オカマ戦線異状あり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Violence among Shinjuku's gay prostitutes on the rise

新宿の男娼の間で、暴力が蔓延していっている

オカマ戦線異状あり

*1
オカマ戦線異状あり 1995,10,08
Violence among Shinjuku's gay prostitutes on the rise
新宿の男娼の間で、暴力が蔓延していっている

Shukan Bunshun 10/5
週刊文春 10/5号

With 400 to 500 gay bars,Tokyo's Shinjuku 2-chome area had long been a haven for Japan's homosexuals.
But the feeling of safety and comfort the neighborhood guaranteed to secretive gay men may be a thing of the past.
Shukan Bunshun reports on growing cases of violence among gay prostitutes in the area.
東京の新宿二丁目は、400から500件のオカマバーが並ぶ、古くからある日本の同性愛者たちの憩いの場です。
しかし、日陰ものの同性愛者の男性にとって、この近辺が安全で安らげると感じられることが保証されていたのは、おそらく過去のことです。
週刊文春は、この地区での同性愛者の男娼の間での暴行事件が増加しつつあることを報告しています。

Before describing what is happening,the magazine gives the novice reader a concise explanation of the prostitution system peculiar to this neighborhood.
Called urisen,the system consists of pickup bars,young male prostitutes hired by these bars and their homosexual customers.
Urisen bars charge each customer 5,000 yen to 10,000 yen for taking a young guy out.
The prostitute usually makes 10,000 yen in exchange for two hours of play.
何が起こっているのかを記述する前に、この雑誌は、この地域特有の売春システムについての簡潔な説明を初心者の読者に与えています。
売り専と呼ばれるシステムは、ナンパバーと、そこに雇われている若い男娼と、同性愛者である顧客から成り立っています。
若い男とデートするための代金として、売り専バーはそれぞれの顧客に5000円から10000円を請求します。
男娼は、2時間のプレイの対価として、いつも1万円を稼ぎます。

Urisen prostitutes are employees of these bars.
On the other hand, there are freelancers who approach prospects on streetcorners.
Called yamisen, many of the street boys are former urisen employees who were forced to leave bars after growing too old.
Most house prostitutes in the neighborhood are in their late teens to early 20s,informs Shukan Bunshun.
売り専男娼たちはこれらのバーの従業員です。
その一方で、街角で声をかけて客をとるフリーで働く男娼もいます。
闇専と呼ばれるストリートボーイの多くは、年をとりすぎたためにバーを去ることを余儀なくされた元売り専従業員たちです。
この近辺の店に雇われている男娼のほとんどは、10代後半から20代前半だと、週刊文春は知らせます。

According to the magazine,popular freelancers are attacked by agents hired by jealous house whores while they are alone.
"In most cases I know, two or three men attack a hooker.
They try to damage the victim's face in a distinct manner.
They don't try to seriously hurt him," explains Hiroki,a 19-year-old yamisen.
Masaaki,another street boy,elaborates:"It's all jealousy.
We homosexuals cannot accept someone who is more beautiful,more popular than ourselves."
Masaaki informs Shukan Bunshun that urisen prostitutes don't perform the assault themselves and pay hot rodders or gangsters for the dirty job.
He adds that cash-hungry hot rodders have begun to roam the area looking for a wealthy male hooker,an easy extortion target.
この雑誌によると、人気のあるフリーランサーは一人でいるとき、嫉妬した売り専男娼に雇われた刺客に襲撃されるそうです。
「俺が知っているケースのほとんどでは、二人組か三人組の男が男娼を襲撃したな。
解りやすいやり方で、被害者の外見を損なわせようとするんだ。
彼らは被害者に深刻な傷を負わせようとしているわけじゃないよ」ヒロキという19歳の闇専の少年は説明します。
もう一人の男娼であるマサアキは詳しく述べます。「つまりは嫉妬さ。
俺ら同性愛者は、自分より美しかったり人気のある人間を受け入れられないんだ」
売り専の男娼は、暴行を自分達では行わず、金を払って暴走族か暴力団員に汚い仕事させるのだとマサアキは週刊文春に知らせます。
チョロイゆすりの標的である金回りのいい男娼を捜すために、金に飢えた暴走族がこの地区を うろつき始めているのだと、彼は付け加えます。

Shukan Bunshun informs its readers that victims are not only knifed but also robbed.
There is a prolonged business slump behind rising cases of violence.
The magazine quotes an insider and notes that the number of urisen customers has dropped to one-fifth of the pre-recession level.
In spite of that, more and more homosexual youngsters,informed by an increasingly gayfriendly media,are arriving from the countryside to find work at urisen bars.
犠牲者はナイフで刺されているだけじゃなく、強奪されてもいるのだと週刊文春は自身の読者に知らせています。
暴力事件の増加の裏には、長く続く商売の低迷があります。
この雑誌はある情報筋を引き合いに出し、売り専の顧客の数は、不況前の水準の5分の1に落ち込んだと注記します。
にもかかわらず、更に多くの同性愛者の若者が、同性愛者にいよいよ好意的なメディアから知識を得て田舎から売り専バーに仕事を見つけるためにやってくるのです。

There are even homosexual junior and senior high-school students who come to the Shinjuku 2-chome area to make quick money during their summer vacation.
手っ取り早く金を稼ぐために、夏休みを利用して新宿二丁目にやってくる中学生や高校生の同性愛者さえいます。

"There used to be a certain atmosphere here which prevented normal folks from walking in," laments a senior gay bar operator.
"In the old days,being a gay was an absolute secret you didn't want anyone to know and homosexuals observed unwritten codes for protecting their kind.
Now everyone visits the area to have a good time.
The codes are not with us any more."(TI)
「かつては、一般の人々をここでの仕事に就かせまいという、確かな雰囲気がここにはありました」年配のゲイバー経営者は嘆きます。
「昔は、同性愛者であるということは誰にも知られたくない絶対的な秘密であり、同性愛者は自分達の種を護るために不文律を遵守していました。
今や誰もがこの地区を訪れて、楽しんでいきます。
不文律はもはや、私たちと共にはないのです」(タケシ イトウ)

元資料

19951008.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。