女子高生の凄まじい生態

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Schoolgirl entrepreneurs sell more than used clothes

女子学生企業家は汚れた服以上のものを売る

女子高生の凄まじい生態

*1
0
女子高生の凄まじい生態 1996,05,05
Schoolgirl entrepreneurs sell more than used clothes
Shukan Bunshun 5/2 By Geoff Botting
女子学生企業家は汚れた服以上のものを売る
週刊文春 5月2日号  By ジェフ・ボティング

1
The message on the reporter's voice mail is from Yuki, a 17-year-old evidently blessed with a razor-sharp business sense:
“My used panties cost 3,000 yen a pair.
A pair of gym shorts are 4,000 yen and a school-issue swimsuit is 5,000 yen.
For a pair of stockings, the price is 1,000 yen.
And a summer uniform, consisting of two blouses, a skirt and socks is priced at 20,000yen.”
記者の伝言ダイヤルに入っているメッセージはユキからのものだ。この17歳の少女は疑いようもなく鋭いビジネスセンスに恵まれている。
「使用済みパンティーは1枚3,000円するわ。
ブルマーは4,000円でスクール水着は5,000円。
ソックス1組が、値段は1,000円。
それで、夏服はね、ブラウス2枚にスカートとソックス込みで20,000円ね。」

2
Yuki is one of many teen-age girls who have signed up to use voice mail services, notes Shukan Bunshun.
And an alarming number of them, suspects our reporter, are using the services to sell not just their used undergarments, but their bodies as well.
ユキは伝言サービスの使用を登録している数多くの十代の女の子の1人だ、と週刊文春は触れている。
そして驚くほどの人数がこのサービスを自分達の使用済み下着だけでなく、おまけに体まで売るために利用しているのではないか、と記者は怪しんでいる。

3
The article is the first in a series that Shukan Bunshun is devoting to “the shocking lives of junior and senior high-school girls.”
The theme of the inaugural story is voice mail, a kind of Internet of telephone answering machines.
記事は週刊文春が紙面を割いているシリーズ『女子中高生の驚くべき実態』の第1弾である。
最初の記事のテーマは留守番電話のネットワークのようなもの、伝言ダイヤルである。

4
As for Yuki and others like her, the system does a nifty job of matching their lust for easy money with some older men's lust for teen-age girls, according Shukan Bunshun.
週刊文春によると、ユキや彼女みたいな他の女の子について言えば、このシステムは彼女達の楽に稼げるお金への欲望とオジサン達の十代の女の子への欲望を素早くマッチさせるのだ。

5
Our incognito reporter, with the aim of getting a taste of some voice mail action, as well as learning about the “naked truth” behind the teen-age girls who subscribe to it, begins his research by perusing ads from a stack of pornographic magazines.
After receiving his own “mail box,” which is accessed by a secret code, he makes the vocal acquaintance of Yuki, and the two agree to meet in Tokyo's Shibuya district, “the Mecca of school-girls.”
伝言ダイヤルの刺激のある所をいくつか試してみて、同様にそれに登録している十代の女の子達に隠れた『赤裸々な真実』を突き止める目的で、我らが匿名の記者 *2 はポルノ雑誌の山から広告を熟読して調査を開始した。
暗号によってアクセスされる自分の『メールボックス』を受け取った後、彼はユキと声の知り合いとなり、二人は東京の『女子学生のメッカ』渋谷で会うことに同意した。

6
To our reporter's surprise, the girl appears to be rather ordinary teen-ager with pigtails and an L.L.Bean knapsack slung over a shoulder.
Not quite the type, he thinks, who would peddle her own gym shorts in public.
我らの記者 *3 が驚いたことに、女の子はどちらかと言えば普通のおさげの十代の子っぽくて、L.L.Beanのリュックを肩に掛けている。
人前で自分のブルマーを売り歩こうとするようなタイプではないな、と彼は考える。

7
A subsequent chat in a nearby coffee shop reveals she is attending a strict school with a reputation for sending its students to good universities.
And money is something she can't afford to worry about.
その後近くのコーヒーショップでおしゃべりをして、彼女がいい大学へ生徒を送り込んでいると評判である厳しい学校に通っていることが分かる。
そして(いい学校に通っているので)金というのは彼女が心配しだすときりがないものなのだ。

8
Hawking unwashed parts of her school uniform is a recent endeavor, she says.
Before that came a stint last summer as a phone “companion.”
“I'm not the type of person who likes going outdoors, so I was able to work at home,” says Yuki.
Each hour of friendly talk with male callers paid her 1,800 an hour, and in a month she was bagging around 50,000 yen.
学校の制服の洗っていない部分を売り歩くのは最近の試みだ、と彼女は言う。
これ以前はテレクラの『お相手』の短期の仕事を去年の夏に始めた。
「外出するのが好きなタイプじゃないから、家で働くことが出来たの。」とユキは言う。
電話をかけてきた男性と親しげに喋って1時間1,800円もらい、1ヶ月で約50,000円を手にした。

9
But eventually, she became exasperated by “weird” customers.
しかしついには、彼女は『変態な』客にあきれるようになった。

10
Then, on her voice mail man's voice suggested a bout of enjo kosai - literally meaning “assisted companionship” but really meaning prostitution.
One trick would pay her at least as much in a day as she was making in a month working the chat line.
そして、彼女の伝言ダイヤルには男の声が、援助交際 -文字通り『援助された親密な交際』という意味だが実際には売春を意味する- を持ちかけてきた。
1回の仕事で最低テレクラで1ヶ月間働いていた時の日給と同じぐらい稼げるのだ。

11
Yuki says she had four customers in all, and the money went toward a personal computer and into her bank account.
Her first customer was a 42-year-old who worked in television.She liked him, but despised the three others.
ユキには全部で4人の顧客がいて、儲けた金はパソコンに使われ、自分の銀行口座に預金したとユキは言う。
彼女の初めての客はテレビ局に勤める42歳の男だった。彼女はその男は好きだったが、他の3人は嫌いだった。

12
These days she has forsaken “assisting” in companionship for the school uniform market.
Not that business is good, however.
最近彼女は制服売買に移るために『援助』交際するのをやめた。
しかし、その商売は儲からないのだが。

13
“Right now I'm getting many people calling back,” she says. “It's a lot less productive than my job before.”(GB)
「今んとこは、沢山の人が返事してくれてるよ。」と彼女は言う。「前の仕事よりずっともっと儲けが少ないんだけどね。」
(ジェフ・ボティング)

問題点

"Our incognito reporter” "To our reporter's surprise"と記してあるために、4段落までが文春の記事の紹介で、5段落以降はWaiwaiの記者が、文春の記事が本当かどうかを検証したという形式になっている。

元記事について

「週刊文春」1996年5〜6月号の連載「女子中高生の凄まじい生態」の第一回目「「伝言ダイヤル」に渦巻く少女たちの欲望」。
ちなみに、連載二回目のタイトルは「"援助交際"という名の売春」 ( 参考 )。

連載は、第3回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞(1997年) 作品賞を受賞している。

書籍化もされている。
援助交際「女子中高生の危険な放課後」黒沼克史
http://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005562
http://www.ebookjapan.jp/shop/title.asp?titleid=2344

元資料

19960505-1.jpg 19960505-2.jpg 19960505-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。