ワーキング・ウーマン大流行 あなたもできる「夫婦別姓」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




You too can be “One Couple, two Names”

あなたも「1カップルに2つの名前」になれる

ワーキング・ウーマン大流行 あなたもできる「夫婦別姓」

*1
0
ワーキング・ウーマン大流行 あなたもできる「夫婦別姓」 1991,02,25
You too can be “One Couple, two Names”
Shukan Asahi 3/1 By Adam Fulford
あなたも「1カップルに2つの名前」になれる
週刊朝日3/1
1
It's becoming more common for a Japanese woman to want to keep her maiden name when she marries, or to revert to using her maiden name after she marries.
The magazine describes the process of keeping or retrieving your own name, and how your family and society may react. (AF)
日本人女性が結婚するときに旧姓のままでいたいと思ったり結婚後に旧姓に戻したいということが、より一般的なことになってきている。
自分自身の苗字をそのままにしたり元に戻したりする過程と、家族と社会がどのような反応をしうるかを、この雑誌は記述している。(アダム・フルフォード)

元資料

19910225-1.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。