A curious oral encounter with contrite ex-cop


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




A curious oral encounter with contrite ex-cop

深く悔いている元警官との、好奇心をそそる口腔の邂逅

0
A curious oral encounter with contrite ex-cop 2007,06,08
Uramono Japan (June) By Masuo Kamiyama
深く悔いている元警官との、好奇心をそそる口腔の邂逅
裏モノJAPAN(6月号)  カミヤママスオ記
1
"My name is Yoko. I'm 26 years old," she tells him.
「私の名前は葉子。26才です」と、女は男に語る。
2
"What kind of work do you do?" the fellow, a 29-year-old salaryman, asks her.
「どんな仕事をしているんだい?」と、相手の29才のサラリーマンは彼女に尋ねる。
3
"I'm an OL (office worker)," she replies, batting her eyelids shyly.
「私はOL(事務員)です」と、まぶたを恥ずかしげにまばたかせながら、彼女は答える。
4
"Oh? Well, would you like to get it on with me?"
「そう?ねえ、僕とあれをしないかい?」
5
"Actually, I'm having my period, it might be a bit uncomfortable."
「実は、私は今生理で、ちょっと具合が悪いんじゃないかしら」
6
"You can use your mouth then, okay?"
「それじゃ口でしてよ、いいかい?」
7
"Um, yeah, I guess."
「うーん、ええ、そうね」
8
"I'll pay you 10,000 yen."
「僕は君に1万円払うよ」
9
"Well, all right, but I'm not very good at this sort of thing, you know?"
「そうね、いいわ、でも私、それはあまりうまくないのよ」
10
The above exchange, reports Uramono Japan (June), took place at a "deai kissa" (matchmaking coffee shop) in Tokyo's Ikebukuro district.
The standard procedure is for the male patrons to view female patrons through a one-way magic mirror and draw chits for the right to get to know them better in a private "talk room," where one-on-one exchanges, like the one above, ensue.
裏モノJAPAN(6月号)の報告によると、上述の会話は東京の池袋にある「出会い喫茶」(出会いを仲介する喫茶軽食店)で行われた。
標準的な手順は、男性客が一方通行のマジックミラー越しに女性客を眺め、じゃまの入らない「トークルーム」 -- そこでは上述のもののような、1対1の会話がなされる --の中で互いをよりよく知りあう権利のためのクジを引く。
11
If both parties agree on whatever the man proposes in terms of activity and price, they depart the premises hand in hand for someplace more intimate.
もし両者が、なんであろうと男が提案するコトと価格の条件に合意すれば、かれらは手を握って店から出てもっと親密になれるどこかに向かう。
12
But the above encounter took place at around three p.m. on a Sunday, the shop was crowded, and this particular customer, forced to compete with others, wasn't having much luck finding an appealing female partner until our gal arrived on the scene.
しかし上述の会話はある日曜の午後3時ごろになされ、店は込んでいてたので、この好みのうるさい客は、他の男と競わなければならなくなり、われらがギャルが登場するまでは、魅力的な女性パートナーを見つけるられる幸運に大してめぐまれなかった。
13
Still, a mere session of oral gratification did not seem to warrant paying for a room in a love hotel, so the pair decided to get down to the nitty-gritty in a "manga kissa," a type of shop that serves drinks and rents comics, and where customers can avail themselves of comparatively inexpensive private rooms.
とはいえ、口での奉仕だけにラブホテルの部屋代の支払いをするのは割に合わないように思えたので、二人は「漫画喫茶」--- 飲み物を提供し漫画を貸す店の一種で、比較的安価で客が個室を利用できるところ ---の中で肝心なことに取り掛かろうと決めた。
14
To add a little, er, flavor to the experience, the man stretched out the time by questioning Yoko -- the name she went by -- regarding her curriculum vitae.
この体験に少し、えー、面白みを付け加えるため、男は、彼女の履歴書を考えながら、葉子(仮名)に質問をして時間伸ばしをした。
15
"What do you do at your company?"
「会社では何をしているの?」
16
"Did I say company?" she replies.
"Sorry, I do office work, but it's for the Japan Self Defense Forces."
「私、会社って言ったかしら」と彼女は返答した。
「ごめんなさい、私は事務をしているけど、自衛隊の仕事なの」
17
"Really?! You're in the military?"
「本当に?!君は自衛隊にいるのかい?」
18
"Yes, and before that I was a policewoman, but there were some ... problems at work and I had to quit."
「ええ、そしてその前私は婦人警官だったの、だけど職場でちょっと…問題があって辞めなけらばならなかったの」
19
"I can't believe I'm hearing this," the man thinks to himself.
"Here's a woman who's about to give me a blowjob for 10,000 yen, and she used to be a cop..."
「こんな話信じられないぞ」と、男は心の中で思った。
「ここに1万円でフェラチオを僕にしようとしている女性がいて、彼女はかつて警官だったなんて…」
20
In, as then she informed him, the Seikatsu Anzen (public safety) section, where her assignment was -- are you sitting down, dear reader? -- busting girls caught engaging in "enjo kosai" (teen prostitution)!
そのあと彼女が彼に教えたことによると、彼女が配属されたところの生活安全(公衆の安全)課は -- 親愛なる読者よ、おどろかないでくれ *1 -- 「援助交際(十代の売春)」をしている少女たちを取り締まっていたのだ!
21
The main procedure for discouraging "enko," Yoko tells him, was for plainclothes cops to patrol the street outside the entrances of love hotels.
Young females suspected of selling their bodies were intercepted as they were about to check in with their John, and whisked away to be questioned by a male-female team of juvie officers.
Sometimes the girls' male patrons were also placed under arrest.
葉子が彼に語るところによると、「援交」をやめさせる主な手順は、私服警官がラブホテルの出入り口に面した通りをパトロールすることからはじまる。
自分の体を売っていると疑われた若い女性たちは、客とともにチェックインしようとするところを捕まえられ、すぐに連れられて未成年担当官の男女チームに尋問される。
ときおり少女を買った男も逮捕される。
22
But that was then and this was now, and once he disrobed and got horizontal, Yoko performed a rousing rendition on his fleshy flute for 20 minutes, until he climaxed and spent himself into her oral cavity.
しかしそれは昔のことで今は今だ、彼が服を脱いで横になるとすぐ、葉子は20分間彼の肉のフルートで扇情的な演奏をし、そして彼は絶頂をむかえ彼自身を彼女の口腔の中に入れてはてた。
23
"She was certainly right about not being very skilled," the man comments.
"But I have to admit, the notion of getting sucked off by a former policewoman really turned me on."
「彼女は、あまり上手くないということについては、確かにそのとおりでした」と、この男はコメントする。
「しかし、元婦人警官が尺八をしてくれるという考えが私を本当に興奮させたことは、認めざるを得ません」
24
"Do you do this a lot?" he asked her as they took the elevator back to the street level.
「これは何回もやってるの?」と、地上1階にもどるエレベーターに乗りながら彼は彼女に尋ねた。
25
"Actually, this is my first time," she says.
"Today was only the second time I'd ever gone to that shop.
The customer who took me out last time only bought me dinner."
「実は、これがはじめてなの」と彼女はいう。
「私が今まであの店にいったのは、今日でたった二回目なの。
前回私を連れ出した利用客は私に夕食をおごるだけだったわ」
26
"Tell you what. Let me buy you dinner too.
I'd really like to hear more about your police work."
「そうだなあ、僕にも夕食をおごらせてくれないかな。
僕は本当に君の警察の仕事についてもっと聞きたいんだ」
27
"Sorry, but no. I've put all that behind me.
I should never really have told you I was a cop in the first place."
「ごめんなさい、でもだめよ。私はそのことは全部忘れるようにしてるの。
そもそも私が警官だったことをあなたに決して話さなければよかったわ」
28
And with that, she bade him adieu and walked away.
Yes, concludes Uramono Japan, we're living in times when we even want to forget those things that should be unforgettable. (By Masuo Kamiyama, contributing writer)
そう言って、彼女は彼に別れの挨拶をして歩みさった。
裏モノJAPANは結論付ける、そうだ、我々は忘れられないであろうことさえ忘れたく思う時代に生きているのだ。(寄稿記者カミヤママスオ記)

拡散状況

The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/874-curious-oral-encounter-contrite-ex-cop.html
Blogger:その他
部分転載:http://sephysama.blogspot.com/2007/06/curious-oral-encounter-with-contrite-ex.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。