Japan's former Pink Princess trades raunchy scenes for rural canteen

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japan's former Pink Princess trades raunchy scenes for rural canteen

日本の元ピンクの女王、ひわいなシーンを田舎の食堂と交換する

0
Japan's former Pink Princess trades raunchy scenes for rural canteen 2006,03,02
Shukan Shincho (3/2) By Ryann Connell
日本の元ピンクの女王、ひわいなシーンを田舎の食堂と交換する
週刊新潮(3/2) ライアン・コネル記
1
Where the West has blue movies, Japan goes pink.
But the woman who became Japan's Princess of Pink gave up acting in softcore flicks decades ago and is now in the pink, running a company canteen in rustic Kumamoto Prefecture, according to Shukan Shincho (3/2).
西側諸国ではブルーフィルムだが、日本ではピンク映画という。
しかし、日本のピンクの女王になった女性は、何十年か前にソフトコア映画で演じることに見切りをつけて、今では とても元気(in the pink)に、田舎の熊本県で社員食堂を切盛りしている。週刊新潮(3/2)より。
2
Tamaki Katori became known as the Pink Princess following appearances in over 600 softcore movies, including the first of the genre ever to be made in Japan.
香取環は、600を超えるソフトコア映画 -- その中にはこのジャンルで日本で最初に作られたものも含まれる -- に出演したためピンクの女王として知られるようになった。
3
Now, the weekly notes in one of its segments to mark 50 years in publication, Katori has washed her hands of the dirty movie caper in favor of washing dishes in the canteen.
今、香取は食堂で皿を洗うほうを好んで、いやらしい映画の悪ふざけから足を洗った、と週刊新潮は、創刊50周年記念号の一部で言及する。
4
Katori was born in Kumamoto in 1938, the fourth daughter of the president of a pharmaceuticals company.
While in high school, she was chosen as Kumamoto's representative in the Miss Universe Kumamoto beauty contest before going on to secure a contract with Nikkatsu, then one of Japan's biggest movie companies.
香取は1938年に熊本で生まれた、製薬会社社長の四女である。
高校に通っている間に、彼女はミス・ユニバース熊本美人コンテストの熊本代表に選ばれ、そののち、当時日本最大の映画会社の一つ・日活と契約を結ぶようになった。
5
In the early '60s, Katori managed to get some bit parts in hit movies alongside huge stars such as Yujiro Ishihara, but that didn't necessarily mean she was on easy street.
60年代はじめ、香取は、石原裕次郎などの大スターと一緒の人気映画の端役になんとかなれたものの、それは必ずしも彼女が安楽に暮らせたことを意味しなかった。
6
"At the time, the average company worker was getting about 18,000 yen a month, but a bit part in a movie was only worth around 4,500 yen.
I was living in an 18-square-meter flat in (student district) Takadanobaba, where the rent was only 6,000 yen a month, but I still only barely made enough to pay that," Katori tells Shukan Shincho, adding that she walked as much as possible to cut down on traveling expenses so she would have enough money to survive.
「あの時は、普通の会社員がひと月あたり約1万8千円を得ていましたが、映画1本につき、端役は、わずかに約4500円でした。
私は(学生街の)高田馬場で18平方メートルの共同住宅に住んでいて、そこの家賃はひと月あたりたったの6000円でしたが、それでも私は家賃を払うのに十分稼ぐのがやっとのことでした」と香取は週刊新潮に語り、交通費を節約するため可能な限り歩いて生き延びるために十分な金を残せるようにしたものだ、と付け加える。
7
Katori's struggles were compounded when Japan's movie industry suddenly fell into a slump, forcing Nikkatsu into bankruptcy and taking away nearly all of Katori's work.
香取の苦境は、日本の映画産業が突然不況になったとき悪化した。日活は破綻に追い込まれ、香取の仕事はほとんど全部とりあげられたのである。
8
It was then that she got the offer that changed her career.
She was asked to appear in a "pinku eiga (pink movie)," the name given to pornographic movies made in Japan by independent filmmakers.
彼女の経歴を変えた申し出を彼女がうけたのはそのときである。
彼女は「ピンクエイガ(ピンク映画)」 -- 独立系映画会社が作る日本製のポルノ映画につけられた名前である -- に出演しないかとたずねられた。
9
"They offered me 20,000 yen a movie.
It was an incredible sum in those days.
I hadn't been able to make it in mainstream movies because people said with my baby face and big boobs I was unbalanced, but those attributes turned out to be exactly what the pink movie business was looking for," she says.
"I didn't have to get fully nude and it let me live a decent lifestyle, so I got right into it."
「彼らは私に映画1本あたり2万円を提示しました。
あのころ、それは信じられないほどの金額でした。
人々が言うには私は童顔と大きなおっぱいのせいでバランスが悪いため、私は普通の映画ではそんなに稼げなかったのですが、しかしこれらの特徴は、結局まさにピンク映画業界が求めているものだとわかりました」と彼女はいう。
「私は全裸にならなくてもよく、まあまあの暮らしをおくれるようになり、そうして私はそこに入り込みました」
10
Katori's pink movie debut was in "Nikutai no Ichiba (The Flesh Market)," which wasn't without controversy.
The Metropolitan Police Department deemed the flick to be obscene and censors slashed seven scenes.
Nonetheless, the movie that cost just 8 million yen to make was a huge box-office hit, reaping over 100 million yen.
香取のピンク映画のデビュー作は「ニクタイノイチバ(肉体の市場)」で、それは物議をかもさずにはいなかった。
警視庁はこの映画をわいせつであるとみなし、検閲者は7つのシーンをカットした。
それにもかかわらず、製作にわずか800万円しかかからなかったこの映画は、莫大に興行的に儲かったヒット作となり、1億円を超える売り上げを得た。
11
Katori became a huge star and was the face of the pink movie industry.
By the time she retired in 1972, she made over 600 softcore flicks.
Despite her huge success attained basically while lying flat on her back, Katori was far from being a fan of sex, which made her feel guilty considering there were others forced to sleep their way to the top in an entirely different manner.
香取は大スターになりピンク映画業界の顔だった。
1972年に彼女が引退するときまでには、彼女は600以上のソフトコア映画に出演した。
基本的に仰向けに寝そべっている間に獲得した彼女の途方もない成功にもかかわらず、香取はセックス好きとは程遠く、このことは彼女に、まったく違う方法でトップにのぼるために寝ることを強要された他の人たちがいることを考えると、罪悪感を感じさせた。
12
"There were so many young girls out there who couldn't get a job unless they slept with a director or producer.
One director thrust a huge wad of cash at me and offered it to me for a one-night stand.
He got me roaring drunk and was dragging me off to a hotel before I got away," Katori tells Shukan Shincho.
"I enjoyed my acting, but I never really got used to the atmosphere of the pink movie business."
「監督やプロデューサーと寝ないと仕事を得られないあまりにたくさんの若い少女があの業界にはいました。
ある監督は莫大な現金の束を私に突きつけ一晩限りの関係を持つよう私に金をだしました。
彼は私を泥酔させて私をホテルに引っ張り込もうとし、私は逃げ出しました」と香取は週刊新潮に語る。
「私は演ずることを楽しみましたが、私はピンク映画業界の雰囲気には決して心から馴染めませんでした」
13
Katori married minor actor Jun Funado, only for the union to end in divorce after seven years.
She later wed a movie director, but that marriage collapsed too.
A third wedding seemed promising for a while, especially after it resulted in a child and the family moving back to Katori's native Kumamoto.
香取は二流の役者・船渡順と結婚したが、その結婚は7年後に離婚という結果になった。
その後彼女は映画監督と結婚したが、しかしその結婚もやはり破綻した。
三回目の結婚は、しばらくの間、とくに一児がもうけられ家族が香取の故郷・熊本に移った後は、将来が明るいと思われた。
14
"My husband went back to work for a relative's pharmaceuticals company, but there were a few people he didn't get on with and, because of that, he left me.
I didn't have very much luck with guys.
My family used to tell me that was because I'd been in so many dirty movies," Katori tells Shukan Shincho.
"That got me really mad, so I went out and got some proper qualifications.
First, I learned how to run a gasoline station.
Then, I took some hygiene qualifications and now I run a canteen for a company run by a relative.
I've got no regrets about my time in the entertainment world.
I'd still go back there now to perform if there was a part for this old girl." (By Ryann Connell)
「私の夫は親類の製薬会社で働くため戻りましたが、彼が仲良くやっていけない人が2・3人いて、そのために、彼は私と別れました。
私は男運がそんなにないのです。
それは私があまりにたくさんのいやらしい映画に出ていたからだと家族は私に言ったものでした」と香取は週刊新潮に語る。
「そのことは私を本当に怒らせたので、私は外へ出てちゃんとした資格をいくつか取りました。
まず、私はガソリンスタンドの経営の仕方を学びました。
そして、私は衛生の資格をいくつか取り、今私は親類が経営する会社の社員食堂を切盛りしています。
私は芸能界での自分の歳月について後悔はありません。
もしこんなおばあちゃん向けの役があるのなら、私は今でもまだ芸能界に戻って演じたいと思います」(ライアン・コネル記)
15
March 2, 2006
2006年5月2日

拡散状況

Barely 18 Movies
http://www.barely18movies.com/blog/?p=165
Psychommu Gaijin
部分転載:http://pgaijin.blogspot.com/2006/03/mainichi-daily-news-waiwai-japans.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。