女が女を愛する時代 レズバーが増えている

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Lesbian bars show that girls just wanna have fun

レズビアンバーが、少女たちはとにかく楽しみたいのだということを示している

女が女を愛する時代 レズバーが増えている

*1
0
女が女を愛する時代レズバーが増えている  1998,07,26
Lesbian bars show that girls just wanna have fun
Shukan Asahi 7/31 By Ryann Connell
レズビアンバーが、少女たちはとにかく楽しみたいのだということを示している
週刊朝日 7/31       ライアン・コネル記
1
Lesbian bars are establishments that serve the needs of women who love women.
But, Shukan Asahi says, those who think lesbian bars are simply places to go and have a drink are well and truly wrong.
The weekly notes that the growing number of lesbian bars in Tokyo are attracting more customers than ever before, and what goes on at the establishments is more than mere boozing.
In fact, while some customers at lesbian bars are women looking for their next partner, they can also be places where women can get together and talk, as well as somewhere where a mother and daughter can improve their relationship.
レズビアンバーとは、女性を愛する女性の要求に応じる施設である。
しかし、週刊朝日によれば、レズビアンバーはただ行って酒を飲むための場所だと考える人たちは、まったくもって間違っている。
この週刊誌は、増加中のレズビアンバーが、これまでよりも多くの客をひきつけているといい、この施設で起こっていることは単なる飲み騒ぎ以上のものであると記す。
実際、レズビアンバーの客のある者は次のパートナーを探す女性である一方で、レズビアンバーは、母と娘が互いの関係を向上できるようなどこかと同様に、女性たちが一緒になって話せる場所になりうる。
2
“Recently we've had a lot of younger customers,” says the operator of a lesbian bar in Tokyo's Shinjuku 2-Chome district, long the gay mecca of Japan.
“About 10 years ago, there were only about three lesbian bars in Shinjuku, but in the past five years about 10 new ones have popped up.
There's also a greater variety of bars, so customers travel around to choose the type they like.”
「最近は若いお客さんが増えています」と、長い間日本のゲイのメッカであった東京の新宿二丁目にあるレズビアンバーの経営者はいう。
「十年くらい前は、新宿にレズビアンバーはたった三軒程度しかありませんでしたが、この五年間で約十軒の新しいバーが出現しました。
バーの多様性が以前よりたくさんになったので、お客さんは自分の好みのタイプの店を選ぼうとあちこちに足を運びます」
3
Shukan Asahi notes that there are many different types of lesbians, each denoted by a particular word.
For instance, a neko plays the role of the female in a woman-to-woman relationship, while a tachi is assigned the male part.
Sukadachi are women who act like males but dress like women.
Their counterparts are zuboneko, or women who appear like men, but they take on the female role.
Then there's nonke, the word used to describe heterosexuals.
But regardless of what type the women are, it seems they have their ups and downs just like everyone else.
レズビアンには多くの異なるタイプがあり、それぞれに特別な言葉がつけられていると、週刊朝日は記述する。
たとえば、『ネコ』は女同士の交際において女性の役割をし、『タチ』は男性役を表す。
『スカダチ』は男性のように行動するが女性のような服装をする女性のことである。
スカダチと対比されるのは『ズボネコ』といって、男性のように見える女性だが、女性の役割をする。
そして、異性愛者を表すために使われる言葉・『ノンケ』がある。
しかし、女性がどのタイプであるかに関係なく、他の人たちとまったく同じように、彼女たちの人生にも浮き沈みがあるようだ。
4
“When I was a high school student, my mom caught me at it with another girl and discovered I was a lesbians,” says Yukari, a tachi and regular lesbian bar customer.
“My parents didn't want to know me for a while and the girl broke it off with me because of the embarrassment I'd caused her.”
「私が高校生だったとき、私が他の女の子とアレをやっているところを母が見つけ、私がレズビアンだと気がつきました」
「私の両親はしばらくの間私と縁を切り、私が彼女に与えた当惑のため、彼女と私は別れました」
5
For some, though, parents don't pose a problem.
Mari, a neko in her teens, even brings her mother along with her when she hits the lesbian lairs.
Unlike Yukari's mother, Mari's parents are more supportive.
とはいえ、ある人たちにとっては、親は問題を引き起こさない。
十代のネコ・マリは、彼女がレズビアンの隠れ家を見出したとき、自分と一緒に母親をバーに連れて行った。
ユカリの母と違い、マリの両親はずっと協力的である。
6
“Mari likes her partners to be good-looking,” her mother says.
“I hope she can find a cute little girl here at the bar.”
「マリはパートナーがルックスがいいことを好みます」と彼女の母はいう。
「彼女があのバーでかわいい少女を見つけられることを、私は望みます」
7
Yukari's friend, Yumi, says she's keeping her sexuality a secret from her parents, but that hasn't stopped her from having her share of troubles.
ユカリの友達・ユミは、彼女は自分のセクシャリティーを両親に隠し続けていたが、そのことは彼女の分の悩みをもつこと *2 をやめさせなかった、という。
8
“I don't have a girlfriend at the moment and I'm really lonely,” she says.
“I'm stuck with going out with nonke women all the time.
It depends on how you do it, but those women can be seduced about 80 percent of the time.
But it's much harder to find a partner than it is for heteros.
That's why I like these bars so much.”
「現在私にはガールフレンドがいません、私は本当にさびしいです」と彼女はいう。
「私はいつも、ノンケの女性とデートに行き詰っています。
やり方次第なのですが、ノンケの女性の約80%ほどを口説けます。
しかし、異性愛者にとってよりも、パートナーを見つけることは難しいです。
このことが、私がとってもこれらのバーが好きな理由です」
9
With such a clientele and more women being open about their sexual preference, wouldn't most lesbian bars be making a huge buck?
Apparently not.
これほどの顧客たちや、性的嗜好についてオープンになっていく女性が増えていることを考えれば、ほとんどのレズビアンバーが大もうけしないであろうか?
どうやらしないようだ。
10
“I thought lesbian bars would have a steady income because they cater to a particular client,” one operator says.
“ But things have been really tough recently.
If a girl finds a partner, they tend not to come back again.”(RC)
『私は、レズビアンバーは、特定の顧客の要求に応じているのだから、確実な収入を得られるだろうと思っていました」と、ある経営者はいう。
「しかし、最近は状況は大変厳しくなっています。
もし少女がパートナーを見つけたら、その2人はもう店に戻ってこない傾向があります」(ライアン・コネル)

元資料

19980726-1.jpg 19980726-2.jpg 19980726-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。