新援助交際の落とし穴


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Sugar daddies dumping sour school girls for sweet Asians

パパたちが、ひねくれた女学生を振って、思いやりのあるアジア人と付き合っていっている

新援助交際の落とし穴

*1
新援助交際の落とし穴 1997,11,30
Sugar daddies dumping sour school girls for sweet Asians
Shukan Jitsuwa 12/4 By Takeshi Ito
パパたちが、ひねくれた女学生を振って、思いやりのあるアジア人と付き合っていっている

Most people still believe high school girls monopolize the enjo kosai(dollars for dates) market.
Not any more.
The popularity of such girls is nosediving like Japanese stock prices these days.
Shukan Jitsuwa reports that a growing num-ber of mistress-seekers are opting for women from other Asian countries.
The magazine tries to find out what they offer and high school girls don't.
ほとんどの人は、女子高生がエンジョ コウサイ(デートを目的としたお金)市場を独占しているのだと未だに信じています。
もはや違います。
そういった少女たちの人気は、近頃の日本の株式相場のごとく暴落していっています。
週刊実話は、ますます多くの「愛人探索者」が、他のアジアの国々出身の女性を選んでいっているのだと報告します。
雑誌は、彼女たちが何を提供し、女子高生はしないのかを見つけ出そうと試みます。

According to Shukan Jitsuwa,women from such countries in Asia as the Philippines,Thailand and South Korea are gaining favor with sugar daddies because of their respect for men and sweet manners.
“Until two years ago.
I dated high school girls on an enjo kosai basis,”a 30-year-old man tells the mag-azine.
“Every time we went out,this girl asked me to buy her clothes and acces-sories.
In those days,I used to spend about 30,000 yen per date.
But she never made love to me - not even once.
Despair,suspicion...and regret were all that I got from the relationship.”
週刊実話によると、フィリピン・タイそして韓国のようなそういったアジアにある国々出身の女性は、彼女たちの男性への尊敬と可愛い作法のためにパパに気に入られていっています。
「2年前までは。
私はエンジョコウサイに基づいて女子高生と付き合っていました」30歳の男性は雑誌に語ります。
「私たちが外出する時はいつも、この少女は彼女の服とアクセサリーを買ってくれと頼みました。
あのころは、私は約3万円をデートの度に使ったものでした。
しかし、彼女は決して私とセックスしませんでした…一度たりとも。
落胆、疑念……そして後悔が、私がその関係から得た全てでした」

The guy,now spending his disposable income on a Filipina,says Asian women are a hundred times better.
“They grew up in poor countries,”he rea-sons.
“They express their appreciation with their entire bodies when I give them tiny things like a 100 yen chocolate.
Giving them financial aid gives me peace of mind and a sense of satisfaction.
Sex is not my only goal.
As long as they stay by my side and smile at me,I'm happy.”
今は彼の自由に使える所得をフィリピーナに費していっているその男性は、アジアの女性は百倍、より良いと言います。
「彼女たちは貧しい国々で育ちました」彼は論じます。
「私が彼女たちに100円チョコみたいなちっぽけなものを与えた時、彼女たちは感謝を体全部を使って表現します。
彼女たちに金銭上の援助を与えることは、私に心の平和と満足感を与えます。
セックスは私の唯一の目的ではありません。
彼女たちが私のそばにいて、そして私に微笑みかける限り、私は幸せです」

Researcher Kiyotaka Nakura tells Shukan Jitsuwa that trading house and other company employees who speak fluent English tend to start enjo kosai after picking up a woman at so-called prostitution bars or meeting a hooker on the back streets of Tokyo's Kabukicho or Shin-Okubo districts.
But most other monolingual Japanese men start frequenting ordinary bars staffed by foreign bar hostesses out of pure curiosity and end up totally hooked.
“There are many such bars in places like Saitama,Chiba and Ibaraki,”informs Nakura.
“At these bars, monolingual Japanese men discover the pure hearts of Asian women and become their regular customers overnight.”
キヨタカ ナクラ調査員は、流ちょうな英語を話す 商社や他の会社の従業員は、いわゆる売春バーで女性を選んだ後や、東京の歌舞伎町や新大久保地区の裏通りの売春婦に会った後にエンジョ コウサイを始める傾向があるのだと週刊実話に語ります。
しかし、ほとんどのその他の 一ヶ国語だけを話す日本男性は純粋な好奇心から、外国のバー・ホステスを配置する平凡なバーに足繁く通い始め、最後にはすっかり病みつきになります。
「埼玉、千葉そして茨城といった場所には、多くのそういったバーがあります」ナクラは知らせます。
「これらのバーでは、一ヶ国語だけを話す日本人男性はアジア女性のピュアな心を発見し、そして彼女たちの夜通しの常連客となるのです」

Shukan Jitsuwa reports many of these men soon find a prospective partner at their haunts and gradually approach her with broken English and a sincere attitude.
In the magazine's view,most of the Asian bar hostesses welcome the men with open arms,because marrying a Japanese is a status symbol among their kind and it guarantees economic security.
週刊実話は、これらの男性は彼らの行きつけの場所ですぐに見込みのあるお相手を見つけ、片言の英語と偽りのない態度とで彼女に徐々に言い寄るのだと報告します。
この雑誌の見解では、アジア人のバー・ホステスのほとんどは、男性を両手を広げて歓迎します。
なぜなら、日本人と結婚することは、彼女たちの仲間の間でステータス・シンボルであり、また経済の安定を保証するものだからです。

It is natural for these men to stop wasting money on high school and cabaret club girls once they get to know Asian women because they know how to treat men with respect,explains Shukan Jitsuwa.
一度アジア人の女性と知り合うと、女子高生やキャバレー・クラブの少女に金を浪費することを止めることはこれらの男性にとって自然なことだ。
なぜなら彼女たちは丁寧に男性を扱う方法を知っているからだ、と週刊実話は説明します。

The growing popularity of Asian mistresses is good news for real estate agents who are having a hard time filling one-room apartment.
According to Shukan Jitsuwa,many married men choose to rent a room as their“love nest” after falling for a sweet Asian girl.
“Men who rent a room for their Asian girl-friends are increasing in number in the suburbs,”notes a real estate company president in Chiba.
“I think those men go straight to their nest after finishing their work,enjoy dinner and sex and then go home.
I'm sure Asian mistresses are one of the reasons behind the increasing number of sexless couples.”(TI)
高まるアジア人の愛人の人気は、ワンルームのアパートを埋めるのに苦労している不動産業者にとって良いニュースです。
週刊実話によると、多くの結婚した男性は愛しのアジア人の少女に首ったけとなった後、彼らの「愛の巣」として部屋を借りることを選択します。
「彼らのアジア人のガールフレンドのために部屋を借りる男性は、近郊で人数が増えていっています」千葉の不動産会社社長は注記します。
「私は、そういう男性は仕事を終えた後に彼らの巣に直行し、夕食とセックスを楽しみ、そして家に帰るのだと思います。
アジア人の愛人は、セックスレス・カップルの数の増加の理由のひとつだと私は確信しています」

元資料

19971130-1.jpg 19971130-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。