日本製コンドームでは「エイズ」も「妊娠」も防げない!

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Are condom-makers trying too hard to rise to the occasion?

コンドームメーカーは、危機に際してうまく対処できないほど、熱心に試みすぎているのか?

日本製コンドームでは「エイズ」も「妊娠」も防げない!

*1
0
日本製コンドームでは「エイズ」も「妊娠」も防げない! 1996,04,28
Are condom-makers trying too hard to rise to the occasion?
Shukan Gendai 5/11 By Hiroaki Wada
コンドームメーカーは、危機に際してうまく対処できないほど、熱心に試みすぎているのか?
週刊現代 5/11         ワダ・ヒロアキ記
1
 Japanese condoms may be renowned for achieving a delicate balance between the sheets -- preventing sexually transmitted diseases (STDs) and unwanted pregnancy while preserving sensual joy.
 日本のコンドームは、セックスの最中の絶妙なバランス - 悦びの感覚を保ったままで性感染症(STDs)と望まない妊娠を防ぐこと - の達成において名高いかもしれない。

2
 But their makers might have gone too far in their high-tech pursuit of thinness and lubrication, experts tell Shukan Gendai.
The contraceptives, warns the magazine quoting the specialists, cannot keep either AIDS or pregnancy at bay.
 しかしコンドーム製造者は、ハイテク技術による薄さと滑らかさの追求において度を越しているのかもしれない、と、専門家は週刊現代に語る。
週刊現代は専門家の言葉を引用して警告するのだが、この避妊具は、AIDSも妊娠も防ぐことができない。

3
 "They are too thin and puncture easily," Shoichi Kobayashi, a private condom researcher, says.
"They're defective."
 「これらはあまりに薄すぎて簡単に破れます」個人コンドーム調査者の小林庄一はいう、
「これらは欠陥品です」

4
 Kobayashi claims that silicon oil covering the contraceptives gives too much viscosity to users, so men tend to apply excessive pressure on the rubber products with near-limit thinness -- 0.02-0.03 millimeters.
This, the researcher tells the weekly, increases the occurrence rate of punctures.
 避妊具を覆っているシリコン油はあまりにおおくの粘性を使用者に与え、そのため男は、薄さの限界( 0.02〜0.03ミリ)に近いコンドームに過度な圧力を与える傾向があると、小林は主張する。
このことが破れの発生の割合を増大させる、と小林は週刊現代に語る。

5
 Warns Yoshiaki Kumamoto, professor emeritus of Sapporo Medical College: "Due to their thinness, Japanese condoms are vulnerable to nail scratches and uneven and sudden pressures."
 札幌医大名誉教授・熊本悦明は警告する:「その薄さのため、日本のコンドームは、爪によるひっかきと、不均等な突然の圧力に、損傷を受けやすいです」

6
 Etsuko Nozue, vice president at Kawasaki Kyodo Hospital, informs Shukan Gendai that 12 percent of women who are in their first year of prophylactic use become pregnant despite the preventive measure.
She adds that condoms her clinic uses for medical examinations often broke while being applied to probes.
"They puncture in our clinic, so we believe they do so in bedrooms," Nozue tells the weekly.
 川崎協同病院副院長・野末悦子は、コンドームを使用して一年以内の女性の12%は、その予防的使用にもかかわらず妊娠してしまうと、週刊現代に告げる。
医学的検査のために彼女の病院が使うコンドームは検査器具に装着されている間にしばしば破れる、と彼女は付け加える。
「それらは私の病院で破れるので、私たちは寝室でも破れると信じています」と、野末は週刊現代に語る。

7
 A spokesperson for a leading condom maker argues back, saying that the problem is not that Japanese rubber sacks are defective.
The problem, says the spokesman, is the way in which they are used.
"I assume there are cases when the products are used in unusual conditions, which are quite different from normal sexual intercourse," the spokesperson tells Shukan Gendai.
"We don't think punctures occur due to thinness."
 第1級のコンドームメーカーの広報者は、問題は日本のコンドームに欠陥があるということではない、といって反論する。
広報者のいうところによると、問題はコンドームの使われ方である。
「通常のセックスとはずいぶん異なる普通でない状況でコンドームが使われた事例もあると、私は推測します」と、広報者は週刊現代に語る。
「私たちは、破れは薄さのために発生したとは考えません」

8
 Yet, another industry official at a product development section of a major manufacturer, confides that some thin brands could not pass International Standardization Organization (ISO) requirements introduced to Japan in recent years, a story confirmed by the Health and Welfare Ministry.
"So manufacturers have to make them thicker and stop indicating thinness on the package," the weekly quotes the industry official as saying.
 けれども、別の大手メーカーの商品開発部門の業界の関係者は、いくつかの薄い銘柄は、最近の数年に日本に導入された国際標準化機構(ISO)の必要要件を満たせないだろうと打ちあけ、話の内容は厚生労働省によって追認された。
「というわけで、メーカーはコンドームを厚くしなければならず、パッケージに薄さを表示することをやめなければなりませんでした」といったとして、週刊現代は業界関係者の言葉を引用する。

9
 Getting pregnant while using a condom is one story, but contracting STDs such as AIDS is quite another, especially when you used it as a precaution.
"If an amount of semen capable of causing pregnancy enter the body, it's possible to become infected with HIV," warns Nozue. (HW)
 コンドームを使っているのに妊娠してしまうことは大した話だが、とりわけコンドームを予防策としてあなたが使う場合には、AIDSといった性感染症に感染することもまた別の大した話である。
「もし妊娠をおこすことができる量のザーメンが身体にはいるなら、HIVに感染する可能性があります」と野末は警告する。(ワダ・ヒロワキ)

元資料

19960428-1.jpg 19960428-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。