Life of a professional mistress not always a fistful of yen

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Life of a professional mistress not always a fistful of yen

職業的愛人の生活はいつも握りこぶしいっぱいの日本円ではない
0
Life of a professional mistress not always a fistful of yen 2006,07,07
Spa! 7/11 By Ryann Connell
職業的愛人の生活はいつも握りこぶしいっぱいの日本円ではない 2006,07,07
SPA! 7/11 ライアン・コネル記
1
Japan's mistress business is reaching its headiest days since the '80s bubble era, courtesy of a crackdown on sex services and an improving economy, according to Spa! (7/11).
日本の愛人ビジネスは、性サービスの取締りのご丁寧さや上向き中の経済のため、80年代のバブル時代以来、最も高揚した日々に到達している。SPA!(7/11)より。
2
Miho Nagakura knows exactly what it's like to be a kept woman, having lived for almost five years in a posh central Tokyo apartment, given a 200,000 yen monthly stipend and lavished with luxuries by a lad who loved her from the moment he first laid eyes on her.
長倉美穂は、囲われ女でいることがどのようなことかについて、東京の真ん中の豪華なアパートメントにほぼ5年間生活し、月給20万円をもらい、一目彼女を見た瞬間から彼女を愛した男によって贅沢品をふんだんに与えられたので、正確に知っている。
3
"We had normal sex once a week - he never wanted anything weird and I was quite happy to do his cooking and otherwise look after him.
He told me to make something of myself, so I started taking English conversation, flower arrangement and other classes a few times a week.
It seemed he got a lot of enjoyment out of watching me grow into a lady," the 29-year-old medical equipment worker tells Spa!
「私たちは週に一回ずつ正常なセックスをしていました - かれは決して変わったことはしたがらず、私は彼に料理をしたり、または彼の世話をすることでとても幸せでした。
彼は私に自分自身のために何かするように語り、そこで私は英会話や、生け花、他の講座を週に2・3回受けはじめました。
どうやら、レディーに成長していく私を観ることから、彼はたくさんの喜びを見出していたようです」と、この29歳の医療機器就業者はSPA!に語る。
4
All good things come to an end, though, as Nagakura discovered.
とはいえ、長倉が気づいたように、全てのよいことには終わりがくる。
5
"It looks like he found himself a younger mistress.
He stopped visiting me as often and then the relationship just fizzled out," she says.
"He didn't even give me a payoff."
「どうやら彼は私よりも若い愛人を見つけたようです。
彼は頻繁に私のところに訪ねてくることをやめ、関係はあっけなく終わってしまいました」と彼女はいう。
「彼は私に退職金すらくれませんでした」
6
Kana Hikawa knows what it's like to be a professional mistress in Noughties Japan, too, but unlike Nagakura, she's strictly business with little feeling involved.
樋川香奈も、淫らな日本において職業的愛人でいることとは何かについて知っているが、長倉と違って、彼女はほとんど感情を交えない厳格な仕事人間である。
7
Hikawa enrolled in an online matchmaking service where women upload their profile and photos for free and the men pay an annual fee running into several hundred thousand yen.
For that sum, men can choose the registered women they fancy and are permitted to take them on a date on the premise that if they enjoy each other's company, they will enter a contract for the woman to become a mistress.
樋川は、女性が無料でプロフィールと写真をアップロードして、男性は合計数十万円になる年会費を払う、あるオンライン出会いサービスに登録した。
その金額で、男性は自分の好みの登録された女性を選ぶことができ、もし二人が楽しく一緒に過ごせれば女性が愛人になるという契約を結ぶということを前提として、その女性をデートに連れ出すことを許可される。
8
"On the day after I registered, I was introduced to two guys and I picked the one most likely to have multiple mistresses.
That way, he'd probably have more money around I could also get away with meeting him less but still getting paid," the shrewd 26-year-old credit card company worker tells Spa!
"Before you agree to sign a contract, there's a tryout romp.
I used every technique I'd ever learned with every other guy I'd slept with, put all my effort into the session and really tried to sell myself.
I refused to be passive, jumping on top and spending at least 10 minutes performing fellatio."
「私が登録した翌日、私は二人の男を紹介され私は複数の愛人を持っていそうな方の男を選びました。
そうすれば、その男のほうがおそらくお金を持っていて、彼と会う回数を少なくするようにできて、なおかつお金を払ってもらい続けられるでしょうから」と、この狡猾な26歳のクレジットカード会社従業員はSPA!に語る。
「契約にサインする前に、お試しのセックスがあります。
私が寝た男全員からそれまでに学んだすべてのテクニックを使って、その行為にすべての私の努力をつぎ込み、自分自身を売り込もうと熱心に勤めました。
私は受身でいることを拒絶し、上に飛び乗り、少なくとも10分間フェラチオをしながら過ごしました」
9
Hikawa's efforts paid off and she ended up signing a contract where she received 100,000 yen in cash every time she agreed to meet the 45-year-old tax accountant whose fancy she had tickled.
樋川の努力は報われ、彼女がに嗜好をくすぐられた45歳の税理士と会うことを同意するたびに、彼女は毎回10万円を現金で受け取る、という契約にサインすることとなった。
10
Not every professional mistress has a happy tale to tell, though.
Satoe Kawai was less than happy with her
stint as a kept woman.
とはいえ、すべての職業的愛人が幸せな物語を持っているわけではない。
河井里恵は彼女の囲われ女としての期間について、決して幸せではなかった。
11
"He bought me presents like saucy lingerie and even an anal probe.
I was more like his sex slave than a lover.
One time during sex, he suddenly thrust his fist in without a word of warning," the 27-year-old woman tells Spa!
"I was tempted to call the cops on him."
「彼は私にプレゼントを、たとえばエッチなランジェリーや、アナルバイブすら、買ってくれました。
私は愛人というよりは彼のセックススレイブでした。
セックス中のあるとき、彼は突然警告の言葉もなく握りこぶしを突き入れました」と、この27歳の女性はSPA!に語る。
「私は、彼に警察を呼びたい気になりました」
12
Kawai found her way into being a mistress by posting a message on an ordinary lonely hearts site, but stressing that she was seeking a 35,000 yen payment any time she met somebody.
Within half an hour, she'd been swamped with messages from guys eager to take her up on the offer, but countering with sums considerably less than what she was seeking.
Eventually she settled on a man who said he couldn't afford 35,000 yen a meeting, but would pay her 100,000 yen a month if she agreed to meet him every Saturday.
Kawai says she needed the money and agreed to his condition.
But things soured for when Kawai when their sexual relationship began to take a twist toward the twisted.
河井は、愛人となる方法を、よくある交際相手を求めている孤独な人向けサイトにメッセージを投稿することで見つけたが、彼女は、彼女が誰かと会うときはいつでも3万5千円の支払いを探していた、と強調する。
30分以内に、申し出に応じようと熱心な男たちのメッセージが彼女に押し寄せたが、彼女が探しているところの金額よりずいぶんと低い金額を提示してきた。
結局彼女は、一度会うたびに3万5千円払うことはできないが、彼女が毎土曜に彼と会うことに同意するなら、ひと月あたり彼女に10万円を払う、という男に決めた。
河井は、彼女は金を必要としていて彼の条件に同意した、と言う。
しかし状況は、かれらの性的関係が倒錯へと向けて転向しだしたとき、河井にとって、まずいものになった。
13
"What got me through all the unpleasantness of the abnormal games was the delight I felt at not being broke all the time," the professional mistress tells Spa!
"Now, I've got myself a regular job.
It's a bit boring at times and, I know this is a given, but earning a legitimate living is the best way of all." (By Ryann Connell)
私がこの異常なゲームのすべての不快さを切り抜けられたのは、私は年がら年中一文無しではないということに私が感じた喜びのおかげです」と、この職業的愛人はSPA!に語る。
「今、私は定職についています。
それは時々ちょっと退屈ですが、このことが当たり前なのは知っていますが、、まっとうに生活費を稼ぐことはなにより一番いいことです」(ライアン・コネル記)
14
July 7, 2006
2006年7月7日

拡散状況

AsianIdols.Net
部分転載:http://www.asianidols.net/comment.php?comment.news.37
英語サイト
http://porgietirebiter.bravejournal.com/entry/18221
部分転載:http://www.sexisfunny.com/archives/professionals/being_a_professional_kept.php
http://sgforums.com/forums/2427/topics/205470
海外ブログ
http://kabutomusinoyoutyuu.spaces.live.com/blog/cns!3A2452F146A7AD39!269.entry


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。