元厚生次官ら連続殺傷、ウィキペディアに犯行示唆と誤報


元厚生次官ら連続殺傷、ウィキペディアに犯行示唆と誤報


元次官宅襲撃:事件6時間前にネット書き込み…犯行示唆 (2008年11月19日)

2008/11/18 午後

wikipediaのチェック機能
wikipediaのチェック機能
  2008/11/18(火) 21:27 JST
    一連の事件にて暗殺されたとして
    歴代長官の欄を1行間違えた別人に×印
    訂正するも埼玉の被害者と中野の被害者を取り違える
  2008年11月18日21:34 JST
    「まだテロか、ただのの強盗かわからないから」と投稿意見がつき
    事件前の版に戻す
  チェック・訂正完了 

2008/11/19 午前

元次官宅襲撃:事件6時間前にネット書き込み…犯行示唆 (毎日新聞 2008年11月19日 2時30分)
同日3時40分頃削除:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html (魚拓)
元厚生事務次官、吉原健二さんの妻靖子さんが刺された事件の約6時間前に、インターネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行を示唆する書き込みがあったことが分かった。
↓↑
2chのチェック機能
2chのチェック機能
  2008/11/19(水) 03:04:05毎日の犯行示唆報道 N速+にスレ立ち

  2008/11/19(水) 03:08:57 wikipediaの時刻表示は米国時間だぞ!
  2008/11/19(水) 03:09:08 UTC
  2008/11/19(水) 03:23:41米国時間ではなくて世界協定時刻(UTC)です。
 訂正発言・完了
元厚生次官宅・連続襲撃:年金テロなのか/官界に卑劣な刃(その1) (毎日新聞 2008年11月19日 東京朝刊)
同日10時30分頃該当章を削除:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119ddm041040024000c.html  (改変前の魚拓)
◇ネットに犯行示唆? ウィキペディアに吉原さん「暗殺」
吉原靖子さんが刺された事件の約6時間前に、インターネットの「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行を示唆する書き込みがあったことが分かった。
ウィキペディアは百科事典のネット版で、誰でも新しく項目を追加したり、自由に編集できるサイト。書き込みがあったのは18日正午すぎ。「社会保険庁長官」という項目で、「歴代の社会保険庁長官」というタイトルの下に「×は暗殺された人物を表す。」というただし書きがあり、一覧表の中の吉原さんの名前の前に「×」がつけられていた。
利用者の書き込み履歴によると、「Popons」と名乗る人物が、18日午後0時27分、「下村健」(故人)の前に「×」を記入。同29分には、この「×」を削除し、「吉原健二」の前に「×」を記入。タイトルの下の「×は暗殺された人物を表す。」は同32分に書き込まれた。
同日午後11時の時点で、書き込みはすべて削除されている。アクセスの記録などから書き込みがなされたパソコンが特定できるとみられ、捜査本部は慎重に調べている。
多数のテレビ局が釣られる (2008年11月19日)
痛いニュース(ノ∀`):【元次官襲撃事件】 毎日新聞、「Wikipediaで犯行予告」と誤報→各テレビ局も釣られて報道
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1192909.html (証拠画像が多数あり)
テレビ局 番組名 迷言集等 その後の対応等
テレビ朝日 やじうまプラス(6:09〜) テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏
「政界でもですね、連続年金テロなんじゃないかと、
そういうようなことが言われていますけれども、
今回ですね、ネットに載ったということは、
闇のつながりによってですね、
犯行がもっともっと広がっていくんじゃないかと、
それが非常に心配されるんじゃないかと思うんですね」
フジテレビ めざましテレビ(5:40〜)
日本テレビ ズームインSUPER(6:47〜) 辛坊治郎
「ソースがwikiですから信用なりませんね」
「この書き込みは事件後のもの、
犯人以外の人物が愉快犯的に書き込んだのではないか」
お詫び記事紹介
ABC おはようコールABC
中京テレビ おめざめワイド(6:50〜)
めーてれ
東海テレビ ぴーかん 毎日の記事そのまま読んだら間違えちゃいました
大阪毎日放送 こんちわ近ちゃん(13:30〜) 近藤光史ってアナが散々「犯行予告がウィキに有った」
匿名性のネットは怖ろしいと10分以上ネットを罵倒し続けたあげく‥・
CM明けに「さっきのは間違いでした」って訂正してたw
おわび:「ネットに犯行示唆?」の記事について (毎日新聞 2008年11月19日 11時35分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000e040034000c.html  (魚拓)
元厚生事務次官の吉原健二さんの妻靖子さんが宅配便を装った男に胸などを刺されて重傷を負った事件について19日未明、「ネットに犯行示唆?」などの見出しで、ネット版の百科事典「ウィキペディア」に犯行を予告するような書き込みがあったと報じましたが、書き込みの時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。
また毎日新聞、ウィキペディアに「暗殺」予告と大誤報 (Technobahn 2008/11/19 10:42)
http://www.technobahn.com/news/2008/200811191042.html
毎日新聞が「UTC」に気づかず誤報、テレビ各局もつられる (スラッシュドット・ジャパン 2008年11月19日 11時55分の掲載)
http://slashdot.jp/articles/08/11/19/0251225.shtml

2008/11/19 午後

毎日新聞“Wikipediaに犯行予告”と誤報 時刻表示を勘違いか、実は犯行後 (ITmedia 2008年11月19日 12時00分 更新)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/19/news051.html
【元厚生次官ら連続殺傷】毎日報道「ネットに犯行示唆」は誤報 (MSN産経ニュース 2008.11.19 12:29)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081119/crm0811191229031-n1.htm
「ネットに犯行予告?」記事で毎日新聞がおわび (asahi.com 2008年11月19日12時47分)
http://www.asahi.com/national/update/1119/TKY200811190165.html
「ウィキペディアで犯行示唆」 恥ずかしい大誤報を毎日新聞が謝罪 (J-Cast 2008/11/19)
http://www.j-cast.com/2008/11/19030585.html
毎日新聞がおわびと訂正 「犯行を示唆?」の記事 (共同通信 2008年11月19日)
14:31訂正:http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111901000329.html  (訂正前魚拓)
ウィキペディアの時刻表示は、日本標準時よりも8時間遅い「協定世界時」で、実際には事件2時間後の書き込みだったという。社内で締め切り後に気付いた。
連続殺傷事件で、毎日新聞がおわびと訂正 (ニッカンスポーツ・コム 2008年11月19日12時8分)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20081119-431203.html
ウィキペディアの時刻表示は、日本標準時よりも8時間遅い「協定世界時」で、実際には事件2時間後の書き込みだったという。社内で締め切り後に気付いた。
  • 『日本標準時よりも8時間遅い「協定世界時」』?お前はどこの国の人だ?
サイトの記述は事件後書き込み ウィキペディア (毎日新聞 2008年11月19日 毎日西部版夕刊)
吉原健二さんの妻靖子さんが刺された事件に関連し、ネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行示唆と受け取れる書き込みをしたとする人物が19日、「たいへんなご迷惑をかけました。私の書き込みは事件後です」との文書を同サイト内に掲載した。
サイトに表示される更新日時は設定を変えない場合、自動的に、日本時間より9時間遅れとなる「協定世界時(UTC)」になるという。書き込み日時は11月18日午後0時27〜32分だが、UTC表記のため実際には9時間後、事件報道直後の午後9時半前後だった。問題の書き込みは、サイト内の「社会保険庁長官」の項目で、歴代長官の表に「×は暗殺された人物を表す。」とただし書きを加え、吉原さんの名前の前に「×」を記入していた。
【おわび】
19日朝刊25面、「『×吉原健二』6時間前予告か」の見出し記事で、書き込みがあった時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。お詫びして訂正します。

毎日新聞「ウィキペディアで犯行示唆」と誤報、実際は事件後の記述 (Internet Watch 2008/11/19 18:06)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/11/19/21592.html
毎日新聞社社長室広報担当では、記事を担当した記者が時刻表記の協定世界時と日本標準時を誤認したことが原因と説明。また、記事では「アクセスの記録などから書き込みがなされたパソコンが特定できるとみられ、捜査本部は慎重に調べている」と報じていたが、これについては「書き込みの内容は参考情報として捜査当局にも伝えていた」としている。
「犯行示唆した書き込みがあった」 大誤報毎日新聞の懲りない「弁解」 (J-Cast 2008/11/19)
http://www.j-cast.com/2008/11/19030649.html
ハンドルネームまで挙げて「大誤報」を流したにもかかわらず、「犯行示唆と受け取れる書き込みをしたとする人物」「問題の書き込み」などと書き込み自体を批判的に捉えている。誤報には相当の理由があった、という「弁解」にも受け取れる書き方だ。
毎日新聞の誤報、ミスよりも深刻な社会部的な取材手法 (ガ島通信 2008/11/19)
http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20081119/1227106677
これは、毎日報道「ネットに犯行示唆」は誤報という産経新聞の記事の『書き込みの内容は、参考情報として、捜査当局にも伝えていたという』で明らかなように、記者がウィキペディアの書き込みを見つけて警察に伝えて記事にしたものです。
あいまいな記事の書き方はマスメディアにも警察にもメリットがあります。マスメディアは「捜査本部は調べている」とまるで情報主体が警察にあるように書くことで責任を回避できますし、警察は情報の非対称を利用して記者をコントロールすることが出来ます。
このようなマッチポンプは、社会的にインパクトのある凶悪事件のたびに繰り返されています。報道されていた目撃情報と逮捕者が違っていたということがありますが、それは記者が現場で見たことを警察に伝えて、否定しなければ「捜査本部は調べている」「捜査本部もこの情報を把握している」と書いているからです(例えば、神戸連続児童殺傷事件では、「黒いポリ袋を持った30-40歳代の中年の男性」「黒いブルーバード」という犯人像がさかんに報道された)。

2008/11/20

おわび:「ネットに犯行示唆?」の見出しと記事=11月19日付朝刊 (毎日新聞 2008年11月20日) (毎日新聞 2008年11月20日朝刊(14版)27面)
http://mainichi.jp/select/jiken/20081119/etc/owabi.html  (魚拓)
19日朝刊「ネットに犯行示唆?」の見出しと記事を掲載しましたが、書き込みがあった時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。
ネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行示唆と受け取れる書き込みをしたとする人物が19日「たいへんなご迷惑をかけました。私の書き込みは事件後です」との文書を同サイト内に掲載しました。
「ウィキペディア」に表示される更新日時は設定を変えない場合、自動的に日本時間より9時間遅れとなる「協定世界時(UTC)」になります。書き込み日時は11月18日午後0時27~32分でしたが、UTC表記のため実際には9時間後、事件報道直後の午後9時半前後でした。本紙記者はその事実を把握しないまま記事にしました。
541 :名無しさん@九周年:2008/11/21(金) 07:55:22 ID:FJwx+ssB0
(中略)
こりゃヘイポーの謝罪文以下だろ

(1)犯行の示唆でないのに、犯行の示唆した誤報を行ったことへの謝罪が無い
(2)犯人扱いしたpoponsへの謝罪が無い
(3)謝罪が無いところか、「犯行示唆と受け取れる書き込みをしたとする人物」とか
 自分の誤解を、あくまで書いた側の責任にする方針を貫いている
(4)poponsが謝罪したことで、poponsが謝罪するべきことをしたかのような雰囲気にし
 何やら毎日がその被害者であるかのような誤解を与える文章になっている 
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1227062839/541
【元厚生次官ら連続殺傷】毎日新聞が朝刊でも改めて「おわび」 (MSN産経ニュース 2008.11.20 08:36)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081120/crm0811200837003-n1.htm
旧厚生省の事務次官と妻が連続して殺傷された事件で、「ネットに犯行示唆?」と題した誤報記事を19日朝刊紙面で掲載した毎日新聞が、20日付の朝刊で「おわび」を掲載した。
毎日新聞が“ていねいなおわび”を掲載 (サンケイスポーツ公式サイト 2008.11.20 08:53)
http://www.sanspo.com/shakai/news/081120/sha0811200853012-n1.htm
毎日新聞、「サイトで犯行示唆」の誤報で再度「おわび」 (J-Cast 2008/11/20)
http://www.j-cast.com/2008/11/20030682.html
マスコミ黙殺?毎日新聞誤報に釣られたテレビ局の醜態 (探偵ファイル 11/20)
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/11/20_01/index.html
今回の騒動については各社が記事を掲載したが、テレビ局が一斉に釣られた件には、なぜか一切触れていない。このような報道姿勢に対して、「バッシングの対象になりやすい毎日新聞に批判を集中させ、マスコミは互いに庇い合っているのではないか」と疑問視する声も出ている。
毎日新聞、誤報記事の責任転嫁する「おわび」掲載、失笑を買う (Internet Watch やじうまWatch 2008/11/20)
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2008/11/20/
ところが、毎日新聞が掲載した「おわび」が、Poponsさんの謝罪文を引用して、だましたのはPoponsさんのせいだといわんばかりの内容になっている。

2008/11/22〜30

2008年11月19日毎日新聞で報道されたWikipediaでの犯行予告報道について (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%BA%81%E9%95%B7%E5%AE%98&oldid=23019700
毎日新聞さんにあれこれ言う資格は無いと書きましたが、今回の件について調べ、考えが変わりました。当初はパニックになっていて、考える余裕がありませんでした。私の書き込みに落ち度が有ったのは事実です。私が悪くないとは言いませんが、私の書き込みが犯罪予告ではないことは明らかであり、今回の騒動は毎日新聞さんの報道に原因が有ると思います。
私は、被疑者として警察で丸一日取り調べを受けました。私の個人情報やアリバイになるものを警察に提出しました。そのために、会社を休まなければいけませんでした。警察の取り調べ室で取り調べを受けたのは今回が初めてですが、精神的にとても疲れました。毎日新聞さんの報道が私の現実の生活にも影響を及ぼしたのです。
11月22日10時頃、毎日新聞さんに抗議の電話をいたしました。報道機関として然るべき対応を望みます。現在、毎日新聞さんからの返事を待っている状況です。対応について社内で協議するとのことです。--Popons 2008年11月22日 (土) 06:25 (UTC)

元厚生事務次官殺傷事件の報道に、現場的「おい!大丈夫か」 (NikkeiBPnet 2008年11月26日)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081126/115307/
 しかし、間違いが起きるのと、そのまま記事にして紙面に載せるのは大違いだ。いくら記者が「これは特ダネ」と思っても、チェック機能が働くのが新聞だろう。編集長や校閲担当者が「裏はとったか?」とする筈である。
 ところが、「おわび:『ネットに犯行示唆?』の見出しと記事=11月19日付朝刊(毎日jp 11月20日)」では「本紙記者はその事実を把握しないまま記事にしました(同)」とあるだけで、「裏をとらなかった」ことには一切の説明もない。しかも、受けとり方によっては「書き込みをしたとする人物(同)」の責任転嫁しているようにも読める内容である(リンク先参照)。
毎日新聞社、「毎日新聞は正義」と誤報被害者を恫喝 (Technobahn 2008/11/30 15:41)
http://www.technobahn.com/news/2008/200811301541.html
 ノートによると誤報後、Poponsさんは事件とは一切関わりがないのは明らかであるにも関わらず警察による事情聴取の対象となり、勤め先を休む羽目に。更に、後日、毎日新聞社会部の担当者と面会を行い、誤報問題に関して公式な謝罪と補償を要求したが、毎日新聞社側は「毎日新聞は正義」と主張した上で謝罪に関しては「紙面で取り上げる可能性は有る」としてその場では保留に、また、補償に対しては「毎日新聞の誤報が無かったとしても私が警察に取り調べられる可能性は有るので、補償する必要は無い」との見解を示して拒絶したとしている。
「毎日新聞は正義」、誤報への開き直り発言か? (探偵ファイル 2008/11/30)
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/11/30_01/index.html
今年のネット流行語大賞は「変態新聞」に違いないと言われている。今回の騒動により、「変態新聞は正義」が大賞になるかもしれない。

2008/12

殺傷事件で誤報した毎日新聞 犯人扱い、未だ紙面で謝罪せず (J-CAST 2008/12/1)
http://www.j-cast.com/2008/12/01031301.html
ITジャーナリストの佐々木俊尚さんは、こうした毎日の姿勢に対し、「記事で書かれたために警察の取り調べを受けたのですから、きちんとした謝罪が必要」と批判する。同社のおわびがユーザーへの責任転嫁だと指摘されていることにも理解を示し、その背景には、根強いネット不信があるとする。
「変態ニュース問題など以来、社内では『インターネット憎し』の雰囲気で凝り固まっています。新聞読者しか世論とは思っておらず、ネットユーザーらは得体の知れない連中と見ているようです。だから、そんな対応になるんですよ。おわびは、言い訳をしているとしか見えず、冷静さを失って感情的に反応しているように思えます。ほとんど矯正不可能で、世代交代を待つしかありませんね」

毎日新聞による「毎日新聞は正義」発言、ネットで批判が殺到 (Technobahn 2008/12/3 13:38)
http://www.technobahn.com/news/2008/200812031338.html
毎日新聞は11月19日朝刊の誤報記事に関しては、同日付け夕刊で訂正記事を掲載しているが、事件とはまったく無関係のPoponsさんを「暗殺」犯呼ばわりした件に付いては一切、触れてはおらず、加害者側に立った場合の毎日新聞社側の人権意識の欠如が、ネットでの広範囲での反発を招く原因になっているものと見られている。


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。