中絶白書4人にひとりが経験

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




White Paper on abortion: One in four has had one.

中絶白書:4人に1人が経験している

中絶白書4人にひとりが経験

*1
0
中絶白書4人にひとりが経験  1992,01,13
White Paper on abortion: One in four has had one.
Josei Seven 1/16-23 By Adam Fulford
中絶白書:4人に1人が経験している
女性セブン1/16-23      アダム・フルフォード記
1
Josei Seven sent questionnaires about abortion to 2,000 women who read the magazine, and received replies from 1,248, of whom 72 percent were married.
女性セブンは読者2000人に妊娠中絶についてのアンケートを送り、1248人(そのうち72%は既婚)から回答を受け取った。
2
Of the respondents, 25.7 percent had had at least one abortion(two women had had at least six).
回答者のうち、25.7%は少なくとも1回妊娠中絶を経験していた(2人の女性は少なくとも6回していた)
3
The magazine quotes a Health and Welfare Ministry finding that in fiscal 1990 there were 456,797 abortions in Japan, but it says that those in the know believe the actual number is about twice that figure.
この雑誌は、厚生省が1990年度に456797件の妊娠中絶が日本で起こったことを見出したことを引用するが、内情に通じた人たちは実際の数値はおよそその2倍だと考えている、といった。
4
The trend is apparently toward fewer abortions overall, but for more abortions among women who are not yet 20.
妊娠中絶は全般的に見れば減少傾向にあるように見えるが、20歳未満の女性の間での妊娠中絶は増えている。
5
The magazine's survey indicates that being unable to marry the prospective father is by far the most common reason for a woman to have an abortion.
この雑誌の調査は、父親となるはずであった男と結婚できないことが、群を抜いて、女性に妊娠中絶させるもっとも一般的な理由であることを示唆している。
6
This was the reason offered by 140 of 333 respondents.
これは、333人の回答者中140人が挙げたものである。
7
Forty-seven cited tight economic circumstances, and 43 said they didn't want any more children.
47人が苦しい経済状況をうったえ、43人がもうこれ以上子供は要らないと答えた。
8
Roughly three out of every five of the prospective fathers footed the bill for the abortion.
父親となるはずであった男たちのおおよそ5分の3が、妊娠中絶の費用を払った。
9
After the abortion, 138 of 321 women said they felt physically uneasy, and 106 said they regretted what they'd done. (AF)
妊娠中絶の後、321人中138人の女性が肉体的な不安を感じるといって、106人が自分がしてしまったことを後悔しているといった。(アダム・フルフォード)

元資料

19920113-1.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。