ハッピーHマニア「抱かれたがりOL」のセックス誘感!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Modern women will stop at nothing to get their man

現代の女性が男をものにすることを妨げるものは何もない

ハッピーHマニア「抱かれたがりOL」のセックス誘感!

*1
0
ハッピーHマニア「抱かれたがりOL」のセックス誘感! 1998,09,13
Modern women will stop at nothing to get their man
Asahi Geino 9/17 By Ryann Connell
1
Some women go to any length to get their men - especially if that length is measured in inches, according to Asahi Geino.
ある女性たちは男を手に入れるためにどんな手段もとる --- とくにそのことが計算通りにできるのなら。アサヒ芸能より。
2
Once upon a time, men instigated most physical relationships in Japan.
But just as women have adopted a more assertive position in society, so, too have they become more adept at luring men into their beds to satisfy their every desire.
昔々、日本では、たいていの肉体関係は男性が誘った。
しかし女性が社会的により確固たる地位に適合していくと同時に、本当に、彼女たちも、自分のすべての欲望をみたすために男たちをベッドの中に誘うことに、より適応するようになった。
3
“My boyfriend's married and has kids, but that didn't stop me from targeting him,” says Rumiko Honzawa, 24, referring to her 36-year-old beau with whom she works.
“One night while working overtime, we were the only two people in the office so I went over and started massaging his shoulders.
I made sure I gave him a great feel of each side of my cleavage and noticed his face was going red.
Once I'd seen that, I knew he couldn't resist me.
Now, I have fun trying to think of different ways to seduce him so I can trap him hook, line and sinker.”
「私のボーイフレンドは既婚で子持ちでしたが、でもそのことは、私が彼を狙うことをやめさせませんでした」と、本沢ルミ子(24)は同じ職場の36歳の愛人に言及しながらいう。
「残業中のある夜、私たちはオフィスに2人きりでした。だから私は彼のところまで行って両肩をマッサ−ジしはじめました。
私は胸の谷の両側の強い感触を彼に確実に与えるようにし、彼の顔が赤くなっていくのに気がつきました。
それを見てすぐ、彼は私に抵抗できないと私にはわかりました。
今では、彼を誘惑する異なるやり方を考えることを試してみるという楽しみが、私にはあります、そして私はフックや直線やシンカーで彼を罠にかけます。
4
But while Honzawa didn't have anyone to compete with at work for her boyfriend's charms, Asahi Geino notes things aren't so easy for Sakami Harada, also 24, a self-styled matchmaking party “queen” who prefers to use wilier ways to woo her men.
しかし、本沢には職場にボーイフレンドの魅力のために張り合う相手がいなかった一方で、男たちに求愛するときによりずる賢いやり方を使うことを好む、自称合コンの「女王」・原田サカミ *2 (同じく24歳)にとっては、事情はそんなに簡単ではないと、アサヒ芸能は記す。
5
“Scores of women go to the matchmaking parties I like, which are popular with young guys making good money.
And most of the women would make pretty fine catches, so competition is real tough,” says Harada.
“I start the night acting demure, but make sure everyone sees I'm drinking.
Soon, I pretend I'm drunk and make a beeline for the nearest door.
I make a pretty big fool of myself, but any guy with half a heart will follow me.
As soon as I've got him outside, I suddenly‘sober up’and put the hard word on him to take me to the nearest love hotel.
It works every time and no one ever suspects anything.”
「何十人もの女性が、高収入の若い男性に人気の、私の好きな合コンに行きます。
そして参加女性のほとんどが結構うまく捕まえるので、競争は本当にきついです」と、原田はいう。
「私は、慎み深く振舞いながらその夜会に参加しますが、私がお酒を飲んでいることが誰にも見えることを確実にします。
すぐに、私は酔ったふりをして一番近いドアにむけて一直線に走ります。
私は自分をとんだ笑いものにしますが、しかし、しぶしぶどんな男も私を追いかけるわけです。
彼を外に出すとすぐに、私は突然『酔いが醒め』て彼にセックスの誘いに応じるようにプレッシャーをかけて一番近いラブホテルに私を連れて行かせます。
これは毎回うまくいき、いままで誰一人何も疑いませんでした」
6
Where Honzawa and Harada are prepared to use guile, Nami Ishii, 23, has all the subtlety of a sledgehammer, according to Asahi Geino.
本沢と原田が悪知恵を使う心構えができているところで、アサヒ芸能によると、石井名美(23)はスレッジハンマーの繊細さすべてを持っている。
7
“If I like guy, I just go up and tell him, but there's only one condition - he's gotta be at least five years older than me,” says Ishii.
“One day I was crossing a set of traffic lights and I saw this guy in his 50s.
The gray tints in his hair sent a chill up my spine and his raspy voice sounded so sexy.
So I went over and said ‘excuse me,’ then asked if he wanted to have a good time.
He looked a little embarrassed, but his friend just smiled and urged him to go.
I just batted my eyelids and gave him my sweetest smile.
We ended up seeing each other a few more times after that, too.”(RC)
「私が男を好きになったら、とにかくあがって彼に告白します、だけどたった一つだけ条件があります --- その男の人は少なくとも私より5歳年上でないといけません」と、石井はいう。
「ある日私は交差点をわたっていましたが、私は50代のこの男性を見ました。
彼の灰色がかった髪が私の背骨をゾクゾクさせ、彼のかすれ気味の声はとてもセクシーに聞こえました。
なので私は彼のところへ行き「すみません」といって、そして楽しい時間を過ごしませんかと尋ねました。
彼は少し恥ずかしそうに見えましたが、しかし彼の友達はただ微笑んで彼を行くように促しました。
私はただ瞼を瞬かせて、彼に私の一番素敵な笑顔を見せました。
私たちは結局、その後やはり、もう2・3回お互い会うことになりました」(RC)

元資料

19980913-1.jpg 19980913-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。