Former celebrity cannibal struggles for next meal

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Former celebrity cannibal struggles for next meal

かつてセレブだった人食いは、次の食事のために奮闘する

0
Former celebrity cannibal struggles for next meal 2006,02,21
Shukan Shincho (2/23) By Ryann Connell
かつてセレブだった人食いは、次の食事のために奮闘する 2006,02,21
週刊新潮(2/23) ライアン・コネル記
1
Life appears to have turned the circle for Japan's "celebrity cannibal" Issei Sagawa, who tells Shukan Shincho (2/23) that a quarter of a century after his most infamous meal, now there's something eating him.
日本の「人食いセレブ」佐川一政にとって、人生は、因果の輪が廻って報いがきたようだ。彼は週刊新潮(2/23)に、彼の最も悪名高い食事の後四半世紀経って、彼を蝕んでいることがあるという。
2
Sagawa's sorrow stems, it seems, from having made himself unemployable by cashing in too much on the notoriety he gained for cannibalizing a Dutch woman in Paris back in 1981.
どうやら佐川の悲しみは、1981年にパリでオランダ人女性を食べたことによって得た悪評を利用しすぎたせいで、自分を雇用されないようにしてしまったことに起因するようだ。
3
The fiend who not only avoided prison time for his monstrous meal but managed to sashay his gruesome act into a celebrity career that left him with as much of a taste for luxury as he had displayed for human flesh.
怪物的な食事に対する懲役を逃れたのみならず、身の毛のよだつ行為から、人肉から味わったぜいたくな味わいと同じくらいひどく彼に悪い後味を与えた、セレブへの道にと颯爽と歩いていくことを成し遂げた悪鬼。
4
But now, as free as ever, Sagawa-kun -- the cannibal killer is nearly always referred to in Japan using the diminutive "kun" usually reserved for young (and largely innocent) men -- is struggling to come up with his next meal.
And that's legitimate foods and not the type of dish he partook of, creating headlines that sent shockwaves across the world 25 years ago.
しかし今、これまで通り自由の身だが、佐川君 -- この人食い殺人者はほとんどいつも、日本では、 若い(そしてたいていは無垢な)男のために通常使う指小語「君」を使って言及される -- は、次の食事を用意するために奮闘している。
そして、それはまっとうな食事であり、25年前に世界中に衝撃波を送った大ニュースを作り出した、彼が堪能したタイプの料理ではない。
5
"It was even harder to accept because he was the son of a very prominent businessman in Japan.
He made it very difficult to be a Japanese in Paris at the time," a correspondent for a major Japanese newspaper at the time of Sagawa's cannibalistic carnage tells Shukan Shincho.
"He was eventually judged insane and in 1984 returned to Japan and put into a mental hospital, where it should have finished."
「彼が日本の大変突出したビジネスマンだったため、あのことは余計に肩身の狭いことでした。
彼は、当時パリで日本人であることを大変難しいものにしました」と、佐川の人食い大虐殺の時期の、主要な日本の新聞紙の特派員は週刊新潮に語る。
「彼は結局精神異常と判断されて、1984年に日本に帰国して精神病院にいれられました、そこで終わればよかったのですが」
6
But, exploiting a loophole, Sagawa walked free just a year after his return to Japan and promptly began selling himself to the public.
しかし、法の抜け穴につけ込んで、佐川は日本への帰国からわずか1年後に無罪放免になり、即座に自分自身を世間に売り込み始めた。
7
"There were problems with his behavior that stem from around then.
It might have been cute that he started writing for magazines and appearing on TV.
But then he appeared in a number of adult movies and went around saying things like 'White women taste great,'" a legal beat reporter says.
"Writing a book about the killing just showed a total lack of decency."
「その頃からはじまった彼の振る舞いには、問題がありました。
雑誌に執筆を始めたりテレビに出演するようになったことは、かわいらしいことだったかもしれません。
しかしまもなく彼は何本もの成人映画に登場し、『白人女性はとてもおいしい』などといったことを言って歩き回りました」と、法律の番記者はいう。
「あの殺人についての本を書いたことは、まさに良識が完全に欠落していることを示しています」
8
Sagawa complains that the past quarter century has not been an easy one for him.
佐川は、過去の四半世紀は彼にとって楽なものではなかった、と不平をいう。
9
"My parents, who went through so much, passed away on consecutive days in January last year, my father on the fourth and mother the following day.
I was being chased by debt collectors at the time and had fled into hiding in Chiba Prefecture, so, unfortunately, I couldn't see them before they died," the cannibal tells Shukan Shincho.
"The funerals were put on by my father's old company, so I wasn't welcome.
I had to watch from a closed circuit monitor set up in a different room."
「私の両親は、大変な苦労をし、昨年1月立て続けの2日間に亡くなりました、父は4日、母はその翌日です。
その時私は借金取りから追いかけられていて、千葉県に逃走していたところで、そのため、残念なことに、かれらが死ぬ前に会うことはできませんでした」と、食人者は週刊新潮に語る。
「葬儀は私の父の以前の会社によって行われ、そのため私は歓迎されませんでした。
私は別室の中に設置された有線テレビごしに見なければなりませんでした」
10
Sagawa moans that he's hardly got enough money to feed himself.
佐川は、彼が食べていくのに十分な金をほとんど手に入れられない、と嘆く。
11
"My inheritance allowed me to pay off all my debts and I've been living in public housing since April last year.
My diabetes worsened when I was in hiding in Chiba and the only way I could survive was to go on welfare.
I'm not on welfare anymore, though," Sagawa says.
"Mind you, I'm not exactly flush with cash, either.
It's a struggle to come up with the 70,000 yen a month I need to buy my special diabetes food packages."
「相続した財産で借金は全て払うことができ、私は昨年の4月から公団住宅に住んでいます。
私の糖尿病は千葉に隠れていたときに悪化し、私が生き残れるかもしれないたった1つの方法は、生活保護を受けることでした。
とはいえ、私は今はもう生活保護を受けていません」と佐川はいう。
「ですが、私はとても景気がいいわけでもありません。
私の特別な糖尿食を買うため必要な、ひと月あたり7万円を工面することは、大変な苦労です」
12
Sagawa's struggles are a far cry from his late-'80s heyday.
Sagawa first found a niche after the 1989 arrest of pedophile killer Tsutomu Miyazaki as he provided a media shocked by the gruesome nature of Miyazaki's crimes by speaking out on what goes through a murderer's mind.
佐川の大変な苦労は、彼の80年代後半の全盛期とは大違いだ。
佐川はまず、小児愛の殺人者・宮﨑勤の1989年の逮捕の後、最適な仕事分野をみつけた。彼は、宮崎の犯罪の身の毛もよだつ性質に衝撃を受けたメディアに、殺人者の頭の中をどんなことがよぎるかを、ずばっと言って教えたのだ。
13
"At my busiest, I was writing for dailies, monthlies -- four publications at once at one stage.
In a good month, I'd get 1 million yen just through royalties alone," he says.
"Then, on top of that, I was also making money giving lectures and appearing on talk shows."
「一番忙しかったときは、私は日刊紙や月刊誌に執筆をしていました -- あるときは同時に4つの刊行物に。
多い月は、印税だけで100万円を得たものです」と彼はいう。
「そして、それに加えて、私は講演することやトークショーに出演することでもお金を得ていました」
14
Amazingly, Sagawa's celebrity status also seemed to serve as some kind of aphrodisiac for a certain type of woman.
驚くべきことに、佐川のセレブとしての立場はまた、ある種の女性にとって、媚薬のようなものとして働いたらしい。
15
"I went on lots of dates with women I was close to.
We didn't have sex, though," he says, before going on to defend his choice of a career as a porn actor.
"I wasn't really keen at first, but they were paying me 300,000 yen a movie.
I had to keep on doing it to make a living."
「私は親しくなった女性たちと何回もデートに出掛けました。
とはいえセックスはしませんでした」といってから彼は、ポルノ男優という経歴を選択したことの弁明をした。
「最初は私はそんなに熱心ではありませんでしたが、1本あたり30万円も支払われたのです。
生計を成り立たすため、私は男優をし続けなければなりませんでした」
16
But the good times soon ended.
Within about five years of becoming a national celebrity, Sagawa's media work dried up.
He sought the help of loan sharks to get money to live on.
Having done that, it wasn't too long before he was seeking help trying to escape the loan sharks.
しかしよき時代はすぐに終わった。
国家的セレブになってから約5年のうちに、佐川のメディアの仕事は干上がった。
彼は生きていくための金を得るため、高利貸に助けを求めた。
そんなことをしたため、彼が高利貸から逃れようとするための助けを求め始めるまで、それほど時間は掛からなかった。
17
"I wrote out about 500 resumes and stomped around to all these different companies looking for a job, but nobody wanted to take me on.
A language school position I applied for looked good after the boss said he admired my courage for not trying to hide who I am, but I missed out on getting work when all the other members of staff came out in opposition to working with me," Sagawa tells Shukan Shincho.
"I'm writing a book at the moment, but the big problem I've got now is that I can't find a company willing to publish it."
(By Ryann Connell)
「私はおよそ500枚の履歴書を書いて、仕事を探しながらありとあらゆる会社へと歩き回りましたが、しかし誰も私を雇おうとしませんでした。
私が応募したある語学学校の職業は、私が誰であるかを隠そうとしなかった勇気に関心したとボスが言ってくれたので、よさそうでしたが、他の職員全員が私と一緒に働くことに反対するようになったため、就職しそこないました」と、佐川は週刊新潮に語る。
「現在、私は本を書いていますが、しかし私が今抱えている大きな問題は、それを出版するつもりのある会社を、見つけられないことです。」
(ライアン・コネル記)
18
February 21, 2006
2006年2月21日

拡散状況

Psychommu Gaijin
部分転載:http://pgaijin.blogspot.com/2006/02/mainichi-daily-news-waiwai-former_22.html
Japundit
部分転載:http://blog.japundit.com/archives/2006/02/25/2033/
部分転載:http://blog.japundit.com/archives/2006/02/22/2020/
英語サイト
http://www.asiafinest.com/forum/index.php?showtopic=65318
http://www.e-budo.com/forum/showthread.php?t=32891
部分転載:http://www.japanfortheuninvited.com/articles/issei-sagawa-the-celebrity-cannibal.html
部分転載:http://newsgroups.derkeiler.com/Archive/Alt/alt.true-crime/2006-02/msg04028.html
部分転載:http://www.pornannals.com/free-porn-news-2006-02-21.html
部分転載:http://www.pornmoviesshow.com/free-porn-news-page47.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。