは、 
「フラッシュの袋とじ記事を使っている」という事実の発覚です。 
袋とじはどういうものかご存知ですよね?

Waiwaiではありませんが、Featuresというコーナーで 
愛子様誕生フィーバーについての記事のタイトルが 
Japan goes Love Child crazy 
となっていました。愛子様のお名前をlove childと直訳しているのですが、 
love childとは私生児という意味です。愛子様を私生児呼ばわりしたのです。

そちらは残暑も厳しいでしょうが、粛々とうっかり口コミに励まれてください。 
また、情報交換スレでは、翻訳人、元記事検証人も大絶賛募集中です。 
奮ってご参加お願いします。 

391 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/08/26(火) 12:00:07 ID:2AOqcIRV0 
>>390 
あらひどい。 
Japan goes Love Child crazy 
これはタイトルだけ見ると、私生児が流行っているみたいな 
ニュアンスになりませんか? 
そういう誤解も狙っている? 

407 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/08/26(火) 13:05:03 ID:2AOqcIRV0 
>>404 
メカケというより父無し子? 
父親不詳というイメージなんで、更に悪いですよ。 
皇族かどうかを疑っているというニュアンスだから。 

基になった毎日新聞紙面

  • 愛子さまと退院...雅子さま、輝く笑顔 沿道の人々、祝福の声--各地で「命名特需」
2001.12.08 東京夕刊 9頁 (社会欄)
(東海道新幹線のお弁当のエピソード以外はこの記事から)
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome?cmd=upload&act=open&pageid=1153&file=2001-12-08_s.jpg

※関連記事(毎日新聞紙面)2001.12.07〜12.08
  • 新宮さま、お名前決まる 命名も二人三脚、誕生前から準備--伝統踏まえ「新しさ」
2001.12.07 中部夕刊 7面 (社会欄)
  • 「愛子ブーム」到来か 親しみやすくつけやすい--新宮さま「敬宮愛子さま」と命名
2001.12.07 西部夕刊 11面 (社会欄)
  • 「敬宮愛子さま」命名も二人三脚--皇太子さまと雅子さま、誕生前から準備
2001.12.07 東京夕刊 13面 (社会欄)
  • 「敬宮愛子さま」 新宮さま、お名前決まる--命名の儀、出典は「孟子」
2001.12.07 東京夕刊 1面
  • 雅子さまと愛子さま、退院--ともに健やか
2001.12.08 東京夕刊 1面
  • 敬宮さまご誕生を記念、まんじゅうが人気--秋田 /秋田
2001.12.08 地方版/秋田 27面
  • 新品種のバラ、「ハイネス愛」に...敬宮愛子さまにあやかり命名--岐阜県の農業技研
2001.12.08 中部朝刊 26面 (社会欄)
  • 敬宮愛子さま、きょう退院--半蔵門から新宿通り
2001.12.08 東京朝刊 31面 (社会欄)
  • 雅子さまと愛子さま、きょう退院
2001.12.08 東京朝刊 1面
  • [特集]お名前は敬宮愛子さま(その1) 皇室の育児も様変わり
2001.12.08 東京朝刊 25面 (特集)

関連ページ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。