Japan's "Millionairesses" splash the cash on "feel good" lingerie

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japan's "Millionairesses" splash the cash on "feel good" lingerie

日本の女百万長者(ミリオネーゼ)たちは心地よいランジェリーに現金をはね散らす

0
Japan's Millionairesses splash the cash on feel good lingerie 2006,03,16
Shukan Post 3/24 By Ryann Connell
日本の女百万長者(ミリオネーゼ)たちは心地よいランジェリーに現金をはね散らす
1
Japan once prided itself on nearly everybody being middle class. But now, the country is becoming divided into the haves and have-nots, and the most effective index for judging that gap comes from women's underwear, according to Shukan Post (3/24).
日本はかつて、ほぼ全員が中流階級であることを誇っていた。しかし今、日本は持つ者と持たざる者に分かれるようになり、その格差を判断する最も効果的な指標は、女性の下着からえられる。週刊ポスト(3/24)より。
2
Atsushi Miura, a Post columnist who writes on how to enjoy being lower class, points out that today's Japanese women have clearly divided along financial lines.
下層階級でいることの楽しみ方について書くポスト紙のコラムニスト・三浦展は、今日の日本女性は明らかに職業分野の経済状況に沿って分けられていると指摘する。
3
Miura argues that growing numbers of women taking home annual salaries of 10 million or more, and are rigid in their fashion demands.
These women are, he says, the Millionairesses.
Then there are the Kamayatsu Onna, women at the opposite end of the scale who wear whatever feels good regardless of whether it's feminine, modeled after somewhat slovenly middle-aged Japanese rock star Monsieur Kamayatsu.
手取りで年収1000万以上をもらう女性の数が増大していて、彼女たちは自分のファッションの要求に妥協しない、と三浦は論ずる。
これらの女性は、彼がいうところでは、女百万長者(ミリオネーゼ)である。
そして、階層の反対側に、いささか身なりが汚い中年の日本人ロックスター・ムッシュかまやつを原型とする、女性らしいかどうかを気にせず着心地さえよければ何でも着る女性たち・かまやつ女がいる。
4
Kamayatsu Onna are generally wearing bras and panties sold somewhere from 1,000 yen to 1,500 yen a set.
Shops selling these super cheap undergarments have popped up everywhere across Japan in recent years.
The undies themselves are widely praised for being cheap, cute enough and comfortable.
かまやつ女は、概して1組1000円から1500円くらいで売られるブラやパンティーを身につけている。
これらの極端に安物の下着を売る店は近年日本中のいたるところに現れるようになった。
これらの下着そのものは、安く、十分かわいく、快適であると、幅広く賞賛されている。
5
"They look okay and the price is right, so what more do you need?" a 23-year-old part-time worker tells Shukan Post, referring to her bargain basement bogs.
"I can't believe anybody could consider paying 10,000 yen or 20,000 yen for a pair of undies."
「見た目もいいし、値段も適切、これ以上何が必要なの?」と23歳のパートタイム従業員は週刊ポストに語り、彼女のバーゲン売り場の騒ぎについて言及する。
「パンツ1枚に1万円や2万円を払うことを考えられる人がいるなんて、私には信じられません」
6
She'd better believe it, because even at that price, it's still cheap for many of the Millionairesses, who don't even deign to look at the underpriced underwear and will slip into only the most luxurious lingerie.
彼女は信じたほうがいい。なぜならその値段でさえ、多くの女百万長者にとってはやはり安物で、女百万長者は、安売り下着には目をとめても下さらず、最も豪華なランジェリーだけを身につけだろうから。
7
That's where Wacoal Dia comes into play.
Wacoal Dia is the new top of the line brand released by Wacoal Corp., Japan's biggest purveyor of panties.
ワコールディアが狙ったのはそこだ。
ワコールディアは、日本最大のパンティープロバイダー・株式会社ワコールから発表された新しいラインナップの最上位のブランドだ。
8
Wacoal Dia has recently opened an outlet in the massive Isetan Department Store in Shinjuku following the successful launch last year of an earlier shop in the company's Ginza headquarters.
Wacoal Dia sells itself on presenting lingerie of the finest quality, packed with added value.
ワコールディアは、昨年の会社の銀座直営所の、まえの店の立ち上げの成功に続いて、最近新宿の巨大な百貨店伊勢丹で店舗を開いた。
ワコールディアは最高級ランジェリーを展示しながら売り込んでいて、付加価値でいっぱいだ。
9
Wacoal Dia bras sell from 10,000 yen to 30,000 yen, its panties from 4,000 to 10,000 and camisoles from 20,000 to 50,000.
A typical undergarment set will put back the buyer well over the 100,000 yen mark for items that nobody else will see.
ワコールディアのブラは1万円から3万円で、パンティーは4000から1万で、キャミソールは2万から5万で、売られている。
典型的な下着セットは、他の人は誰も見ない品々に、10万円をはるかに上回る額を買い手に費やさせる。
10
Wacoal Dia's appeal also comes with the service, with the Ginza outlet employing a Lingerie Concierge to help women find the right item, and fitting rooms more spacious than a lot of homes in the capital.
Waiting lists to shop at the store are chock-full.
ワコールディアの魅力はまた、女性が適切な品を見つける手伝いをするランジェリーコンシェルジュを雇っている銀座店や、東京のたくさんの家よりも広々とした更衣室と、そのサービスにある。
11
Store employees say that customers at Wacoal Dia are looking for what looks and feels good, regardless of how much it costs, because they're the types that have money to burn anyway.
ワコールディアの顧客は、見た目も感触も良いものを探していて、値段がどれくらいか気にせず、それは彼女たちはどちらにせよ腐るほどの金を持っている人たちだから、と店の従業員は言う。
12
Related Link Girls that don't care what you -- or anyone else -- think of them
http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/archive/news/2004/07/20040704p2g00m0dm999000c.html
関連リンク あなたが -- あるいは他の誰もが -- 自分たちをどう思っているか気にしない少女たち
http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/archive/news/2004/07/20040704p2g00m0dm999000c.html
13
(Mainichi Japan) March 16, 2006
(毎日 日本) 2006年5月16日

参考資料

三浦展
三浦展氏がどんな人かは、氏の本のAmazonのレビューを読めばだいたいつかめるかと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4895000761

拡散状況

Asian Sex Gazzete
http://www.asiansexgazette.com/asg/japan/japan05news35.htm
Adult Portal
部分転載:http://www.delightfulfantasy.com/news.php?readmore=416
英語サイト
http://www.igoo.com/forums/showthread.php?t=41852
http://steelturman.typepad.com/thesteeldeal/2006/04/what_happened_t.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。