Japanese husbands whine as neglected Chinese brides do a runner


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japanese husbands whine as neglected Chinese brides do a runner

なおざりにされた中国人花嫁がとんずらする一方で、日本の夫はめそめそ泣く

0
Japanese husbands whine as neglected Chinese brides do a runner 2006,04,07
Spa! 4/11 By Ryann Connell
なおざりにされた中国人花嫁がとんずらする一方で、日本の夫はめそめそ泣く 2006,04,07
SPA! 4/11 ライアン・コネル記
1
Japan's increasingly prickly relations with China may have already captured headlines across the globe, but Spa! (4/11) reveals Sino-Japanese relations on a much more personal level -- marriage -- may be even more hostile.
And the weekly says it's Japanese blokes who're to blame.
日本の中国とのますますやっかいになる関係はすでに地球上のいたるところでニュースの見出しを飾っているかもしれないが、ずっと個人的なレベルでの中日関係 -- 結婚 -- はよりもっと敵対的かもしれない、とSPA!(4/11)は明らかにする。
そしてSPA!は責められるべき者は日本の男たちだという。
2
While more Japanese and Chinese couples are tying the knot in Japan than ever before -- some 12,000 married in 2004 -- divorce rates are skyrocketing, with one in three Sino-Japanese marital unions ending in failure.
より多くの日本人と中国人のカップルが今までよりも -- 2004年に約12000組が結婚 -- 契りを結んでいる一方で、離婚率は急上昇していて、中日の夫婦の結びつきの3分の1が失敗に終わっている。
3
Many Japanese guys are quick to blame the women, but independent observers say it's not that cut-and-dried.
日本人の男の多くはすぐに女性を非難するが、複数の別々の観察者が、事情はそんなに型どおりのものではないという。
4
"Chinese women are, like any other women, interested in marrying and becoming happy.
They want their husbands to look after them.
They want them to serve them their rice and find time on their days off to go for a drive together.
They want praise and bright greetings when they wake up in the morning.
That kind of communication is vital in a relationship," Hiroyuki Yoshioka, head of Aobado -- a company that brokers marriages with Chinese women for Japanese male clients -- tells Spa!
「中国人女性は、他のどんな女性とも同じく、結婚することと幸せになることに興味があります。
彼女たちは夫に面倒を見て欲しいのです。
彼女たちは、夫に、ご飯をよそってもらったり休日に時間を割いて一緒にドライブにいってほしがったりしています。
彼女たちは、賞賛や、朝目を覚ますときの明るい挨拶を望んでいます。
この類のコミュニケーションは結婚関係において不可欠なものです」青葉堂(日本人男性顧客のために中国人女性との結婚の仲立ちをする会社)代表の吉岡宏幸はSPA!に語る。
5
Another broker, speaking on condition of anonymity, says sex is the key for survival of Japanese-Chinese marriages.
匿名という条件で話す別の斡旋業者は、セックスが、日本人と中国人の結婚の存続の鍵だという。
6
"Many of the girls coming to Japan have grown up in the country and have only ever done it once.
That was often with a guy they had been seeing for a long time, like half a year or so.
These women consequently place an enormous value on having sex.
After they marry, sex remains important as a way for their husband to physically express his love for her and, if there's no sex, trouble starts," the broker says.
"But Japanese guys get married and turn sexless.
Or, they can't get it up and want to use vibrators.
They've got to make an effort to do things that will please their wives, like falling asleep while cupping their breasts and stuff."
「日本に来る少女の多くは、田舎で成長し、セックスをたった1回しかしたことがありません。
半年ほどの長い間交際し続けた男とするのがしばしばです。
このような事情から、これらの女性は、セックスをすることにものすごく大きい価値を置きます。
結婚した後も、セックスは、彼女の夫にとって、彼の愛を妻に肉体的に表現する方法として重要なものでありつづけ、そして、セックスをしなくなれば、問題が生じ始めます」と斡旋業者はいう。
「しかし日本の男たちは結婚するとセックスレスになります。
もしくは、彼らは勃たなくなりバイブを使いたがります。
彼らは、胸などを掴みながら寝たりといった、自分の妻を喜ばせることをする努力をしなければいけません。
7
Japanese men's approach toward marrying Chinese women has also copped a blast, with many adopting the attitude that they were simply "buying a bride," according to Makoto Hinoshita, the president of Yokohama Bridal Service, tells Spa!
"There really are lots of people like that.
Some people come to me complaining that they'd paid a lot of money and their wife had run off on them.
Mind you, there was one case at another company where a guy whose wife left him after two years said:
'Well, if you figure it was like going to a brothel every night, then I got off cheap.'
There are also loads of guys who come to us with, shall we say, problems of the heart.
There are clearly some real mental cases.
Often, though, men simply don't try to understand their partner.
Loads of guys don't even try to remember a basic greeting in their wives' native language.
But the biggest problem of all is with guys whose parents live with them.
And in the countryside, parents almost always live with their eldest son."
中国人女性と結婚することを目指す日本人男性の取り組み方もまた、多くの者が自分は「花嫁を買っている」に過ぎないという態度をとっているので、騒動を起こす。横濱ブライダルサービスの社長・日下(Hinoshita)誠がSPA!に語るところによる。
「そのような人たちが本当にたくさんいます。
ある人たちは、自分は大金を払って妻は自分をおいて逃げた、とやって来て私に不平を言いに来ます。
いいですか、別の会社の事例では、2年のちに妻に逃げられたある男がこういいました:
『まあ、あれは毎晩売春宿に行くようなものだったと思えば、おれは安くすませたものだ』
またたくさんの、まあいってみれば、心に問題を抱えた男たちが私たちのところに来ます。
明らかに何人か本物の精神病患者がいます。
とはいえ、しばしば、男性たちは自分の配偶者を理解しようとすらしません。
多くの男たちが、自分の妻の母国語での基礎的な挨拶すら覚えようとしません。
しかしあらゆることの中で最大の問題は、親と同居している男に伴うことです。
そして田舎では、親はほとんどいつも長男とともに生活します」
8
Men in their 40s form the core of the international marriage brokerage business.
In Japan's boonies, where women are already sparse, marriage brokers flood single middle-aged men with advertisements for their services via direct mail, newspaper leaflets and on buses and taxis.
40代の男性が、国際結婚斡旋業の中核を形作る。
既に女性が滅多にいない日本のド田舎では、結婚斡旋業者が、ダイレクトメールや新聞のチラシ、バスやタクシーを介して彼らのサービスを宣伝しながら、独身の中年男のところに押し寄せる。
9
"There're absolutely loads of guys, particularly in the country, who turn to Chinese women because Japanese women wouldn't look at them.
Often these guys are being pressured by their parents to hurry up and get married and the guys respond by doing so at the first chance they get, for reasons like wanting to hurry up and produce a grandchild for their parents, or to produce a son of their own to take over the family business.
That's why you get 'Well, I've got the money, so I'll buy myself a Chinese bride' mentality," a member of a matchmaking club arranging international marriages tells Spa!
"If they're thinking like that, there's no way the marriage could possibly work.
But then, when the marriage fails, the guys blame the brokers for finding someone who wasn't right for them." (By Ryann Connell)
April 7, 2006
「日本人女性から相手にされないため中国人女性のことを考えるようになる男が、絶対的に多くいて、とりわけ田舎にいます。
しばしばこれらの男は両親から急いで結婚するよう圧力をかけられていて、急いで親のために孫をもうけたい、または、家業を継ぐ自分自身の息子をもうけたい、といった理由のために、男は最初の機会をえると、結婚することで応じます。
これが『まあ、おれは金を持っているから、自分に中国人花嫁を買ってやろう』という考え方に至る理由です」と、国際結婚を取り計らっている結婚仲介クラブのメンバーはいう。
「彼らがこのように考えているのであれば、その結婚がうまくいくかもしれない見込みはありません。
しかし、結婚が失敗したとき、男たちは、自分に相応しくなかった人を見つけたことについて、斡旋業者を責めます」(ライアン・コネル記)
2006年4月7日

拡散状況

SkyDrive
http://cid-88684d2bf683ba51.skydrive.live.com/self.aspx/mainichi/moto/2006/2006.04/Japanese%20husbands%20whine%20as%20neglected%20Chinese%20brides%20do%20a%20runner.pdf
英語サイト
http://www.asiafinest.com/forum/index.php?showtopic=72392


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。