敦賀湾原発銀座「悪性リンパ腫」多発地帯の恐怖

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




The link between cancer and nuclear power stations

癌と原子力発電所との間の関連性

敦賀湾原発銀座「悪性リンパ腫」多発地帯の恐怖

*1
敦賀湾原発銀座「悪性リンパ腫」多発地帯の恐怖 1994,11,20
The link between cancer and nuclear power stations
Shukan Playboy 11/22 By Takeshi Ito
癌と原子力発電所との間の関連性
タケシ イトウ

“The number of cancer patients seems to be increasing in an area facing Wakasa Bay.”
Based on this piece of second-hand information and the fact that this area north of Kyoto hosts as many as 15 nuclear reactors in operation,Shukan Playboy probes the link between nuclear power generation plants and local residents ailing health.
「若狭海岸に面する地区のガン患者の数は増えていっているように見えます」
使い古された情報についてのこの記事と、この地区・京都北部は操業中の15箇所もの原子炉を抱えるという事実に基づいて、関連性を週刊プレイボーイは、原子力発電所と、健康を損なっている地域居住者との間の関連性を調査します。

The report,the first in a series based on an extensive on-site survey conducted by the magazine's special investigative team, opens with what one local informant told a freelance journalist who visited Tsuriga City,Fukui Prefecture,earlier this year:“For the last few years,we have seen a prominent rise in the number of people who fall victim to thyroid cancer and leukemia in our Reinan region,a part of Fukui Prefecture facing Wakasa Bay.
I have heard many rumors.
このレポートは、この雑誌の特別調査チームによって実行された広範囲な現地調査に基づいたシリーズの一番目を、地元のとある情報提供者が、今年のはじめに福井県の敦賀市を訪れたフリーランスのジャーナリストに語った、「ここ数年間で、私たちは私たちの嶺南地方(若狭湾に面する福井県の一部)で、甲状腺癌と白血病の犠牲になる人々の数の突出した上昇を目にしています。
噂をたくさん聞いていますよ」との言葉で始めます。

In fact,three of my superiors at work had operations to treat thyroid cancer during the last six months.
“Many people who live around here know at least one or two people among their immediate family,friends or neighbors who have died of leukemia.
There are also many children who suffer Down Syndrome around here.
These are serious issues but the media has chosen to ignore the claims.”
実際、ここ六ヶ月の間に、私の仕事での上司のうち三人が、甲状腺癌の治療手術をしました。
「この辺りに住む人々の多くは、彼らの肉親(父母兄弟など)、友人や隣人、の間で、白血病で死んだ人間を少なくとも一人か二人は知っています。
ダウン症に苦しむ多くの子どもたちもまた存在します。
これらは深刻な問題ですが、メディアはこの主張を無視することを選んでいるのです。」

Determined to be the first one to cover the alleged high cancer rate, Shukan Playboy takes a cautious approach to this alarming problem and devotes a fair proportion of the first installment to see how it can prove something is amiss.
主張されている高い発ガン率を報道する初めての者になることを固く決意して、週刊プレイボーイはこの急を知らせる問題に慎重な見方をし、そして、どうすれば何かがおかしいことを証明できるのか理解するために、とある偏見のない比率を連載第一回目に捧げます。

The first method,the magazine tries in vain,is an interview with a doctor who told the aforementioned informant that the number of new leukemia patients in 68,000-resident Tsuruga City equals that in 1,170,000-resident Fukui Prefecture per year.
第一の方法としてこの雑誌が無駄に試みることは、居住者が6万8千人である敦賀市の一年あたりの新たな白血病患者の数は、117万人の居住者を抱える福井県のそれに相当するのだと前述の情報提供者に語った医者にインタビューすることでした。

Unable to even identify this doctor,Shukan Playboy studies an entirely different source - population statistics compiled by the Health and Welfare Ministry.
この医者と同じ心境になることさえもできず、週刊プレイボーイは全く違う情報源-厚生省収集の人口統計-厚生省収集の全住民の統計-を調査します。

According to this data,the rate of leukemia occurrence in the Reinan region including Tsuruga City was 1.51 times the national average last year.
このデータによると、敦賀市を含む嶺南地方の去年の白血病発生率は、全国平均の1.51倍でした。

This figure seems to suggest something,notes Shukan Playboy,but it is far from sufficient proof.
この数字は何かを暗示しているように見えると、週刊プレイボーイは述べます。しかしそれは満足な証明からは程遠いです。

The magazine then visits Fukui Medical School where the majority of leukemia patients in Fukui Prefecture are sent for treatment.
この雑誌はそれから、福井県の白血病患者の大部分が治療のため移送される場所である、福井医療学校を訪れました。

In the magazine's interview with a local medical specialist, Professor Toru Nakamura says as a matter-of-factly,“In the Reinan region, I get the impression we may have a few leukemia patients more than the average.”
But he adds,“we have no data to support the impression.”
この雑誌の、地元の専門医へのインタヴューにて、トオル ナカムラ教授は、「嶺南地方では、私たちは平均より2〜3人多い白血病患者を受け持っているのではないかという印象を受けます。」と、冷静に言います。
しかし彼が付け加えるには、「私たちは、この印象を裏づけするデータを持っていません」

Encouraged by Nakamura's comment,the Shukan Playboy team decides to visit all the 1,141 households located within a radius of 10 kilometers of the oldest reactor in the region to gather health-related data firsthand.
The first installment ends there ,saying that the magazine will report its frightening results in the following issue.
ナカムラのコメントに勇気付けられて、週刊プレイボーイのチームは、直接に健康関連のデータを集めるために、その地域の最も古い原子炉から半径10キロメートルの中に居を構える1,141世帯の全てを訪問することを決意します。
第1回分は、この雑誌は次号にて恐ろしい結果を報告するだろうと言って、そこで終わっています。

This report may appear a little thin on substance.
But it was arousing enough for Fukui Gov.Yukio Kurita.
He demanded that the magazine run a correction soon after the edition hit stores last week.(TI)
このレポートは物質としては少し薄いように見えるかもしれません。
けれど、それは福井県知事の栗田幸雄にとって十分に刺激的でした。
彼は先週、その版が店頭にならんだ直後に、その雑誌に訂正を掲載するように要求しました。

元資料

19941120-1.jpg 19941120-2.jpg 19941120-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。