Catfights common as females fiercely flay one other in the workplace

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Catfights common as females fiercely flay one other in the workplace

「職場の女性を激しくこき下ろす、女同士の喧嘩はありふれている」

Spa! (9/11)
カミヤマ マスオ
2007年9月15日

"A woman who feels she has nothing to lose is capable of anything," Kana Shimada tells Spa! (9/11).
"I myself became a frightening woman."
「失うものがないと思っている女はなんでもできるんです。」 島田佳奈はSpa!(9/11)に語る。 
「私自身恐ろしい女になりました。」

Shimada, author of the recently published book "Hito no Otoko wo Toru Houhou" (How to Steal Somebody's Man), speaks from personal experience, and gives this account.
最近出版された本 『人のオトコを奪(と)る方法』の筆者である島田は、個人的な経験からこの話を語った。

"Once, during an affair I was having with this married guy, I purposely left behind a tube of lipstick in the door pocket by the rear seat of his car.
I knew his wife always rode back there because they had a child seat for their kid in the front.
「以前、既婚男性と情事を持っていた間に、私は口紅の容器を彼の車の後部座席のドアポケットにわざと置き忘れてきました。
私は彼の妻がいつもそこに座ると知っていました。その夫婦はチャイルドシートを助手席に取り付けていたからです。

"The next time I rode in his car, I checked and the tube of lipstick was still in the pocket.
But when I opened it, I found a message from his wife inside!
It read, 'Wow! You, madam, are a real piece of work!'
That really made me feel invigorated."
「次に彼の車に乗った時、調べてみると私の口紅はまだそこにありました。
しかし中には彼の妻からのメッセージがありました! 
それにはこう書いてありました。『あらあら、奥様ったらホントに仕様が無い人ねぇ!(バッカねぇ!) *1 』 
それが私を発奮させたんです。」。

Is there any truth to the perception that it takes a woman to really hate another woman?
Spa!'s survey of 100 women between the ages of 20 and 50 would appear to bear this out.
When the subjects were asked if there was a woman they hated, 53.7 percent gave "yes" replies, as opposed to only 10 percent who replied they felt a similar hatred for a man.
女性に他の女性を心底憎ませるこの感覚にはいかなる真理があるのだろうか?
20歳から50歳の女性100人を対象にした Spa! の調査はこれを裏付ているようだ。
憎い女性がいるかという問いに 53.7%が『はい』と答えている。反対に、男性が憎いと応えたのは僅か 10%に過ぎない。

Some of the worst examples of female enmity occur in the workplace.
An unnamed 37-year-old restaurant employee, who has since left her job, tells her story.
女性の敵意に関する最悪の事例のいくつかは職場にある。
レストランの従業員だった匿名(37歳)は語る。

"Sadako, our supervisor, took a dislike to a younger waitress named Emi, who had recently been hired.
After their shift ended both women went into the changing room, and Sadako told Emi, 'The laundry service is here, so I'll give them your uniforms to wash,' and carried hers off.
Then when Emi opened her locker, her street clothes were gone, and Sadako was nowhere to be found!
Emi had to wait for an hour until she could borrow another woman's clothes and go home.
As it turned out, her clothes eventually turned up, freshly laundered of course."
「私たちの管理者(指導役)だったサダコは、雇われたばかりの若いウェイトレスのエミを嫌っていました。
彼らの勤務が終わって、両者は更衣室に入りました。サダコはエミに言いました。
『ここには洗濯サービスがあるから、あなたの制服も洗濯に出しておくわよ』 そしてエミの制服を持ち去りました。
それからエミが彼女のロッカーを開けると、彼女が通勤に着てきた服がなくなっていました。サダコは探してもどこにもいませんでした! 
エミが別の女性の服を借りて帰宅できるまで1時間かかりました。
結局、彼女の服は見つかりました、もちろん洗濯仕立てで。」

The aforementioned Shimada, who was once employed as an office worker, recalls a certain female co-worker who admired her "sempai" (senior) so much she began imitating her hairstyle, makeup and dress sense.
"They were like identical twins," Shimada relates.
"There was something really disconcerting about it."
前述の島田は以前会社勤めをしていたことがある。彼女は、同僚のとある女子社員が崇拝する先輩のヘアスタイルや化粧、服の趣味などを真似し始めたことを思い出す。
「彼女たちは一卵性双生児のようでした。」 島田は語る。
「すごく奇妙だったわ。」

As it turned out, the younger woman decided that her senior's boyfriend appealed to her as well, and began pursuing him.
The copy, as it turned out, turned out better than the original, and she was successful in landing the man.
The humiliated senior tendered her resignation and the younger woman took over her position.
Ironically, notes Shimada, history appears to be repeating itself -- a newly hired female staff member is already starting to impersonate her boss.
仕舞いには、その若い女性は先輩のボーイフレンドが自分好みだと思い込んで付き纏いだした。
コピーはついにオリジナルを凌ぎ、その男をものにすることに成功した。
屈辱を受けた先輩は辞表を出し、その若い女が彼女の地位を受け継いだ。
皮肉なことに、と島田は付け加える、歴史は繰り返される。----新たに雇用された女性スタッフは、すでに上司の真似をし始めている。

Misato, age 22, worked for a delivery health (outcall sex) service.
One day her co-worker, Kasumi, confided to Misato she had the hots for young Mr. Aso, who worked in their shop.
ミサト(22歳)はデリバリーヘルス(呼び出しセックス)サービスで働いていた。 
ある日彼女の同僚のカスミが同じ店で働く若いアソ氏に熱をあげているとミサトに打ち明けた。

"Actually, Aso and I were already a pair," Misato relates.
"But I couldn't let her know that, so I told Kasumi that I had seen Aso walking down the street holding hands with another girl in our shop.
This infuriated Kasumi, who felt betrayed.
'I'd already told her I liked him -- how could she do that to me?' she exclaimed.
「実はアソと私は既に付き合っていたんです。」ミサトは語る。
「だけど彼女には言えなくて、それで私はカスミに、アソがウチの店の別の女の子と手を繋いで通りを歩いているのを見たと
嘘をつきました。
それを聞くとカスミは、その子に裏切られたと激怒しました。
『私あの子に言ったのよ、彼が好きだって----あんまりじゃないの!(どうしてこんな仕打ちができるのよ?)』 彼女は喚きました。

"To get even, Kasumi began spreading rumors that although our shop had rules against engaging in 'honban' (sexual intercourse) with customers, this girl had been going all the way.
And to make matters worse, the girl, Kasumi insisted, was badmouthing her colleagues.
'You'd better get rid of her,' she advised them.
She also told the customers that particular girl would have intercourse with them if they insisted on it, and the customers, believing it, began requesting her, leading to complaints when the girl refused to put out.
「仕返しに、カスミはウチの店のお客との本番(性行為)を禁じる規則にもかかわらず、その娘がやっているという噂を広め始めました。
カスミはさらに事態を悪化させようと、その子が同僚の悪口を言っていると強調しました。
『あんな子追い出したほうがいいわよ。』 彼女は皆に忠告しました。
彼女はまた顧客たちに、その子は客にせがまれれば彼らと本番をするだろうと教えました。
それを信じてその子に要求するようになった客らは、セックスを拒否する彼女に不満を抱きました。

"After two months of this I'd had enough," says Misato.
"I called Kasumi to my place, thinking to ask her to return the key I'd lent her.
I confronted her and scolded her for acting out of spiteful jealousy.
We argued back and forth until the trains stopped running.
I told her, 'Not only are you hurting the business, but you should apologize to our colleague for spreading those rumors -- phone her now!' And she did!"
「このうんざりするような2ヶ月の後、」 ミサトは言う。
「私はカスミを家に呼びました。彼女に貸してある鍵を返してもらうつもりでした。
私は彼女と向かい合って、悪意に満ちた嫉妬による所業を叱かりました。
私たちは互いに言葉が尽きるまであれこれと議論しました。
「仕事に損害を与えたことだけじゃなく、噂を撒いたことも仲間に謝るべきよ。----さあ、彼女に電話して!」そして彼女はそうしました!

"Based on health statistics, women suffering from borderline personality disorders tend to be more numerous than males," writes Takehiko Kasuga, author of Kurui no Kozo (The Structure of Craziness).
"That said, I get the impression that things are changing in Japan.
When Riyo Mori was voted Miss Universe earlier this year, the general reaction from other women was praise, not jealousy.
And with growing numbers of women holding down good jobs, catfights seem to have declined.
They are often attractive and come from wealthy families, and less inclined to that kind of behavior.
「保健統計によると、境界性人格障害に苦しむ女性は男性より多数である傾向にあります。」と『狂いの構造』の著者である春日武彦は書いている。 
「それに見られる日本の状況が変化が興味深いですね。
今年の初めに森理世がミス・ユニバースに選ばれた際の他の女性たちの一般的な反応は、嫉妬ではなく賞賛でした。
そして、良い仕事に就いている女性の数が増えるにつれて、女の争いは減少する傾向にあるようです。
そういう女性たちはしばしば魅力的で、恵まれた家庭環境にあり、いがみ合いには陥らない傾向にあります。

"It's in the old-style companies -- where women are just there to adorn the office environment -- that you still see these problems," smiles Kasuga.
"In those places, it's still business as usual." (By Masuo Kamiyama, People's Pick contributor)
「古くさい会社---女性がオフィスの飾りに過ぎないところ--では、これらの問題をまだ見ることができるでしょう。」春日はニコリとする。 
「そういう場では、未だによくあることなんです。」(カミヤマ マスオ:People's Pickのコラムニスト)

September 15, 2007
2007年9月15日

関連情報


島田佳奈
http://shimadakana.net/about/profile.html
人のオトコを奪(と)る方法
http://shimadakana.net/text/column/hito_no_otoko/

春日武彦
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%98%A5%E6%97%A5%E6%AD%A6%E5%BD%A6&oldid=19344007

拡散状況

The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/1996-catfights-common-females-fiercely-flay-one-other-workplace.html
JDorama.com
http://www.jdorama.com/viewtopic.php?p=674719#674719
英語サイト
部分転載;http://inezha.com/p/4263702/item21?hl=en


関連ページ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。