『イクイク病』について


"イクイク病"とは


"イクイク病"とは『持続性性喚起症候群』の俗称である。
英語では、『Persistent Sexual Arousal Syndrome (以下PSAS)』あるいは『Persistent genital arousal disorder』である。
2001年にサンドラ・レイブラム博士により発見された ( Wikipedia )。
また、患者の支援団体『 PSAS Support 』も存在する。



"イクイク病"時系列まとめ


WaiWaiで下記の二回にわたって取り上げられている、"イクイク病"についてWEB等から得られる情報をまとめてみました。
1回目
"Deadly 'iku iku byo' reaches a climax" 執筆:ライアン・コネル
「致命的な'イクイク病'は頂点に達している」(2006年11月15日配信)
『週刊ポスト』2006年11月24日号から翻訳

2回目
"Japanese women are sexually sick as they come” 執筆:ライアン・コネル
「日本の女性はイきすぎで病気だ」 (2008年1月29日配信)
『週刊プレイボーイ』2008年2月4日号から翻訳

2001/07/01

PSASに関する論文が発表される ( 参照 )。
Leiblum, S.R. & Nathan, S.G. (July 1, 2001). "Persistent Sexual Arousal Syndrome:
A Newly Discovered Pattern of Female Sexuality". Journal of Sex & Marital Therapy 27 (4): 365?380.

2003/11

『PSAS Support』発足

2003/11/11

ボストン大学でPSASに関する調査が行われる
Sexual syndrome that takes joy out of life ( 魚拓 )

2005/03/09 (発行日)

コミック裏モノジャパン Vol.15 (裏モノジャパン 2005年3月号増刊, 2005年3月9日発行, 鉄人社)に「私はイクイク病の女」(p.258-271)が掲載される。
PSASの症例を元にしたと思われるフィクションであり、後述の「らぶぼにーた」の投稿と内容がほぼ同じである。

2005/10

+ ...
「らぶぼにーた」に"自称イクイク病患者"の投稿が掲載される。
本当にあった私の体験談 VOL.49「これはもはや、快感というより拷問。私は“イクイク病”の女。 ( 魚拓 )
内容が上述のコミックとほぼ同じであり盗作であると考えられる。
最後のソープの話のみオリジナルだが、これは「らぶぼにーた」が「ソープランド風俗求人サイト」であることから投稿者が付け加えたと思われる。

2006/03/24

The RYOAL SOCIETY of MEDICINEの発表。
サンドラ・レイブラム博士、デヴィッド・ゴールドメイヤー博士と共著でPSASに関する論文を発表 ( 魚拓 )
‘Persistent genital arousal in women - a new syndrome entity’by D Goldmeier and S Leiblum is published in the April
issue (Vol. 17) of the International Journal of STD and AIDS.
  • ttp://www.rsm.ac.uk/media/downloads/06-04jgoldmeier.pdf

これを受け、MSNBCが報道。
Rare syndrome causes female sexual overdrive

X51_ORGが翻訳
日常的に性交の快感が続く ”持続性性喚起症候群” ( 魚拓 )
参考リンク に、一日におよそ300回のオルガスムを感じるという、PSASの患者ミシェル・トンプソン (Michelle Thompson)さんが紹介されている。 ( 魚拓 )

2006/11/24 (発行日)

週刊ポストが"世紀の奇病?「24時間どこでもオーガズム (イクイク病)女性たちの壮絶」"を掲載
"イクイク病"の症例として、らぶぼにーたの投稿及びX51_ORGの報道からの引用とおぼしきものが紹介されている。
┃女性特有のこの奇病は日本でもブログなどで"イクイク病"とネーミングされ。一般の女性にも少しずつ認知されるようになった。
とあるが、出典は不明。
以降は、レイブラム教授、PSAS Supportの代表人ジャニー・アレンさんのインタビューと続く。
虎ノ門・日比谷クリニックの山中秀男医師の意見も聞いている。
また、漫画家の成田アキラ氏がPSASかもしれない女性計15人と会ったことがあると紹介している。
詳細は下記。

+ ...

2006/11/15 第1回被害

「致命的な'イクイク病'は頂点に達している」
WaiWaiで変態翻訳され世界に配信。
週刊ポストでは推測だった部分が断定表現になっており、また元記事にはない記述が挿入されている箇所もある。
あたかも"イクイク病"の日本人女性が増加しているかのように印象操作されている。

2007/11/04

NEWS OF THE WORLDが報道
Woman has 200 orgasms a day
PSAS患者サラ・カーメン (Sarah Carmen)さんのインタビュー

2007/11/08

(翻訳) 一日に200回オーガズムを迎える英女性―持続性性喚起症候群 ( 魚拓 )

2008/02/04 (発行日)

週刊プレイボーイが"推定患者数12万人以上!? 女のコの"イクイク病"ってナンだ?"を掲載
X51_ORGとNEWS OF THE WORLDの報道内容を紹介。
「らぶぼにーた」の投稿を紹介。
アンケートで"同じ経験をしたことがあるか?"との設問にイエスと回答したユーザーが、のべ12万人いることを受け、『潜在的"イクイク病"患者が、この日本でも人知れず苦しんでるというのか…!?』
"のべ"と書いていることから分かるように、暗に信憑性が低いことを匂わせている。
医学関係者をしらみつぶしにしたが実症例はないと記述。後は数人に意見を聞き、記者の推測を載せている。

2008/01/29 第2回被害

「日本の女性はイきすぎで病気だ」
WaiWaiで変態翻訳され世界に配信。
週刊プレイボーイが「12万人の女性がこの病気にかかっている」と"推測"していることになっている。また週刊プレイボーイがPSAS患者として紹介しているのはX51_ORGとらぶぼにーたの2例のみであり実際に患者と接触することはできなかった関わらず、WaiWaiは週刊プレイボーイが実際に複数の日本人患者と会ったかのよう見せかけている。
このように、あたかも日本では"イクイク病"が流行しているかのように印象操作されている。
詳細はリンク先の検証結果をお読み下さい。


関連情報


参考:上記以外のサンドラ・レイブラム博士の論文
World Journal of urology (2002/06)
Psychotherapeutic interventions for treating female sexual dysfunction. ( 魚拓 )
The Medical Journal of Australia (2003/03/27)
Sexuality Arousal disorders in women: complaints and complexities

PSAS患者のインタビュー動画
Chick has 70 orgasms a day (2008/04/09)

漫画実話ナックルズ11月号vol.44 (2006年9月16日発売)に"イクイク病"を題材とした漫画が掲載されているようです。
漫画実話ナックルズ より
11月号vol.44 2006年9月16日発売
ワイド特集 あなたを襲う現代の奇病
●霊能者病/笑い病/イクイク病/キンタマ肥大病


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。