「カレ氏代行」にハマる成城夫人たち

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Life no bed of roses for ‘flower snake’gigolos

「フラワー スネーク」女性のヒモたちの、左うちわではない生活

「カレ氏代行」にハマる成城夫人たち

*1

「カレ氏代行」にハマる成城夫人たち 1997,11,30
Life no bed of roses for ‘flower snake’gigolos   Shukan Taishu 12/8 By Takeshi Ito
「フラワー スネーク」女性のヒモたちの、左うちわではない生活  週刊大衆 12/8  イトウ・タケシ

“We will send you a man of your choice when you are lonely or when you want to release a little stress.”
“Our male staff members will satisfy your every need.
Our men will travel to your homes,hotels and all over the country.
We also offer all-night and VIP courses.”
「私たちは、貴女が寂しい時やちょっとしたストレスを発散したい時に、あなたの選んだ男性をお届けいたします」
「私たちの男性職員は、貴女の全ての要求を満足させるでしょう。
私たちの男性は、あなたの自宅・ホテルそして国中の至る所へ赴きます。
私たちは、オールナイトそしてVIPコースもまた提供します」

You might think these raunchy ads belong in ladies'comics.
True,they speak to sexually frustrated women,but they are now found every now and then in mail boxes in Tokyo's nicest neighborhoods,like Denenchofu.
あなたは、これらの淫らな広告はレディースコミックに相応しいと考えるかもしれません。
実際、これらは性的に欲求不満の女性に語りかけています。けれどこれらは今、田園調布のような、東京の最も上品な近郊の郵便受けに時折見られます。

According to Shukan Taishu,housewives in these exclusive residential districts are now making call-boy shops one of the most lucrative unknown businesses in the city.
週刊大衆によると、これらの高級住宅地の主婦たちは今、コールボーイショップをこの街の最も金になる知られざる商売のひとつにしていっています。

The magazine bases its report on the successful operation of a 30-gigolo-strong venture business company,“Taboo and Hanahebi(Flower Snakes).”
“My top client at the moment is this 42-year-old lady who lives in Seijo.
She is married to a company executive,”offers President Koji Sato,who not only manages the company but also sets an example for others by practicing as a part-time lover.
“I don't know why,but she likes me.
This lady asks for me twice a month.
She is a bit old,but her body is ripe.”
その雑誌は、自身のレポートの基礎を30人の女性のヒモの好調なベンチャー商事会社、「タブー・アンド・ハナヘビ(フラワー スネークス)」の成功した経営に置きます。
「今のところ、俺の一番の上客は成城に住んでるこの42才の女性だね。
彼女は会社役員と結婚してる」会社を経営するだけでなく、パートタイムの恋人として営業することで他に手本を示しもしているコウジ サイトウ社長は申し出ます。
「理由は知らないけど、彼女は俺に気があるね。
この女性は月に二回俺を注文してくる。
彼女はちょっと年だけど、彼女の体は熟してる」

Another Taboo and Hanahebi member,Joji,tells Shukan Taishu that most men envy what he is doing,but working as gigolo is not a bed of roses.
The 28-year-old recalls how difficult it was to satisfy a 36-year-old housewife who asked him to peep at her while she was playing with herself,then ordered him to stick a vibrator up her anus and begged him to spread her legs wide and tie her up with a bathrobe belt.
タブー・アンド・ハナヘビの他のメンバー、ジョージは週刊大衆に、大抵の男は彼のしていることに嫉妬するが、しかし女性のヒモとして働くことは優雅な生活環境ではないのだと語ります。
この28才は、彼女が彼女自身と戯れている間 のぞき見ていてくれと彼に頼んできて、その次にバイブレーターを彼女の肛門に突き立てるように注文し、そして彼女の脚を幅広く広げてバスローブのベルトで彼女を縛り上げるように懇願した36才の主婦を満足させることがいかに難しかったかを回想します。

“Those women can choose us,but we can't choose them,”points out the hard-working Joji.
“Once picked,you have to do your best.
Remember that your clients are not always your type.
And they are greedy to the bone.
They would never say they are satisfied unless you drive them to ecstasy.”
「あの女性は俺たちを選べるけど、俺たちは彼女たちを選べない」勤勉なジョージは指摘します。
「一度選ばれたら、お前は最善を尽くさなきゃならない。
あんたの顧客は必ずしもあんたのタイプだとは限らないないってことを覚えておけ。
そして彼女たちは骨の髄まで貪欲だ。
彼女たちはあんたが彼女たちをエクスタシーに連れていかない限り、満足したとは決して言わないだろう」

Shukan Taishu reminds us that gigolos can't refuse a client,no matter how tough their requests may be.
The magazine cites one case in which a 70-year-old female client asked a Taboo and Hanahebi employee to make love to her in front of her impotent husband.
The senior couple reportedly forced the poor young dude to make love to her for three hours until the woman finally reached a climax.
週刊大衆は私たちに、彼女たちの要求がどんなにキツイものであろうと、女のヒモたちは顧客を拒めないのだということに気づかせます。
雑誌は、70歳の女性客がタブー・アンド・ハナヘビの従業員に、彼女の性的不能の夫の前でセックスをするように依頼した、あるケースを引き合いに出します。
このシニアカップルは、伝えられるところによれば、その哀れな若い野郎に、その女性がついに絶頂を極めるまでの三時間、彼女とセックスすることを強いました。

But honest guys can get lucky.
Another Taboo and Hanahebi member Toru, 23,shares this unforgettable experience with Shukan Taishu:
“I once received a request from a girl who wanted to lose her virginity.
She was a rich girl living in Hiroo and attending a famous women's high school.
She got impatient and called us after finding all of her classmates had lost their virginity.”
Toru recounts to the magazine that he massaged this shy girl for three hours to relax her tense body before making her dream come true.
“I think I did OK because she called for me several more times.”(TI)
しかし、誠実な男は幸運であれます。
タブー・アンド・ハナヘビの他のメンバーである23才のトオルは、この忘れえぬ経験を週刊大衆と分かち合います。
「俺は昔、処女を失いたいっていう少女からのリクエストを受けたんだ。
彼女は広尾に住むリッチな少女で、有名な女子高に通ってた。
彼女は待ちきれなくなって、彼女のクラスメートの全員が処女を失っていたことに気づいた後に俺たちを呼んだんだ」
彼は彼女の夢を実現させる前に、彼女の緊張した体をリラックスさせるためにこの内気な少女を3時間マッサージしたのだと、トオルは雑誌に詳しく話します。
「俺がやったことはオッケーだったんだと思うぜ。なんでって、彼女は俺をもう何回か呼んだからね」

元資料

19971130-1.jpg 19971130-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。