Magazines appealing to flaky 'sukatoro' fetishists fulfill a fascination for

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Magazines appealing to flaky 'sukatoro' fetishists fulfill a fascination for feces

変態的なスカトロ・フェチにアピールする雑誌が、糞便への魅力を満足させる

0
Magazines appealing to flaky 'sukatoro' fetishists fulfill a fascination for feces
Jitsuwa Knuckles' (January) 実話GON!ナックルズ By Masuo Kamiyama
変態的なスカトロ・フェチにアピールする雑誌が、糞便への魅力を満足させる 2007,12,08
実話ナックルズ(1月号) 実話GON!ナックルズ カミヤママスオ記
1
In the latest installment of Jitsuwa Knuckles' (January) ongoing series on niche media titled "Nihon Eros no Genfukei" (The Primeval Landscape of Eros in Japan), Kureichi Matsuzawa turns his attention to turds.
「日本 エロスの原風景(日本におけるエロスの原始の風景)」と題された、ニッチなメディア・実話ナックルズで現在連載中のシリーズものの、1月号の最新記事において、松沢呉一は彼の注意をうんちに向けている。
2
Printed matter about fecal matter, Matsuzawa relates, first began popping -- as opposed to pooping -- up in SM-enthusiast magazines from around the 1950s, and by the early 1960s stories were regularly featured in such fetish periodicals of the times as "SM Fuzoku Kitan" and "Kitan Club."
糞便に関する印刷物は、松沢の物語るところによると、最初は1950年代あたりからSM愛好者向け雑誌としてポンポンと -- プリプリとではなく -- 出はじめ、1960年代はじめまでに、「SM風俗奇譚」や「奇譚クラブ」といった、当時のとてもフェティッシュな定期刊行物で定期的に記事が特集された。
3
But it was not until the mid-1970s that glossy color magazines began appearing in which female models let loose before the cameras, revealing the end results of bladder and bowel evacuation in all their gross glory.
These were typically dispensed via vending machines.
しかし、女性モデルがカメラの前で好きなように緩ませて膀胱と大腸からの排泄物のてんこもりという結末となるのが、光沢のあるカラー雑誌に載りはじめるのは、1970年代半ばまで待たなくてもよかった。
これらは一般的には自動販売機を介して販売された。
4
This genre of glossy magazines, known as "binibon" (vinyl books), were so named because they were enclosed in transparent plastic pouches that prevented their perusal without purchasing.
Because binibon contents made no effort to comply with obscenity laws (which at the time even banned display of pubic hair), they were circulated underground, and while they typically lacked a publication date, Matsuzawa estimates they began achieving mass circulation from around 1983.
この美麗な高級雑誌の分野は、「ビニ本(ビニール本)」として知られているのだが、購入せずに熟読されることを防ぐ透明なビニール袋に包まれていることから、このような名前がついた。
ビニ本の内容は猥褻法(この法律は現時点では、恥毛の表示すら禁じている)に従うための努力をまったくしなかったので、これらは、暗々裏に流通されて、基本的に発行日が書かれていないのだが、1983年頃から大量部数発行を成し遂げるようになりはじめた、と松沢は推定する。
5
Content-wise, the binibon were able to go where circulated periodicals could not, but initially their contents were still largely SM-related.
Their stock in trade usually involved a session commencing with tying up a female model with ropes; dripping hot candle wax on her bare epidermis as she squealed in mock humiliation; followed by the coup de grace, in the form of an enema -- upon which readers were treated to the sordid spectacle of her voiding her bowels.
内容面で、流通された定期刊行物が到達できないところにまでビニ本は到達したが、最初のうちビニ本の内容は依然として概してSMに関連していた。
これらのオハコは、普通はある一連のものごとである:はじめに縄で女性モデルを緊縛し、彼女が偽の恥辱の中で金切り声をあげる間彼女のむき出しの皮膚に熱い蝋燭の蝋をしたたらせ、浣腸をもってしてとどめの一撃につながる -- そのとき読者は、彼女が大腸の中身を排泄するという、卑しむべき見世物をごちそうとしていただくのだ。
6
A second binibon formula appealed to voyeurs.
Initially these were also strewn with SM-style stories, but gradually shifted their focus to fecal matter, mainly through lascivious leering of ladies letting loose in loos.
This change, Matsuzawa suggests, possibly came about as a result of requests by readers themselves.
Unlike DVDs of today, which include sneak shots of women filmed by concealed cameras, the photographic contents were almost entirely "yarase" (fabricated), but this was still enough to gladden those guys who glory in gazing at guano with gusto.
第2のビニ本のスタイルは、のぞき趣味の人の興味をそそった。
初期においては、それらにはSM形式の物語がちらばっていたが、しかし次第に、主にトイレで解放する女性にみだらな色目を向けることにより、焦点を糞便へと動かした。
松沢の示唆するところによると、この変化は、おそらく読者自身の要求の結果として起こった。
隠しカメラで撮影された女性の隠し撮りが収められる今日のDVDと違って、写真の内容はほとんど完全に「ヤラセ(捏造)」であったが、これは心からの楽しみをもって糞便を眺めることを悦びとする男性たちを喜ばすには十分であった。
7
Most representative of the latter formula would be an ongoing series named "The Unko" (Shit) from a publisher named Kitami Shobo.
後者のスタイルの最高の典型は、北見書房という名の出版社の「ザ・ウンコ(糞)」と名づけられた現在連載中のシリーズであろう。
8
This was, Matsuzawa writes, a new turning point in the evolution of pornography.
Up to then, scatological themes had been treated merely as offshoots of sadomasochism or voyeurism.
But suddenly, new publications began showing clean-cut teenage idols producing the foulest, most disgusting things imaginable, and it imparted an all-new kind of shock.
松沢の書くところによると、これは、ポルノグラフィーの進化の新たなターニングポイントであった。
そのときまでは、スカトロものはサドマゾ主義やのぞき主義の派生物として扱われていたに過ぎなかった。
しかし突然、新しい出版物は、考えられる限りもっとも臭くて最も吐き気がするものを生産する、身だしなみのよい十代のアイドルを見せ始めるようになり、まったく新しい種類の衝撃を与えた。
9
Matsuzawa himself insists he is not particularly infatuated with these scatological publications, but he admits the sheer incongruity of photos showing cute, young, giggly female models producing a horrendous dump to be appealing, in a warped sort of way.
松沢自身は、自分はスカトロ系出版物に特に夢中になってはいないと強く主張するが、しかし彼は、かわいくて若くてくすくす笑う女性モデルがものすごい大便を生産しているのが写った写真における激しいギャップは、いくぶん倒錯的な意味合いで魅力的であると認める。
10
Jitsuwa Knuckles displays the cover art of nine past publications -- with the intestinal output masked so as not to offend reader sensibilities.
The title of one, Baby Face no. 4, is "Reiko Kayama: Koakuma no Sasayaki" (Reiko Kayama: A Little Devil's Whisper).
実話ナックルズは過去の出版物9点の表紙絵を表示している -- 読者の繊細な神経を害さないように腸からの生産物は修正されている。
そのうちのひとつのタイトル・Baby Face 4号は、「REIKO・KAYAMA: 小悪魔のささやき(レイコ・カヤマ: 悪ガキのささやき声)」である。
11
Other covers on the facing page include such colorfully descriptive titles as "Haisetsu Shibuki" (A Surge of Excrement); "Scatolo Fuck"; "The Unko No. 6: Sohaisetsuryo 1,860g" (The Shit no. 6: Total Volume Excreted, 1,860 grams); and "Water Power No. 2: Funnyo Hoshoku" (Weaning Oneself away from Consumption of Shit and Piss).
見開きのページに載せられたその他のカバーには、「排泄しぶき(排泄物の急増)」、「THEウンコ第6号: 総排出量1860g(ザ・ウンコ第6号: 排泄された総量1860グラム)」、「water power No.2 : 糞尿放食(糞尿飲食の放棄 *1 )」といった大変カラフルで叙述的な書名が含まれている。
12
Eichi Shuppan's "Baby Face" series continued to be published until earlier this year.
But the company, which infuriated foreign residents last February when it flaunted a glossy A4 MOOK titled "Kyogaku Gaijin Hanzai Ura File 2007" (Astonishing Insider Files on Crimes by Foreigners, 2007), filed for bankruptcy not long afterwards.
Its Web site, (www.eichi.co.jp) appears to have been discontinued. (By Masuo Kamiyama, contributing writer)
英知出版の「Baby Face」シリーズは今年のはじめまでは出版され続けた。
だがこの会社は、「驚愕の外人犯罪裏ファイル2007(2007年 外国人による犯罪の驚くべき内部関係者ファイル)」というタイトルのまことしやかなA4サイズのムックを堂々と発行した今年の2月に在留外国人を激怒させたのだが、その後間もなく破産を申請した。
英知出版のウェブサイト(www.eichi.co.jp)はもう更新されないようである。(寄稿執筆者カミヤママスオ記)

拡散状況

SeekJapan
部分転載:http://www.seekjapan.jp/news/other/2007-12-14
Новости из Японии(ロシア語:日本からのニュース)
http://news.leit.ru/archives/817


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。