「SEX依存症」の女性が増えている

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Might as well face it you're addicted to sex

それに直面して、あなたはセックス中毒になっているも同然だ。

「SEX依存症」の女性が増えている

*1
「SEX依存症」の女性が増えている 1997.07.27 
Might as well face it you're addicted to sex
それに直面して、あなたはセックス中毒になっているも同然だ。

Shukan Taishu 8/4 BY Takeshi Ito  
週刊大衆 8/4 タケシ・イトウ

“Please someone cool down my burning body.”
“I can't sleep if I spend an entire day without having sex.”
“I want to find my self in men's arms,feel men inside of me all the time.”
「ほてった私の体を誰か冷まして、お願いよ」
「丸一日セックスせずに過ごしたなら、眠れないわ」
「男性の腕の中で目覚めたいの、いつも私の中に男性を感じていたいの」

No,these vulgar confessions aren't what you find on public toilet walls.
They are what a growing number of women suffering from a little-known case of addiction tell their doctors and counselors.
According to Shukan Taishu, more and more Japanese women are becoming addicted to sex.
違うんです、これらの下品な告白は、あなたが公衆トイレの壁に見つけるものではありません。
これらは、あまり知られていない症状の中毒に苦しむ、その人数を増しつつある女性たちが、彼女たちの医者やカウンセラーに述べた言葉です。
週刊大衆によると、ますます多くの日本女性がセックス中毒になっていっています。

In a three-part report,the magazine informs us that a dependency on sex is a well-known symptom in the United States where it has been treated as a“sickness”for more than 10 years.
三節のレポートで、この雑誌は、セックスへの依存は 10年以上に渡って「病気」として治療されているアメリカ合衆国ではよく知られた症状だと私たちに紹介しています。

“There are many reported cases in the United States where addicted people took desperate actions.
The symptom is generally considered as a sickness peculiar to women,”medical journalist Junji Maki informs Shukan Taishu.
“Sex addiction is as serious as that to alcohol,nicotine and narcotics.”
「中毒となった人々が自暴自棄の行動をとったアメリカ合衆国では、報告された症例が多くあります。
この症候は、ほとんどの場合は女性特有の病気だと考えられています。」医学ジャーナリストの ジュンジ マキ は週刊大衆に紹介します。
「セックス中毒はアルコール、ニコチン、そして麻薬のそれと同じくらいに深刻です」

While this condition remains virtually unknown in Japan,counseling sources note women suffering from it are growing in number.
この疾患が、未だに日本ではほとんど知られていないと言ってもいいくらいである一方で、カウンセリングの情報筋は、それに苦しむ女性は数の上では増加しているのだと注記します。

“I used to suffer from sex dependency,”freelance journalist Yasuko Nihonmatsu confesses to Shukan Taishu.
“I used to hang out in bars every night to pick up men,”the 33-year-old says,recalling her condition seven years ago.
「私はかつてセックス依存に苦しんでいました」フリーランスジャーナリストの二本松 泰子は週刊大衆に打ち明けました。
「わたしはかつて、男性を引っかけるために毎夜バーに入りびたりました」7年前の彼女の健康状態を思い出しながら、33歳の彼女は言います。

“I've never counted, but on an horny month,I must have slept with about 40 men.
I couldn't stand sleeping alone.
In those days,I was an alcoholic.
Night after night,I drank until I lost consciousness.
I used to wake up and find a man I had never seen before sleeping next to me.”
「決して数えていたわけではないの、けど、性的に興奮してムラムラする月には、私は40人くらいの男と寝なきゃならなかったわ。
私は独り寝に耐えられなかったの。
その頃は、私はアルコール依存症患者だったわ。
毎晩毎晩、私は意識を失うまで飲んだの。
かつては、目覚めたら、寝る前には見たこともなかったような男性を傍らに見つけたわ」

Nihonmatsu tell Shukan Taishu her problem started when her husband left her.
The condition stayed with her for four years until a man she could trust stepped into life.
二本松は週刊大衆に、彼女の問題は彼女の夫が彼女を見捨てた時に始まったのだと語ります。
彼女が信頼することができた男性が人生に踏み込んで来るまで、その病気は4年間彼女と共に在りました。

Massage parlor employee Madoka,22,has a similar experience to share.
“When my boyfriend walked out on me,I became mentally unstable,”she says.
“I developed an overeating habit.
I became violent.
I couldn't calm myself down when I had nobody to sleep with.”
Madoka tells the magazine she took up her present job,thinking it might help her quench her thirst for men.
マッサージパーラー従業員の、22歳のマドカは共有する同様の経験を持っています。
「ボーイフレンドが私を見捨てた時に、私は精神的に不安定になりました」彼女は言います。
「私は過食癖がつきました。
私は暴力的になりました。
一緒に寝てくれる人が誰もいない時には、私は自分自身を落ち着かせることができませんでした。」
彼女の現在の仕事を始めたのは、それが彼女が男性への渇望を冷ますことを助けてくれるかもしれないと考えてだとマドカは雑誌に語ります。

She was able to beat the addiction after going to bed with 100 men, excluding her customers,and finally meeting a man she could trust and love.
彼女は彼女の顧客を除いた100人の男性とベッドに行った後に、中毒を打ち負かすことができました。そしてついには、彼女が信じ、そして愛することのできた男性と出会いました。

Shukan Taishu notes women addicted to love-making are aware of their condition.
They try to stop themselves from acting indecent and seducing men, but they always fail in their efforts.
週刊大衆は、セックス中毒の女性は自らの疾患に気づいているのだと注記します。
彼女たちは自らがみだらに振舞うことと男性を誘惑することを止めようと試みて、けれど彼女たちはいつも試みに失敗するのだと。

“Like bulimia and anorexia,addiction to sex is a kind of balancing behavior,”explains psychiatrist Akitsugu Kuwazaki.
“Women with the condition have developed the feeling that they can not trust men.
They have totally closed their hearts on men.
In reaction,they look for excessive physical contact.”(TI)
「過食症や拒食症のように、セックス中毒は均衡を保つための行いの一種なのです」精神科医のアキツグ クワザキは説明します。
「この病気の女性は、男性を信用できないという感情を育んでいます。
彼女たちは男性に対して、心を完全に閉ざしています。
反動として、彼女たちは過度の身体的な関係を求めるのです」

元資料

19970727.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。