暑!ノーパン・ギャル急増中!?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Are young women really abandoning their panties?

若い女性は本当にパンティを放棄していっているのか?

暑!ノーパン・ギャル急増中!?

*1
1996,08,04
Weekly Playboy 8/13   タケシ イトウ
1
About this time last year,all the magazines covered the sudden rise in the number of exhibitionist teen-age girls who showed off their bellies.
This summer,most magazines are observing that young women are not so bold,but the observant Weekly Playboy suspects something less conspicuous but even wilder is going on.
去年の今頃、全ての雑誌は、お腹を見せびらかす自己顕示欲の強い10代の少女の人数の急激な上昇を報道しました。
この夏、ほとんどの雑誌は、若い女性たちはそれほど大胆ではないと述べていますが、 しかし観察の鋭い週刊プレイボーイは、目立ちはしないもののさらにとっぴな事態が進行中なのではないかと疑っています。

2
According to the magazine's observations,panty lines that used to show under thin summer skirts and pants have disappeared.
Weekly Playboy launches a full investigation in the hope of proving the wild assumption that women are abandoning their underpants!
この雑誌の観察によると、かつては夏の薄いスカートとズボンの下に見えていた、パンティのラインが姿を消したのだそうです。
週刊プレイボーイは、彼女たちが下着を放棄していっている!というとっぴな仮説の証明を期待して全面的な調査に乗り出します。

3
Starting the four-page article with a survey,Weekly Playboy stops 30 young women on a Tokyo street after confirming that their buttocks show no trace of underwear.
"When I wear thin pants like this," says 19-year-old Nami,"I always put on underpants with laced elastic sections."
週刊プレイボーイは4ページの記事を、東京の通りで、彼女たちの尻に下着の跡がみられないことを確かめた後に30人の若い女性を呼び止めて行った調査で始めています。
「こういう薄いズボンをはく時は」19歳のナミは言います。「私はいつも、伸び縮みする、レース仕立ての生地の下着をつけるの」

4
"Are you crazy?Nobody walks around without their panties on," offers Mika,a high-school atudent in black shorts.
"We all wear G-strings!"
「あなた狂ってるの?パンティを はかないで歩き回る人なんていないわよ」黒のショートパンツをはいた、女子高生のミカは提示します。
「私たちはみんな、Tバックをはいてるの!」

5
Contrary to its expectations,Weekly Playboy finds no girls practicing the no-underpants policy.
But a comment by one of the survey respondents,a co-ed named Motoko,encourages the magazine to continue probing.
"I think many girls don't wear panties at home. I don't.
In summer it's too hot to sleep with panties on.
Without them,you can feel more relaxed."
期待とは裏腹に、週刊プレイボーイはノーパン方針を実践している少女はいないことを知りました。
しかし、この調査の回答者である、女子大生であるモトコによるあるコメントは、この雑誌に厳密な調査を続行する勇気を与えました。
「私はね、多くの女の子は家じゃパンティを履いてないと思うの。私がそうだしね。
夏になると、パンティを着けてちゃ寝るには暑過ぎるのよ。
それがなきゃ、あなたはもっとリラックスできるわよ」

6
Weekly Playboy interviews more women and finally meets Miki Kawamoto.
The 23-year-old,who works for a video company,reveals to the magazine that she doesn't wear panties.
Instead,she put on a new, combination type pantihose which functions as both panties and pantihose.
"They show no line at all," points out Kawamoto.
"When I put them on under flare pants or a flare mini skirt,I'm sure people who look at my bottom from behind suspect I'm not wearing anything at all underneath."
週刊プレイボーイは より多くの女性にインタヴューし、ついに ミキ カワモトにいきつきました。
23歳の、ビデオ会社で働いているこの女性はこの雑誌に、パンティを履いていないことを明かします。
代わりに彼女は、新しい、パンティとしてとパンティストッキングとしての両方の働きをする組み合わせタイプのパンティーストッキングを履いています。
「これって、全く線が出ないの」カワモトは指摘します。 
「私がこれをフレアズボンやフレアミニスカートの下に着けた時はね、後ろから私のお尻を見る人は、私が全く何もはいてないんじゃないかって絶対疑ってると思うわ」

7
The magazine obtains further proof at Pearl Pink,a lingerie store in Shinjuku.
The proprietor informs Weekly Playboy that she recommends such products as brown panties and those made in certain designs to customers who visit her store in search of a way to conceal signs of undergarments.
The magazine concludes that those suggestive young women are in fact fully covering their bottoms.
This early conclusion forces the magaznie to fill the rest of the space with a questionable proposal.
It recommends a stimulating date with a woman with no panties on.(TI)
この雑誌は、パールピンクという新宿のランジェリーショップで更に進んだ証拠を手に入れます。
そこの経営者は、彼女は下着のラインを隠す方法を探しに彼女の店にきた顧客に、茶色のパンティと 信頼できるデザインで作られた下着といった製品を勧めているのだと週刊プレイボーイに知らせます。
この雑誌は、これらの思わせぶりな若い女性は、実のところは尻を完全に覆っているのだと結論を出します。
この性急な結論はこの雑誌に、残りのスペースを同意しかねる提案で埋めさせます。
それはパンティを付けない女性との刺激的なデートを勧めます。(タケシ イトウ)

元資料

19960804-1.jpg 19960804-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。