急増中!「バイアグラ依存症」の女と男

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Some gals can't get enough of Viagra-addicted supermen

バイアグラ中毒超絶男が物足りないギャルがいる

急増中!「バイアグラ依存症」の女と男

*1
1999,01,31
Shukan Gendai2/6 By Ryann Connell
週刊現代 2月6日号  By ライアン・コネル

Viagra,the anti-impotency “wonder drug” that has rejuvenated the lives of millions of men since coming on to the market in the United States in March last year, is starting to affect the mental state of many Japanese.
Indeed, Shukan Gendai say, although Viagra can't legally be sold yet in Japan, the black market for the drug is thriving, boosted by the increasing number of men and women who find they need the diamond-shaped blue pill so much it's become an addiction for them.
昨年3月にアメリカ市場に登場して以来、何百万人もの男性の精力を回復させてきたインポテンツ治療用の「特効薬」、バイアグラが多くの日本人の精神状態に影響し始めている。
実際には、日本ではまだバイアグラを合法的に売ることができない。しかしながら、ダイヤモンド形の青い錠剤を、中毒になってしまうぐらいどうしても必要だと気づいた男女の数の増加に煽られて、この薬の闇市場は繁盛していると週刊現代は言う。

“My life was starting to crumble around my ears.
I'd been working late every night and after a few years of marriage, the sex life that had once been my only source of stress relief had become almost nonexistent.
My troubles were compounded when I realized my erections were only coming in half-measures,” says Akihiko Tanaka, a 34-year-old manufacturing company employee.
「僕の生活は完全に崩壊し始めていました。
毎晩遅くまで働いていて、結婚の2、3年後、唯一のストレス解消の元だった性生活がほとんど無くなってしまったのです。
自分が半分の硬さにしか勃起しないと気づいた時、問題は悪化していました。」34歳の製造メーカー社員のタナカアキヒコは語る。

“Then, I discovered Viagra.
It was like someone had inserted an iron rod inside me.
I started getting home early and my wife and I were in bed at eight every night,but not sleeping until three or so in the morning.
It was wonderful.
But then,I thought I'd better try and see if I could still do the same things without taking Viagra.
But when it came to the crunch,I couldn't do it because I thought I wouldn't be able to make my wife happy.
Now, I'm too scared to stop taking it.
Viagra is making me a nervous wreck.”
「そして、バイアグラを見つけたのです。
誰かに鉄の棒を体の中に突っ込まれたみたいでした。
早くに帰宅するようになり、妻と僕は毎晩8時にベッドに入っても、午前3時かそこらまで寝ませんでした。
驚くべきことでした。
とは言うものの、バイアグラを使わなくてもまだ同じ事ができるか試してみたほうがいいのではと考えました。
しかし、いざという時に、妻を悦ばせることができないだろうと思って出来ませんでした。
今は、バイアグラの服用を止めるのがものすごく怖いです。
バイアグラのせいでノイローゼになっているんです。」

Shukan Gendai says it's not just men who have fallen under Viagra's spell.
週刊現代はバイアグラの魔力のとりこになっているのは男性だけではないと言う。

“I talked my boyfriend into trying Viagra as a joke last summer.
I don't think I've been able to wipe the smile off my face since,” says Yuri Hanaoka,a 29-year-old construction company employee.
“My boyfriend wants to give up using Viagra, but every time he tries to make love to me without the pill it's about as exciting as watching grass grow.
If he stops taking it, I'm going to start looking around for someone else who will use the pill and who'll make sure I get the satisfaction that I need.”
「去年の夏、彼氏に冗談でバイアグラを試すようにお願いしました。
それ以来ニヤニヤするのが止まらなくなっているんじゃないかしら。」29歳の建設会社従業員のハナオカユリは言う。
「彼氏はバイアグラの使用をやめたがっているのですが、彼が薬なしで私とセックスしようとするたび、それはとてつもなく退屈なんです。
彼が服用を止めたら、バイアグラを使って私の求める満足感を得られるようにしてくれる他の人を捜そうとするでしょうね。」

And, Shukan Gendai says,it's not just for sexual gratification that people are developing a Viagra addiction.
Take the case of 22-year-old Rumiko.
“I have a little arrangement with my boss at work, who's in his fifties.
I let him take me to a hotel and in return he gives me a bit of pocket money,” Rumiko says.
“Before Viagra, he'd only meet up with me once every couple of weeks.
I was hardly making any money.
But now he's got the pill, he wants to meet me nearly every night.
I'm pretty tired by the end of it, but the thought of all the shopping I'll be able to do keeps my going.
Without Viagra,I'd face a pretty big drop in my standard of living.”
そして、人々がバイアグラ中毒にかかっているのは性的満足のためだけではないと週刊現代は言う。
22歳のルミコのケースを見てみよう。
「職場の50代の上司とちょっと不倫しているんです。
ホテルに連れて行ってもらって、お礼にいくらかお小遣いを貰うんです。」ルミコは言う。
「バイアグラを使う前は、あの人は何週間かに1回しか会ってくれようとしなかったんです。
ほとんどお金を稼いでいませんでした。
でも今はバイアグラがあって、彼はほとんど毎晩私と会いたがります。
エッチの終わりにはかなりクタクタになるんですが、買いたい物のことを考えるとこの状況を続けることができます。
バイアグラがないと、私の生活水準がかなり大きく下がることになるでしょうね。」

Hiroshi Katsumata, a doctor who has prescribed the anti-impotency drug to over 2,000 men, says Viagra has the potential to ruin many lives.
2,000人の男性にこのインポテンツ治療薬を処方してきた医者のカツマタヒロシはバイアグラは多く人の生活を破滅させる可能性があると言う。

“Impotency in men under 50 is often the result of excessive stress,” he says,
“Viagra may offer short-term relief, but dependency on the drug is only likely to heighten these men's troubles in the long run.”(RC)
「50歳以下の男性のインポテンツは多くの場合過度のストレスの結果です。」と彼は言う。
「バイアグラは少しの間は効果があるでしょうが、この薬の依存性はこれらの男性の問題を長期間に渡って増大させているだけのようです。」
(ライアン・コネル)

問題点

バイアグラが闇市場で取引されていることを冒頭に示すことによって、カツマタ医師が2000人もの患者にバイアグラを違法に処方したと印象操作をしている。

元資料

19990131-1.jpg 19990131-2.jpg 19990131-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。