Cross-dressing festival lives up to its queer billing

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Cross-dressing festival lives up to its queer billing

服装倒錯祭りはゲイの宣伝になる

0
Cross-dressing festival lives up to its queer billing
Cyzo (August) By Ryann Connell
服装倒錯祭りはゲイの宣伝になる 2007,07,26
サイゾー(8月)          ライアン・コネル記
1
Yokohama is home to an obscure festival where older women hand out bills to worshippers, but the twist in the story is that the biddies aren't quite what they seem, according to Cyzo (August).
横浜は、年をとった女たちが参拝者にお札を配る不可解な祭りが行われるところだが、サイゾー(8月号)の記事の予想外の展開は、このばあさんたちは見かけとまったく違うということだ。
2
There's something decidedly queer about the port city's Yasaka Jinja on the afternoon of the festival.
祭りの日の午後、この港湾都市の八坂神社のあたりに、明らかにオカマっぽいことが起こる。
3
All the middle-aged women decked out in traditional garb are also caked thick in white face make-up adorned with lashings of eye-liner, lipstick and mascara and many top off the look with a wig mimicking the coiffures of the feudal era.
伝統の服装に着飾った中年女性たち全員はまた、たくさんのアイライナーと口紅、マスカラで飾った化粧を白い顔に厚くぬり固めて、多くのものは封建時代のヘアスタイルをまねたカツラかぶって外見を仕上げる。
4
Cyzo describes the average middle-aged woman at the festival as closely resembling typical performers at countryside strip joints who probably should have retired decades earlier.
サイゾーは、その祭りの平均的な中年女性が、数十年前に引退したほうがよさそうな田舎のストリップ小屋の典型的な出演者にとても似ていると記述している。
5
There's a reason the dozens of women look a little untoward - they're actually all men dressed up as members of the opposite sex.
これら数ダースの女性がちょっと醜く見えるのにはわけがある - 彼女たちは実際には、全員、正反対の性の構成員のようにめかし込んだ男たちなのだ。
6
Once the festival starts, the cross-dressing men form a large circle and begin dancing, which actually means simply thrusting their hips back and forth.
Their jig is accompanied by ribald songs with lurid lyrics such as how women have suddenly discovered hair on their bodies that wasn't there before, or a little boy playing in temple grounds who is stung on his family jewels by a bee.
いざ祭りが始まると、女装した男たちは大きな輪になって踊りをはじめる。踊りは、実は、ただ彼らの腰を前後に突き出すだけのものだ。
彼らの急テンポの踊りは、たとえば、いかにして女性が以前は生えていなかった毛が体に生えているのを突然みつけたかや、寺の境内で遊んでいて蜂に金玉をさされた小さな少年などの、どぎつい歌詞の卑猥な歌がつきものである。
7
Following the songs, the "women" begin handing out bills to festival-goers.
The rush to get the bills is incredible as they are said to promise good health to those who receive them.
その歌に続いて、この「女性たち」は祭りの参加者にお札:を配り始める。
お札を得ようとする人々の殺到は、それを受け取った人には健康が約束されているといわれているため、途方もないものになる。
8
Though it's probably not the classiest of Japan's festivals, Yasaka Shrine's Ofuda-maki festival maintains a deep and rich respect for cross-dressers throughout this country's history.
おそらく日本の祭りのうちでもっともしゃれたものではないとはいえ、八坂神社のお札まき祭りは、この国の歴史を通していつも存在した衣装倒錯者にたいする深く豊かな敬意を、保守している。
9
Cyzo points out that transvestism and homosexuality have long been regarded as acceptable to Japanese society, dating back to the Edo Period (1603-1868) when it was regarded as perfectly natural for samurai warriors to sodomize little boys, for kabuki's onnagata show (male actors performing as females) and even through to today when cross-dressers like Kenichi Mikawa, Ikko and Yakkun Sakurazuka make daily appearances on TV. (By Ryann Connell)
サイゾーは、服装倒錯と同性愛が、さかのぼること武士が稚児を相手に男色を行うことや歌舞伎の女形の出し物(女性を演じる男優)が完全に自然なものとみなされた江戸時代(1603-1868)から、美川憲一やIKKO、桜塚やっくんのような衣装倒錯者が日々テレビに出演する今日(こんにち)にいたるまで、日本社会に長い間受けいれられ続けたことを指摘する。
10
(Mainichi Japan) July 26, 2007
(毎日 日本) 2007年7月26日

拡散状況

Asian Sex Gazzete
http://www.asiansexgazette.com/asg/japan/japan06news85.htm
The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/1341-cross-dressing-festival-lives-up-its-queer-billing.html
Nigihara
http://www.nigihana.com/forum/showthread.php?t=2525


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。