Wild adventures at Osaka's mysterious mouthy monthly mansion


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Wild adventures at Osaka's mysterious mouthy monthly mansion

大阪の不可解な月極めの、お口が達者なマンションでの、途方もない冒険

0
Wild adventures at Osaka's mysterious mouthy monthly mansion 2006,06,12
Uramono Japan (July)
大阪の不可解な月極めの、お口が達者なマンションでの、途方もない冒険
裏モノJAPAN(6月号)
1
In its February issue, Uramono Japan (July) featured a brief illustrated account of "the woman in a 'fellatio mansion,'" a mysterious female, the occupant of an Osaka apartment, who admits male callers for the sole purpose of administering free oral sex.
No names were named, and the location was described in extremely vague terms.
But after reading the article, two young readers, convinced the story was true, managed to find the actual apartment through the process of elimination and, after gaining admittance, reported they indeed had succeeded in obtaining gratification.
裏モノJAPANはその二月号で、
「フェラチオマンション」の女性の、短い挿絵つきの噂話を特集した。
その女性は、大阪の共同住宅の入居者で、無料でオーラルセックスをおこなうという唯一の目的で男性客を入室を許す、不思議な女性だ。
名前は言及されておらず、住所はとても曖昧な表現を使って記述されていた。
しかし二月号の記事を読んだ後、二人の若い読者が、その話は本当だと確信して、消去法により実際にその女が住む共同住宅をなんとか見つけ出し、入室を許された後、彼らは求めていた満足を実際に得ることに成功したことを報告した。
2
"I read your account of 'the woman in apartment 401,' writes 23-year-old Kenji Yamamoto.
"A senior at my company said it sounded like a woman living in Nakatsu, in the north part of the city, who works out of one of those 'weekly rental mansions.'
She's famous.
So I went to check out unit 401, and sure enough, when I rang the bell, I saw an eye on the other side of the peephole look me up and down.
「私はあなたがたの『共同住宅401の女性』の記事を読みました」と、23歳の山本健二は書く。
「私の会社の先輩が、それは大阪の北部地域にある中津に住んでいるある女のようで、いわゆる「ウィークリーレンタルマンション」の一つで仕事をしているらしい」といいました。
彼女は有名でした。
そうして私は401号室に行ってみると、案の定、私が呼び鈴を鳴らしたとき、のぞき穴の向こう側の目が私をじろじろ見るのが見えました」
3
"I guess I satisfied her criteria, because things moved on to the next stage," Yamamoto continues.
"The door swung open, but with the security chain still attached.
This is the second barrier you have to pass.
It was too dark to see her face, but her breast was thrust out and I reached up and fondled it.
I guess I did it right, because then the door closed and I heard the chain come undone."
「多分私は彼女の基準に適ったのでしょう、というのも次の段階に進めたのですから」と山本は続ける。
「ドアは動いて開きましたが、セキュリティーチェーンはまだ取り外されないままでした。
これは通り抜けなければならない第二の関門です。
彼女の顔を見るにはあまりに暗すぎましたが、彼女の胸はつきだしており、私は手を伸ばしてそれを撫で回しました。
おそらく私はうまくやったのでしょう、なぜならその後ドアは閉められ、チェーンがはずされる音を私が聞いたからです。」
4
Yamamoto was then ushered into the completely darkened apartment.
そして山本は完全に真っ暗なマンションの中へと案内された。
5
"I could see some colored lights," he relates.
"I suspect maybe the whole thing was being videotaped.
「色つきの光がいくつか見えました」と彼は述べる。
「私はすべてがビデオ録画されているかもしれないと疑いました」
6
"I got to fondle her breast.
It wasn't very big and the nipple was small too.
Anyway, she took me into her mouth and tongued me until I came.
Never spoke a word, or made a sound. It was weird.
But then when I left, I heard her say 'bye-bye' in a throaty voice that was distinctly masculine.
「私は彼女の胸を愛撫し始めました。
それはそんなに大きくなく、乳首もまた小さかったです。
ともかく、彼女は私を口に入れて私がイクまで舌で舐めました
一言も話さず、音も立てませんでした。それは奇妙でした。
しかし私が去るとき、彼女が「バイバイ」としわがれ声で言うのを聞き、その声は疑いようもなく男性のものでした」
7
"It was really weird.
She wouldn't show her face and wouldn't let me feel her crotch.
And she never spoke a word.
I think it was probably a guy," Yamamoto concludes.
「あれは本当に奇妙でした。
彼女は顔を見せようとせず、私に彼女の股を触らせませんでした。
そして彼女は一言も話しませんでした。
あの人は恐らく男だったと、私は思います」と山本は推論する。
8
Yuji Sumitomo, age 23, also paid a visit to apartment 401.
Impatient for admission and the anticipated services, he waited outside for more than three minutes.
Finally the door opened a crack and a small slip of paper was thrust out.
"Please don't speak even one word, all right?" it said.
住友ゆうじ(23)もまた、共同住宅の401号室を訪問した。
入室許可と楽しみにしていたサービスに心をはやらせながら、彼は3分間以上部屋の外で待った。
とうとうドアがわずかに開いて、隙間から小さい紙片が差し出された。
「どうか一言もしゃべらないでください、いいわね?」と書いてあった。
9
"I couldn't tell if it was a man's writing or a woman's," Sumitomo relates.
「私にはそれが男性の筆跡か女性のものかわかりませんでした」と、住友は述べる。
10
He was about to leave when the door opened with the chain still in place.
Sumitomo thrust his male organ out through the provided aperture and she sucked him to orgasm.
チェーンがつけられたままドアが開いたとき、彼は退室しようとするところだった。
住友は、与えられた隙間に彼の男性器を突っ込み、そして彼女は彼をしゃぶってオルガスムにいたらせた。
11
"I couldn't really see her face from that angle," he recalls.
All I could tell was that she was wearing a bandana on her head."
「あの角度からは、私は彼女の顔をしっかり見ることができませんでした」と、彼は思い起こす。
「私にわかったのは、彼女が頭にバンダナを巻いていたことだけでした」
12
From the descriptions offered by the above two visitors, this free flaky fellatio feast might indeed be dished up by a fellow, opines Uramono Japan's writer.
But when a guy's enjoying such ministrations, he's more likely to indulge in wishful thinking and tell himself he's getting it from a gal.
"Your schlong tells you it wants it to be a woman, and that's why you respond," he writes.
"Call it human nature."
上述の二人の訪問者から得られた描写からすると、この無料の奇矯なフェラチオのおもてなしは、実際には誰かにでっち上げられたものなのかもしれないと裏モノJAPANのライターは考える。
しかし男があのようなご奉仕を楽しんでいる間は、願望的思考にふけって、若い女性からアレをしてもらっていると自分に言い聞かせる傾向がある。
「あなたのチンチンは、相手が女であってほしいとあなたに告げ、それがあなたが反応を示す理由です」と彼は書く。
「それが人の性(さが)ってものです」
13
Mon Jun 12, 2006
2006年6月12日

拡散状況

海外ブログ
http://tokyolifer.spaces.live.com/blog/cns!C15CE2153B2A6689!1968.entry
英語サイト
部分転載:http://babysitterblowjobs.ca/2008/02/20/free-asian-blowjob-surprisr/
部分転載:http://www.blowjobblog.com/swallow-0606/04.html
http://www.costaricaticas.com/phpBB2/viewtopic.php?t=12173
部分転載:http://www.sexisfunny.com/archives/oddball/a_visit_to_the_fellatio_m.php


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。