母親が同伴して「中学生卒業記念の美容整形」大繁盛

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Mom, I want a new face before school starts!

ママ、私、学校が始まる前に新しい顔が欲しい!

母親が同伴して「中学生卒業記念の美容整形」大繁盛

*1
母親が同伴して「中学生卒業記念の美容整形」大繁盛 1997,05,04
Mom, I want a new face before school starts!
Focus 4/30-5/7 By Takeshi Ito
ママ、私、学校が始まる前に新しい顔が欲しい!

The scene is a typical clinic session.
A youngish mother is gazing anx-iously at her beloved daughter,a teen-ager in a high-school uniform and loose socks.
She is receiving an inspection from a white-robed man.
場面は標準的なクリニックの集会です。
やや若い母親は、高校の制服を着てルーズソックスを履いた、彼女の最愛の10代の娘を心配そうにじっと見つめています。
彼女は白衣を纏った男性から検査を受けているのです。

But there is one unusual element in this picture - a cork board on the wall filled with pairs of portraits,showing slightly different faces of the same people.
しかし、この写真にはとある珍しい要素が映っています… 同じ人々の わずかに違う顔を展示している一対の肖像写真で埋め尽くされた、壁にかけられたコルクボードです。

The place is Jujin Clinic,Tokyo's best-known cosmetic surgery clinic,and the sympathetic mother is there to discuss how to fix her 15-year-old daughter's hereditary disadvantage - single-edged eyelids.
この場所はジュウジン クリニック、東京で最もよく知られた美容整形外科医院です。そして、この共感的な母親は、彼女の15歳の娘が持つ 親譲りの不利点である一重まぶたをどうやって整えるかについて話し合うためにそこにいます。

In the latest report on the fast-changing Japanese perception of cosmetic surgery,Focus informs us that mother-and-daughter pairs like this one are likely to become major customers for Jujin and other clinics around Tokyo soon.
急速に変わりゆく日本における美容整形に対する認識についての最新の報告の中で、フォーカスは、彼女たちのような母娘二人連れは、程なくジュウジンやその他の東京近辺のクリニックの主要な顧客となりそうだと私たちに報告しています。

According to the magazine,15-year-old girls who just graduated from junior-high school took advantage of their extra-long spring break and headed to cosmetic surgery clinics around Tokyo.
その雑誌によると、中学校を卒業したばかりの15歳の少女たちは彼女たちの特別に長い春休みを利用して、東京近辺の美容整形外科医院へと向いました。

Focus begins the report with some background information.
According to the magazine,the age at which frustrated Japanese women try to solve their beauty problems by surgical means is getting lower year after year.
フォーカスはいくつかの背景事情についての報告をはじめます。
この雑誌によると、美容の問題を外科的な方法で解決しようと試みる、不満を持った日本人女性の年齢層は年々低下していっています。

Today,college and vocational school students in their late teens to early 20s comprise about half the number of women who seek cosmetic surgery.
But it wasn't until this spring that the age dropped so radically.
昨今、10代後半から20代前半の大学や専門学校の生徒たちは、約半数の美容整形を求めている女性を含んでいます。
けれど、この春までは、年齢層はこれほどまでに急速に下がってはいませんでした。

Ac-cording to Focus,a number of 15-year-old girls,who just completed junior-high school,visited metropolitan clinics with their mothers to shape up their face before they enter senior high school.
フォーカスによると、中学校を卒業したばかりの多くの15歳の少女たちが、高校に入学する前に彼女たちの顔を整えるために、母親と共に大都市にあるクリニックを訪れました。

“In March,I noticed a conspicuous increase in the number of 15-year- old chugakusei(junior-high school students).
So,I checked the register.
I was surprised.
We operated on a total of 48 chugakusei in March alone,” Jujin Clinic's Director Fumihiko Umezawa reveals.
「3月に、15歳のチュウガクセイ(中学校の生徒)の人数のはっきりとした増加に私は気づきました。
なので、私は一覧表を調べました。
驚きましたよ。
私たちは3月だけでも、総計で48人のチュウガクセイを手術したんです」ジュウジンクリニックの医者である、フミヒコ ウメザワは明かします。

Focus reports that most graduating chugakusei visited clinics with understanding mothers and a burning desire to improve the look of their eyelids - a simple operation that lasts 20 minutes and costs 110,000 yen.
フォーカスは、ほとんどの卒業したてのチュウガクセイは、理解ある母親と、そして彼女たちのまぶたの見目を簡単な手術(20分ほどで済み、11万円ほどの費用がかかる)で改良するのだという激しい欲望と共に、クリニックを訪れたのだと報告します。

Other girls wanted something more technically demanding and expensive - flattening of the cheeks.
他の少女たちは、もっと技術的に高度で値の張るものを求めました…頬を平らにすることを。

“I think the popularity of(small-faced singing star Namie) Amuro and purikura(print clubs) has a lot to do with such requests,”analyzes Ume-zawa.
“Purikura expose the exact size of girls' faces.”
The doctor says most junior-high school girls can't stand boys seeing their embarrassingly large face printed next to their friend's compact one.
「(顔が小さい歌姫であるナミエ)アムロ、そしてプリクラ(プリントクラブ)の人気は、そのような要求と大いに関係があると思います」ウメザワは分析します。
「プリクラは少女たちの顔の正確なサイズを暴きます」
多くの中学校の少女は、友人たちの小さな顔の隣に写された彼女たちの気恥ずかしくなるほどに大きな顔を少年たちが見ることに耐えられないのだとこの医者は言います。

Umezawa also notes today's 15-year-olds regard cosmetic surgery as nothing to be ashamed of.
And their mothers are understanding,too.
The clinic director remembers when mothers did anything to prevent their teen-age daughter from applying a knife to their face 10 years ago.
These days, many mothers understand how their daughters feel and support surgery.
ウメザワはまた、昨今の15歳は、美容整形を何ら恥じることはないものだと考えているのだと注記します。
そして彼女たちの母親にも理解があります。
母親たちが、彼女たちの十代の娘が顔にメスを入れることを何をしてでも阻止した10年前を、クリニックの院長は思い出します。
最近では、多くの母親たちは、彼女たちの娘がどのように感じているのかを理解し、外科手術を支援します。

“Well,I did feel psychological resistance,”the mother of a 15-year-old girl tells Focus.
“But she really wanted it and I couldn't tell her no.
After all,pretty women have a better time in this world,don't they?
I asked her father to stop smoking to cover the amount necessary for her operation.”
「ええ、私は確かに心理的な抵抗を感じました」15歳の少女の母親はフォーカスに語ります。
「けれど、彼女は本当にそれを求めていたし、私は彼女にだめだとは言えなかったの。
結局は、この世間では、可愛い女性はよりよい時間を過ごすのよ。違う?
彼女の手術に必要な金額を賄うために、彼女の父親に喫煙を止めるように頼んだわ」

The woman's daughter insists cosmetic surgery is nothing special for her generation:
“It's like piercing your earlobes.
Everyone is doing it now.
I can't understand why some people make a big fuss out of it.”(TI)
この女性の娘は、彼女の世代にとって美容整形は何ら特別なことではないのだと主張します。
「耳たぶにピアス穴を開けるようなものよ。
今じゃみんなしてるの。
何で何人かの人たちがそのことで大騒ぎをするのか、理解できないわ」 タケシイトウ

参考資料

十仁美容整形  院長 梅澤文彦
http://www.jujinhospital.com/index.html

元資料

199704504-1.jpg 199704504-2.jpg 199704504-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。